こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

DTPとWEBについて (2)仕事のこと

質問:DTPとWEBについて (2)スクール…の続編です。31歳の女です。

--------------------------
☆仕事についての質問☆
--------------------------

WEBとDTPで迷っている…というのは、仕事の数です。
お金と時間を費やすからには、仕事に就けないと意味が無くなってしまいます。紙媒体の仕事に就きたいという思いが強いのでDTPにいければそれにこしたことはないのですが、求人などをみていると圧倒的にWEBが多いように見受けられる気がします。長い目で見て考えると、WEBに方向を絞ったほうがいいのかどうか、よく分かりません。

それから…実は、体に少し事情があります。五体満足で歩いたり生活上困ることは特になく、普通の人とそんなに変わらないのですが、立ちっぱなしや歩き回らなければならない仕事は少し無理があり、デスクワークでないと難しい事情がほんの少しあります。走ったり、長距離歩き回ったりはできないというか、負担をかけすぎるのは良くないくらいの程度ですが、初対面の全く健康体の人から見ると、ちょっと心配に思うかもしれません。

最初から正社員にはこだわっておりません。派遣でもアルバイトでも仕方ないと思っています。
この事情を踏まえた上で、この年齢からでも仕事に就くことは可能でしょうか?

投稿日時 - 2005-04-24 17:58:50

QNo.1349716

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

No.3で回答した者です。
グラフィックデザインとWebデザインを両方やっている会社に勤務しています。

sunadoriさんはデザイナーとオペレーターのどちらを希望されているのでしょうか?
紙媒体はやっぱり年々減ってきています…。変わりにWebが増えてきたということでして。
大抵のDTPの会社ではデザイナーとDTPオペレーターがいます。
デザイナーがデザインし、オペレーターがデザイン性のあまりない部分を担当します。
小さい会社ではデザイナーがオペレーター的作業も兼任します。

紙媒体の仕事が減るという事は、オペレーターの仕事が減ってしまうのです。もちろんデザイナーの仕事も減りますが、デザイナーはWebデザインも出来ますし、オペレーターの作業も出来ます。ですので人員削減を考えた場合、やはりDTPオペレーターは不利になってしまいます。
ですがDTPオペレーターからデザイナーになる方も結構いらっしゃいます。

>体に少し事情
なるほど、見て分かるのですか。
足がお悪いのでしょうか?

足がお悪いのでしたら、ちょっと不利なこともあるかと思います。
会社によりますが、デザイン会社では営業がほとんどいない会社も多いです。
打ち合わせのほとんどをデザイナーがする会社ですと、お客様の所へこちらが出向くので、歩き回ることも多くなります。そういう会社ではやはり不利になるかもしれません…。

もし手がご不自由なのでしたら、グラフィックよりWebの方が有利かと思います。
グラフィックデザインですと、どうしても手で絵やロゴを描くことがありますし、パンフレットやパッケージなど見本を作る事が多々あります。いわゆる「工作の時間」みたいなものです。
その点Webならパソコンの操作ですから。

「デザインする」ことができれば、あとはグラフィックでもWebでも、ソフトの操作を覚えるだけですので、理想をいうとやはり「グラフィックとWebの両方ができる」の有利ですよね。

どうしても経験者募集が多く、面接で落とされたりする事もあるとは思いますが、就職なんて「運」や「縁」があるかどうかも大きいと思いますので、めげすに「数打ちゃ当たる」で頑張って下さい。

投稿日時 - 2005-04-30 23:50:37

お礼

遅くなってしまいました。すみません。m(__)m

希望は、最終的にはデザイナーになりたいと思っています。でも何も経験なくて仕事にありつけるわけないと思うので、オペレーターでも何でも、関連する仕事にバイトか派遣でもいいのでとにかく就いて、多少現場経験を踏んでいかないと、お話にならないのではないかと思っています。
そこから、いつかデザイナーになれれば…といった思いです。

長い時間がかかっても、諦めずに進んでいきたいと思います。
色々とアドバイスありがとうございました。m(__)m

投稿日時 - 2005-05-09 16:29:21

ANo.4

このQ&Aは役に立ちましたか?

3人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

ANo.3

WEBとDTPでしたらこれから先はWEBの方が仕事があると思います。
紙の仕事は年々減る一方です。WEBは増えていますが。
最近なんでも詳しくはホームページをご覧ください、が主で、詳しくはカタログを、などの紙媒体は減りつつあります。
紙ももちろん消えることはないので仕事としてはありますが、最近どこの会社も減ってきています。

年齢よりむしろあまり体が強くない、というのがひっかかりそうです。

面接では絶対に体力的不安とか言っちゃだめです。
センスうんぬん以前に落とされちゃいます(^^;)

この業界はすごく体力を必要とします。連日深夜残業なんてのもしょっちゅうですし、見習いというか新人さんですと先輩達に「本屋めぐりして資料探してきてー」とか使いっぱしりに使われることも多いです。
もちろんそれも勉強にはなりますが、やっぱり体力は求められます。
ましてや会社なら25歳くらいでもあなたにとって先輩になりますので年下に「本屋めぐりして資料探してきてー」と言われる訳ですし。それって
精神的にも結構きついです。

でもそれでもやりたい!と思われるならその熱意は通じると思いますよ。がんばってください。

投稿日時 - 2005-04-27 01:08:14

お礼

はじめまして。
ご回答ありがとうございます。
DTPだけではなく、WEBにも幅を広げることができれば、それが一番いいんですね。

 >面接では絶対に体力的不安とか言っちゃだめです。

体力が無いのではなく、体に少し事情があるのです。それは見て分かるものなので、面接で隠したりなんてできません。例えば…
片手が少し不自由だと見てとれる相手に、どう見ても両手でしっかり支えなきゃいけない重い荷物を渡したりできないですよね。そんなカンジです。

年下でも仕事上は先輩です。それは常識だと思ってます。よっぽど勤めている人間が酷い人ばかりの会社でなければ、それは特に気にはしませんので、大丈夫です。(^_^;)

でも相当な覚悟が必要だということですね。
肝にめいじておきます。m(__)m

yano70さんは経験者の方ということですが、DTP関連の職種に就いていらっしゃるのでしょうか?差し支えなければ、教えていただけますか?

投稿日時 - 2005-04-29 18:57:30

ANo.2

中小零細事業所のお客様に対して、システムの
構築や整備などのお手伝いをさせていただいています。

DTP関連に関しては、近所に出版・印刷関連の
企業が多いので、自然とお付き合いが増えました。

仕事を通してDTPオペレーターとお話しする
機会も多くなり、お互い教えたり教わったりの関係
です。(DTPの知識に関しては直接こちらには関係ないですけど)

職人気質の方が多いです。書籍関連の年配の方は
もともと版組などの技術者としてやっていて、
DTPを使い出した方も多いので話も面白いです。

ただ年末・お盆進行中の雑誌編集プロダクション
は殺気立ってて余り近寄りたくないです。


一方、WEBデザイン関連は、WEBシステム開発のために
発注を行うことがあります。
その場合一番労力、お金をかけるのはCGIなどの
プログラム開発です。
WEBデザインはWEBディレクターの裁量にもよりますが
結構、無理いわれているような気がします。

WEBシステム構築の場合、デザインとロジックの分離が
以前から課題なんですが、いまだにすっきりと住み分け
が出来ているとはいい難いです。
そんな中での進行には、コミュニケーションが
かなり重要になってきます。

スキルやセンスはもちろんのこと、クライアントや
WEBディレクターが何を求めているのかを理解し
(時々訳わからんこという人居ますし)具体化できる
能力も必要です。

投稿日時 - 2005-04-26 02:21:10

お礼

こんにちは。お返事ありがとうございます。
違う職種の位置からみたこと、色々と詳細を教えていただき、仕事の世界が少し想像でき、とても参考になりました。
noezouさんからいただいた回答を頭に入れて、仕事を探していきたいと思います。

本当にありがとうございました。m(__)m

投稿日時 - 2005-04-29 18:39:56

ANo.1

WEBデザインかDTP方面か将来性で悩んでばかりいないで自分の好きな方向を選びましょう。

自分の仕事相手から感じられるのは、
DTP・・・専門技能職のような雰囲気の方が多く年齢層も幅広い。紙媒体はなくなることはおそらく無いので、仕事としては当面は安定している。時期によっては残業に次ぐ残業で勤務状態が結構きついところもある。最近は紙媒体だけを考えての仕事だけでは済まされなくなってきた。

WEBデザイン・・・若い人が比較的多くスキルもまちまち。担当する分野もデザインだけやっていればいいというものではない。Webサイトを製作するとなるとプロジェクト内での打ち合わせなど他の担当者とのコミュニケーション能力も必要。

てな感じです。
求人ですが、DTP関連はやっぱり東京が多いのかなと思います。

あんまり年齢を気にして悲観的にならずがんばってください。まだまだ若いです。

投稿日時 - 2005-04-24 19:01:40

お礼

回答ありがとうございます。m(__)m
全く見えない世界に飛び込んでいくのは20代の頃よりは今の方が慎重になってしまいます。でも悲観的にはなっていないです。動きたい気持ちがとても大きく、色々なことを見ながら少しずつ進みたいと思っています。

>自分の仕事相手から感じられるのは…

というと、仕事を発注される側で接触される機会が多い職種でいらっしゃるのでしょうか?差し支えがなければ、どういったお仕事関係なのか、また、仕事上、相手に望まれるもの(持っていてほしい技量など)がありましたら教えていただけますか?

投稿日時 - 2005-04-25 12:01:12

あなたにオススメの質問