こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

債権譲渡時の疑問

民法の典型的な問題に、「債務者は債権者に債務の弁済をしていても、その債権の譲渡に異議を留めない承諾をした場合、譲受人に対しては債務の弁済を逃れないが、譲渡人に対しては弁済金の返還を請求できる」とあります。しかし、「債務者は債権者に債務の弁済をしていても・・・」ってこの時点で弁済しているので、債務は消滅しているのではないでしょうか?一部弁済であればわかるのですが、その辺どういう理解をすればよろしいのでしょうか?どうぞご教授よろしくお願いいたします。

投稿日時 - 2005-04-13 11:31:10

QNo.1328287

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

 債務者が異議を留めない承諾をすると、譲渡人に対抗することができる事由(抗弁事由)をもって譲受人に対して対抗できなくなりますが、この抗弁事由は、例えば同時履行の抗弁権といった狭い意味での抗弁事由のみならず、債権の成立、存続を阻止する広い意味での抗弁事由も含まれると解釈されています。従って、弁済により債権が消滅したという抗弁もこれに含まれることになります。
 このことを説明するために、異議を留めない承諾は、債務を承認(債務を負担する)する意思表示とする学説と、債権譲受人の取引の安全を保護するため、異議を留めない承諾に公信力を与えたものとする学説がありますが、後者が多数説です。

投稿日時 - 2005-04-13 21:46:42

お礼

大変お礼が遅くなりましたことをお詫びいたします。また回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2005-09-27 23:21:07

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

あなたにオススメの質問