こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

連帯保証人

知人と有限会社を設立し知人が代表取締役、私は取締役になりました。
銀行から融資を受けることになってたまたま申込書を見たら連帯保証人の欄に自分の名前を書かれてました。
融資の話も保証人の話も一切聞かされていません。
それと取締役議事録が知らない間に作成されそこに自分の印鑑が勝手に押されていました。
これも内容は聞かされていませんし自分の印鑑は会社に置いてなかったので知人が勝手に私の印鑑を買ってきて自分で押していたのです。
知らない間に連帯保証人にされるということはありえるのでしょうか?
今、申請している申込書でもうすぐ融資がおりるらしいのですが連帯保証人欄を変更することはできるのでしょうか?というか本人の承諾がないのに保証人と認められるのでしょか?
あと知らない間に作成された議事録は有効なのでしょうか?
この議事録は銀行の融資を受けるための必要書類で急きょ作成したらしく内容は個人の債務、債権を会社で引き継ぐということです。
(知人は有限にするまえ個人で経営をしてました。その時の債務です。)
知人に対してどう抗議をすればいいのか、誰と話をしていいのかわからなくて困っています。
知人に対して不信感しかないので取締役からもはずれたいと思っています。
無知な自分が安易に取締役を受たからだと反省しております。
どうかアドバイスをお願いいたします。

投稿日時 - 2005-04-14 23:26:27

QNo.1331678

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

3人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(6)

ANo.6

NO.2です。 
NO.5の方の、銀行側からの目での発言と、質問者のコメントを見て、安心しました。最終的には、銀行としては確認をしたり、印鑑証明の提出を求めたりするはずですよね。

後は、その先輩との関係をどうするかですね。
慎重に考えた方がいいですね。
私ならもう付き合わないですね。いつ違う方法で寝首をかかれるかわからないですから。

投稿日時 - 2005-04-19 09:12:50

お礼

ありがとうございました。
これからよく考えたいと思います。
難しいですね、知人と会社を経営するということは。
つくづく思い知らされました。

投稿日時 - 2005-04-19 19:54:27

ANo.5

取締役側の立場からのアドバイスが他の回答にありますので、貸し手(銀行)の立場から一言申し添えます。前職の銀行融資担当者の経験談です。

私の場合は後日のトラブルを避けるため、申込み受付後、融資審査書類の保証人調書前内容確認のため電話照会し、審査可決の折には連帯保証人となりますが大丈夫ですねと確認をしてました。

当時でも10件に1件くらいは「また社長が融資申込みしたんですか。聞いてないが、金額はいくらですか?」と逆に聞かれることがありました。

しかし、金融機関によっては申し込み時点では、連帯保証人予定者ということで申請者の申し出により審査することはあるようです。

いずれにせよ、審査が可決となれば、正式な借入書類を提出します。その時点で保証人の自署+実印押印とともに保証意思確認の面談をします。この段階で保証人予定者の保証意思確認ができなければ、融資は中止です。

取締役が保証できない=返済できないかもしれないと感じている貸付を銀行は実行できないと判断します。

蛇足
有限会社の議事録は、実際に社員総会や取締役会が開催されていないなら無効です。しかし、現代表取締役が「議事録記載の日時場所で開催し決議した」と主張すれば、質問者さんは「実際に開催されていない」事を立証し、「取締役会非開催の確認の訴え」を裁判所に提起することで法的対抗はできないことになります。

投稿日時 - 2005-04-15 13:50:19

お礼

ご回答ありがとうございました。
銀行が私宛てに保証人の信用調査書を持ってきました。私がこれを作成しない限り融資はおりないので知人は今になってやっと謝罪してきました。
今後どうするかじっくり話合いをしたいと思います。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2005-04-18 15:12:34

ANo.4

#3です。

知人は目上の方だったのですね。
有限会社の設立でしたら手続きに専門家が入っているかもしれませんから、納得行くまでお話された方が良いです。

その知人の方が、あなたを騙すつもりが無かったとしても、事業は必ずうまくいくとは限りませんし、その時に一番もめる原因はお金です。

長いお付き合いだからこそ、今後も経営者として協力するための理解がしたい旨を伝えて説明をして貰うべきです。また、内容についても相違ないことを専門家に確認することも必要でしょうね。

「知らなかった」では済みませんから慎重に事を運びましょう。

投稿日時 - 2005-04-15 01:43:57

ANo.3

ご自身で共同経営者になることの責任とリスクを冷静に判断して、納得できないのであれば受けるべきではありません。

>知人に対して不信感しかないので取締役からもはずれたいと思っています。

ご友人との話し合いでお気持が変わる可能性があるのならば時間を掛けてもよいですが、もしも既に気持が断る方向に傾いているのであれば、融資先の銀行に行ってすぐに融資の停止を申し出るべきです。

融資されてお金が動いてしまった後では、異議を申し立てしても結果が出るまで時間が掛かりますし、万一お金が使われてしまったら知人を訴えることになり、最悪の場合は貴方に負債が残ってしまいますよ。

金銭問題は家族や親友でも泥仕合になりますから、朝一番に動くべきです。

投稿日時 - 2005-04-15 00:17:13

お礼

ご返答ありがとうございました。
知人とは10年以上の付き合いで年も離れてる事もあってとてもかわいがってもらってました。
なので私に負担がかかるような事だけは絶対にしないだろうと思っていましたがさすがに今回の事で不信感を抱くようになりました。
これ以上関係がこじれないためにもしっかりと話をしたいと思います。

投稿日時 - 2005-04-15 01:33:00

ANo.2

私は弁護士でないので具体的対策はいえませんが、完全にやばい状態ですね。すぐ手を打たないといけません。計画倒産?で、貴方に全ての債務か覆いかぶさるのが目に見えるようです。

印鑑を勝手にということですが、印鑑証明は提出しているんですか?

本人の承諾なくて---と言っても、見かけの書類や捺印がそのようになっていれば、事後に裁判になっても勝てるかどうか難しいのでは?

融資が降りる前に手を打たないと大変なことになりますよ!!

投稿日時 - 2005-04-14 23:49:36

補足

印鑑証明は設立の時に一通渡しました。
原本は司法書士さんに渡して事務所にコピーが残ってます。
勝手に印鑑を押されたのは取締役議事録で普通の認め印を買ってきて押したようです。
実印とはまったく違うのでひと目でわかります。

融資の申込書には保証人の欄に印鑑を押す所がなくただ知人の字で私の氏名や生年月日などを書き込まれている状態です。それだけでも保証人とみなされるのでしょうか?

投稿日時 - 2005-04-15 01:05:50

ANo.1

>申請している申込書でもうすぐ融資がおりるらしいのですが

審査をとめてもらえないのですか?
まだ受け取っていないなら、借り入れ発生してないから間に合うと思うのですが。
明日にでもその銀行に掛け合ってみては?

私文書偽造の犯罪でしょ?

ちなみに貴方の実印ですか?

投稿日時 - 2005-04-14 23:44:04

補足

融資の申込書には保証人の印鑑を押す欄がなかったのです。
勝手に押されたの取締役議事録で実印ではありません。
私が見た申込書の他にも何か保証人の書類的なものがあるのでしょうか?
印鑑も押してないのに知らない間に保証人になるなんて事があるのでしょうか?
ちなみに申請者が会社になってて連帯保証人が知人と私の2人になってます。

投稿日時 - 2005-04-15 01:18:59

あなたにオススメの質問