こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

保険はどう見直せば良い?

夫婦ともに29歳で結婚3年目、こどもはいません。
もうすぐ30歳ということで保険を見直そうと思っています。
しかし他にも良い保険があるのでは?と思い一度みなさんに質問してみることに致しました。
【現状】
保険会社:ニッセイ
保険名称:BIG・YOU
契約日:H6.10
払込終了日:H21.10
保険料:12700円
契約内容:
 定期保険特約:750万円
 主契約(基準保険金):250万円
 新傷害特約(本人型):500万円
 通院特約(本人型):日額3000円(5日以上の入院)
 新災害入院特約(本人型):日額5000円(5日目から)
 新入院医療特約(本人型):日額5000円(5日目から)

【質問】
・現状より死亡時および入院時の給付を手厚くしたいので、下取りをして違うタイプ(生きるチカラ)の保険に入れば良い?
・見直すのはやはり満期前(少しでも若い)の方が良い?
・40~60歳までのお金がかかる時期に保険料を安くするには?
・一生保険料が上がらないタイプのメリット・デメリットは?
・ずばり!ニッセイのメリットとデメリットは?

残念ながら現在の保険担当者は信頼できず困っております。良きアドバイスを宜しくお願いします。

投稿日時 - 2005-05-04 22:22:41

QNo.1368189

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

>・現状より死亡時および入院時の給付を手厚くしたいので、下取りをして違うタイプ(生きるチカラ)の保険に入れば良い?
下取り=今までの保険の解約返戻金が原資に充てられることを理解していればそれでもいい。
もしくは、必要な保障を必要な分、必要な期間だけ加入する。(別に1社だけにこだわることはない)
>・見直すのはやはり満期前(少しでも若い)の方が良い?
Yes! 保険料が安いことや、病気になってからでは見直しすらしにくいのが理由。
>・40~60歳までのお金がかかる時期に保険料を安くするには?
お金が掛かる時期だからこそ、イザというときの保障はしっかり備えておきたいものかと思われます。 保障なんて削ろうと思えばいくらでも削れます。 ある意味妥協点を探すことが大事。
>・一生保険料が上がらないタイプのメリット・デメリットは?
メリット・・・概ね保障も一生涯の場合が多い。 本当に保障が必要な時期に役立つ可能性大。(特に65歳以降)
保障は一生涯だが払込も一生涯でいいのか、それとも60歳あたりで払い終えたいのか等も検討されるといいかも。
デメリット・・・ってほどでもないが、更新型と比較すると若いうちの掛け金は割高だが、長期的にみると一生保険料が上がらないタイプのほうがトータルで安くなる。 見直しは難しくない。 足りない分を足せばいいだけ。(解約する必要なし)
>・ずばり!ニッセイのメリットとデメリットは?
質問者がどれほど保険に対して理解してるかによって、メリットにもなりデメリットにもなったるする。 ニッセイや他社云々よりも本当に必要な保障をチョイスできれば、会社の健全性等は二の次でもいいかと思われます。 例えば死亡保障をA社、医療保障をB社って感じで加入するのも1つの方法です。

投稿日時 - 2005-05-05 15:20:55

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.1

こんにちは。

私は、保険の専門家では、ありませんので、わからないこともたくさんあります。

しかし、保険を見直した経験は、あります。

まず、商品名で説明されてもわからないのですが?
今、契約している保険は、定期付終身保険というものでしょうか?

>定期保険特約:750万円
>主契約(基準保険金):250万円

ということは、終身部分が250万円で定期(掛け捨て)部分が750万円で、もし、死亡した場合は、1000万円というふうに理解したのですが?

また、
>払込終了日:H21.10
随分と短いですね?(もしかして15年更新?)

この辺が保険のプロじゃないからわかりませんねぇ?

生命保険は、人それぞれ、収入や生活環境等が違いますから一概にはいえません。

質問が多いので簡単に自分の考えを述べます。

【質問】
>・現状より死亡時および入院時の給付を手厚くしたいので、下取りをして違うタイプ(生きるチカラ)の保険に入れば良い?

「生きるチカラ」という商品がわかりませんが?
下取りをした場合、今後、どのような保険になるのか?
(終身部分、定期部分、毎月の保険料・・・)
それらを考えて、あなたの希望通りであればよいと思います。
また、納得がいかない場合は、解約も視野に入れなければならないと思います。

>・見直すのはやはり満期前(少しでも若い)の方が良い?

個人的な意見になりますが、どうせ見直すならば、若いときの方が良いです。
(保険料が安いから)

>・40~60歳までのお金がかかる時期に保険料を安くするには?

同じ保障を維持するなら、掛け捨ての安い保険で補う。
(社内保険、全労災、県民共済等)

>・一生保険料が上がらないタイプのメリット・デメリットは?

メリット→毎月の保険料が変わらず、出費が安定する。
デメリット→若いうちの掛け金は、高い。
      保険の見直し、改造がしづらくなる。

>・ずばり!ニッセイのメリットとデメリットは?

メリット→保険会社の最大手!安定しているのでは?
デメリット→他社と変わらない(デメリットといえるかどうか?)

投稿日時 - 2005-05-05 14:50:32

あなたにオススメの質問