こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

標準/拡張アクセスリストのインバウンド・アウトバウンドの違い

CCNAの資格を取得中です。
標準/拡張アクセスリストのインバウンド・アウトバウンドの設定の理解があまりできておりません。
どうしても、逆(インバウンドをアウトバウンド)
に設定したりします。
インバウンドは中でアウトバウンドは外である理解
はできますが・・・・
理解する方法があれば、教えていただければ幸いです。

投稿日時 - 2005-04-29 13:21:49

QNo.1358544

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

はい・・私も、最初、よく、逆に設定しました(^^;

端的に言うと・・
インバウンドは、装置へ入ってくるパケット
アウトバウンドは、装置から出て行くパケット
です。繋がっているセグメントが内側か、外側か、というのとは、関係ありません。

たとえば、セグメントAとセグメントB、セグメントCの間にルーターがあるとすると・・
Aから、BとCへのアクセスを禁止する場合は(複雑にならないよう・・tcpとします)、Aのインバウンドか、BとCのアウトバウンドでsynを止めればよいことになります。
また、AからBは禁止、AからCは許可の場合は、Bのアウトバウンド、ということになります。

投稿日時 - 2005-04-29 14:24:52

このQ&Aは役に立ちましたか?

10人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

あなたにオススメの質問