こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

一生、週3日程度の労働だけで生活したい。

 現在24歳の無職です。普通に仕事についてみた事もあるのですが、どうにも辛くて続きませんでした。自分の人生においての幸せを真剣に考えた結果、1、人とあまり関らない生活 2、毎日外に出るのを強いられるのは嫌 3、定期的に性欲を発散する事 4、テレビが大好きなので、毎日のテレビを欠かさずチェックしたい 5、仕事は単調なものという答えが出ました。そう考えると、週3日程度で車の配送アルバイトや清掃の仕事などができて、それで10万円以上は稼げれば何とかなると思います
 食費・光熱費      30000
 年金・市民税      12000
 娯楽費         25000
 住宅費用        25000
 築20年のマンションの分譲マンションが実家であります。親の遺産は大して残りません。キャッシュで500万くらいでしょう。叔父が二人いるのですが、両方とも子供がいません。そして、父方の叔父は妻もいなく私の父ととても仲が良く、我が家の経済状況が良くない事を気に病んで「将来は自分の遺産を必ず贈与させる」と誓ってくれ、少しでの残せる額を多くしようと、貯蓄型の個人年金を更新してくれました。(おそらく1500万くらいの貯蓄があると試算)もう一人の母方の叔父は妻がいるのですが、子供がいなくて、母と兄弟の仲で一番仲が良く私たちを子供の頃にわが子のようにかわいがってくれたので、二人とも亡くなった時には運が良ければ丸々家と土地を贈与できるかも知れません。以上の理由から40歳くらいまでに贈与で1500万(最低)~3000万(運が良ければ)の収入が期待できます。その貯金を死ぬまでに効率的に使いきるのを人生の目標として、がんばって生きていこうと思います。しかし、ここで問題なのは週3日限定でのバイトが一生続ける事ができるのか?という問題です。可能でしょうか?。

投稿日時 - 2005-05-14 21:45:44

QNo.1387649

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

参考までに私の友人の話を。

友人も社交性が皆無で
趣味(音楽・本・映画・特殊性癖)を生活の中心に置いて
公企業で単調な仕事を規則正しく勤めてきたのですが
30代前半で両親をなくしたことをきっがけに鬱病が重症化し入院。
結局仕事を辞め、ニートのまま40歳を過ぎました。

どうやって暮らしているのか聞いたら
遺産を運用しているとのこと。
両親の存命中に分譲マンションを買っていたので
住まいは確保しており
資産運用による配当が年200万ぐらいあって
(元手がどれくらいあったのかは知りませんが
5~10%の利回りだとして3千万強といったところ?)
今後10年はこのペースで
映画の試写会とCDと本三昧の生活で
やっていけそうだと言っていました。

ということで、やりようはあるんだと思います。
ともあれ週3日程度の労働っていうのは
もう少し検討の余地があると思います。
多分、私の友人も20代後半から色々考えて
投資運用の知識を学んでいたんだと思います。

投稿日時 - 2005-05-19 15:54:44

このQ&Aは役に立ちましたか?

2人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(5)

ANo.4

世の中ナメ過ぎ、そして生活していくのは無理、答えはコレだけです。

投稿日時 - 2005-05-15 09:07:32

ANo.3

不可

 健康保健関係がぬけてるし
税率が今のままであるという保証は全くない。
 どう考えても 消費税の増税はあるだろうし
その他の税率も上がるであろう。
 年をとれば 週3日とて働けない日々も
でてくるであろう
 (現実問題 35を越えて 週3日だけの
仕事で雇ってもらえるなんて言うことは
よほどでないとあり得ない)

 他人の遺産を当てにしてる点で すでに終わってるが。

 あとから実はいろいろ病気持ちでなんて
言うのはやめてくれよな。

投稿日時 - 2005-05-14 23:30:33

ANo.2

今日は、税務署から他人のことで国税関連の調査協力があり、いろいろ資料を提供したので、税金関係からの話をします。

贈与税ですが、もらい方によってはかなりの額が取られます。また、80歳過ぎても、労働するのか、100歳ではどうかという点も考慮するべきだと思います。

平均80年生きれば、多くの人が80歳以上生きる計算になります。おじさんも90、100と生きれば、その後に贈与ですので、遺産の相続税を支払うにしてもその遺産が残っているか怪しいものです。

また、年金を支払いつづけると、年金をもらえますが、それで生活できればいいのですが、結構厳しい最低限の生活が待っていそうです。

あと、年に120万円稼ぐと、所得税、市民税も納めますので、健康保険も40を超えると介護保険も支払うし、使える金額が減ります。なによりも物価が変われば軌道修正する必要も出てきます。

家もずっと住めるものではなく、補修の積み立て、固定資産税も支払うし、電化製品も買い換えが必要です。50までは週3日でも生活できるかも知れませんが、50を超えると時給も減るし、連続で仕事できるバイト先も減ります。

運がよければできるだろうという面と、それ以上のリスクがありますので、定職無しに40歳、50歳を迎えることは簡単でしょうが、若いうちに苦労をして少しでも続けられる仕事を身に付けた方が賢明だとは思います。

生活が恵まれている人の方が、いざ、収入が減ったり、家が無くなったり、頼りにしている親戚が倒産したりしてあてが無くなるとガックリするみたいです。周囲にそういう人が結構いて、静かに家を売り払い、長年住んでいた場所から離れていくのを見ると、人事なのですが、いつかはそうなるかもという不安があるこのごろです。

投稿日時 - 2005-05-14 22:24:08

ANo.1

週3日のバイトを一生続けることはクビにならない限り可能だと思います。

ただ、その前に年齢とともに気持ちも変わっていくかもしれないですよね。

まぁ、それはおいておいて、今の幸せな生活をするためには週3日働くということがいいとのことですが、
週3日だけのアルバイトで10万稼ぐのは難しいかもしれません。

週3日だと1日8時間働いても時給900円の場合、7200円。月にして12日だとすると8万4000縁にしかなりません。

時給が1000円だと9万6000円になります。今はいいかもしれませんが、ご両親が亡くなったときに健康保険の扶養に入れなくなると、ご自分が病院に通うときに自費で払わないといけなくなるので、そのことも考えないといけないですよね。

週3日8時間みっちり働くのがいいのか、毎日午前中だけ働くのがいいのか・・・って感じですね。

郵便局の配達やドライバーだと時給1000円近くもらえることが多いと思いますので良いと思います。

また、今は24歳で若いですが30歳くらいになって好きな人もできたりして結婚することになったりすれば考えも変わると思います。

でも、今は今の自分の気持ちを大切にして週3日のアルバイトで幸せに過ごしてみるのが一番だと思います。

投稿日時 - 2005-05-14 22:08:09

あなたにオススメの質問