こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

病気の直りかけの時期に口の中がネバネバするのは?

先日風邪でちょっと寝込んだのですが(熱は7度台)、治りかけごろやけに口の中がネバネバして閉口しました。
風邪が治ったらおさまったので病気のせいだと思うのですが、こうなるのは唾液の分泌が少なくなるからでしょうか。病気すると分泌が悪くなるのでしょうか?
ネバネバする時とカラカラになる時がありますが、どういう仕組みでそうなるのか、教えて下さい。

投稿日時 - 2005-05-15 17:12:46

QNo.1389181

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

かぜぐすりを飲んでいなかったら、脱水のためでしょう、息がハーハーでも乾燥します。
かぜぐすりを服用したのでしたら、
一般的な風邪薬には抗ヒスタミン剤、咳止めが入っています。鼻水の分泌をとめる、咳をとめる薬の作用として、粘膜の分泌を抑制する作用があります。そのため
ねばねば、からからするときが、人によってあります。

投稿日時 - 2005-05-15 18:50:21

お礼

お答えいただいてどうもありがとうございます。
風邪薬は飲んでなかったのですが、脱水状態になったとすれば、カラカラになるのは納得できます。ネバネバもその前の段階(もう少しでカラカラになる)という理解でよろしいでしょうか。

投稿日時 - 2005-05-15 20:47:36

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.1

 分泌が悪くなると言うより、発熱により汗を多量にかいたため、体内の水分や塩分が過剰に失われたのです。喉の渇きはそのためです。

投稿日時 - 2005-05-15 17:45:36

お礼

コメントありがとうございます。
逆らうわけじゃありませんが(笑)、べつに汗はかかなかったし(だるくて横になってただけ)、喉もたいして渇かなかったと思うんですけど、、。自覚しなかっただけでしょうか。カラカラの時は渇きますね。

投稿日時 - 2005-05-15 18:35:53

あなたにオススメの質問