こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

生命保険?終身(総合)保険?医療保険(終身?定期?)

はじめまして
現在なのも加入してなく新たに保険加入しようとしている 結婚している子供もそろそろと考えている29歳男です 相談にのってください
保険の種類は数知れず どれに入ればいいのか比較もしずらくわかりません 掛け捨てがいいよ医療保険は掛け捨て+年金保険で利回り良資金運用 総合に一本はいっておけばといろいろな考え方があるのでしょうが わたしはまずは入院特に長期の入院に備えたい、
次に残させる家族に備えたい、そして最後に資産形成
と考えます。考え方から商品等いいもの知っている方教えてください

投稿日時 - 2005-04-20 10:18:45

QNo.1341456

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

初めまして。
お若いのに、きちんとお考えですね。ご家族への愛情も感じられ、羨ましい限りです。
さて、ご質問内容にありますように、どれに入ればいいのか比較もしづらい、そう、一般の方もネットや書物である程度のことはお調べになれるでしょう。しかし今回のように、複数の回答がありますね。迷うばかりではないでしょうか。事例に対して参考までに申し上げることはできますが、真っ白で、これからお入りになるのです。生命保険は、1軒のマイホームを建てるくらいの大きな買い物ですので、そばに信頼できるライフプランナー(保険外交員等)を備えることも同時進行ですすめていただきたいです。
さて前置きでおわっちゃうところでした(A^^;)
1:入院の備え・・・単体の終身医療保険がよろしいかとおもいます。日額1万円は必須でしょう。
2:家族への備え&資産形成・・・いい商品・・じつはこれが一番イイ!というのは、一番アナタに合っている!という事であります。おこさまはこれからですので、23年位はしっかりした保障が必要かと。
そして、敢えて資産形成はもう少しあとにスタートしてもいいかと。先の2本が先決と思いますので。
むしろ、奥様の医療保険が先かな、と。妊娠が解かる前に。ただしトラブルにならぬよう、告知はありのままにしてくださいね。
お子様がいらっしゃるようになると、逓減タイプの商品をご検討されるとよろしいかと思います。みなさまのご健康と安心ライフプランの早期獲得をお祈り致します。

投稿日時 - 2005-04-24 10:54:57

お礼

大変参考になりました ありがとうございました
今後の参考にさせていただきます

投稿日時 - 2005-05-06 10:33:44

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

ANo.3

アリコのISユニバーサルいいですよ、その人のライフサイクルに合わせて自由に保険金額や保険料、期間、保障をいつでも変更できる商品です、積立利率もいいのでお勧めです。

投稿日時 - 2005-04-20 18:47:55

ANo.2

基本は生命保険も医療保険も終身が良いかと思います。問題は保険金額ですね。これは人それぞれ収入も違いますから、一概には言えませんが、主柱として生命保険は死亡500万から1000万で終身、医療保険終身は入院1日5000円×2、これを主柱とし、掛け捨てで死亡保険を1000万から2000万付けるとか。セットも良いですが、長い人生、収入が減り毎月の保険の支払いが厳しくなった時、解約すると全部無くなるので、医療保険終身は10000円×1ではなく、5000円×2で出しました。苦しい時5000円だけ解約出来るからです。あとは家系でガン、糖尿などの方が多ければ、ガン、成人病特約も付ければ良いでしょう。ただ特約とは逆に考えれば、その病気しか支払わないと言う事です。入院何日目から貰えるかも大切でしょう。生命保険は年齢で計算し加入します。なるべく若いときに加入した方が毎月の支払いは安くなります。終身は長-い積み立て金のようなものです。保険会社の支払い能力も調べてみて下さい。(AAA)とか。ちなみに僕は、商工会議所関係でアクサです。
ファイナンシャルプランナーに設計してもらうのもいいでしょう。では!

投稿日時 - 2005-04-20 11:52:20

ANo.1

保険を選ぶのでなく何の保障が必用か選んで下さい。
公的保障や・万一の場合住居は実家へ変えることができるのかも考えて下さい。

会社員なら遺族厚生年金とか健康保険の高額療養費制度および無利子の貸付制度・傷病手当金などがあります。

死亡保障(葬儀代・残された家族の保障・住宅費・教育費)
入院時の保障(健康保険が使える場合・使えない場合)
介護保障(必用なら終身で別加入・80歳で保障が無くなるか確認)


>長期の入院に備えたい、
入院日数を360日以上にするか又は所得補償保険などがあります。保障の仕方は違います。

投稿日時 - 2005-04-20 11:16:10

あなたにオススメの質問