こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

日本ってすごくないですか?

日本の人口は約1億3000万人だそうですがアメリカの約半分、ロシアと同じくらいの人口の人間がこの小さな島国に暮らしているわけです。特に天然資源に恵まれているわけでもないのに国民の大半が職に就け、社会の仕組みから落ちた人間は行き届いた社会保障制度により世界から見れば高水準の生活が‘最低限の文化的な生活‘として保障されます。お金が無いからご飯が食べらない、医療にかかれない、生きていけないという事は日本においては皆無なわけです。これはすごいことだと感じます。すべての人間に平等だったはずの中国やソ連の方が貧富の差が激しく社会保障制度もうまく機能せず飢えや貧困に苦しむ人が大勢います。かつてゴルバチョフ大統領は‘日本は世界一成功した社会主義国家だ‘と発言したそうです。社会主義化はどうかはおいておくとしても、国の面積に対し1億人を超す過剰なほどの人口を日本は隅々まで養えるようになったのはなぜでしょう? 人口の多い国は自然と人権や生命の重みなどは希薄になりやすい(中国などのようにいっぱいいるから多少死んでもいいや)と思いますが日本は何が違ったのでしょう?また、これからも現状も維持できるとお考えですか?

投稿日時 - 2005-05-17 12:44:51

QNo.1392852

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

たしかに、日本はすごい国だと思います。
日本人は、日本のことをもっと誇っていいと思います。
(ちなみに、私の思想は“プチ・右”かな?)
私は、阪神淡路大震災を大阪でみて、そして郷里へ帰っては新潟県中越地震に遭い被災しました。
海外のプレスが報ずるに、災害直後、暴動・略奪も起きず、自衛隊(軍)が展開するのは、治安維持でなく災害復旧のため…こんなのは世界的に本当に稀有です。
ゴルバチョフ発言に関してですが、やはり、官僚による統制経済がよくも悪くも関係していると思います。
現在は、悪い部分ばかり露出していますが。
あと、ふと考えてみたんですが、経済的には、朝鮮戦争による特需が、非常にタイミングよくもたらされたとも思うのですがいかがでしょう?
となりの民族同士が同胞を殺して合っているときに国が富んだというのは、悲しいことではあります。反日デモのきっかけにもなろうものですが、そのことで工業立国の基礎がある程度出来上がったにも思えます。
人権に対してですが、これは他国同様、軽視されてるとおもいます。
なぜか?日本社会が、『臭いものにはフタ』で、俎上に載せることすらタブーとしてきただけです。
例えば…アイヌ、琉球、部落差別、ハンセン病患者、在日コリアン…
けっこうあるものです。
あなたも、そしてわたしもマジョリティなだけだったのです。そう思います。
現状の維持についてですが、やはり全体が制度疲労をしている感は否めません。
全体というのは、国だけでなく、世界中のことです。
資本主義経済と、貧富の格差のバランス、環境問題、
あとはなにかな?挙げればイロイロです。
維持するのは、やってできなくもないと思いますが、
かなりの犠牲を伴うでしょう。
私たち自身が、既得権益者にならず、多大な努力を払えば、可能なのかも知れません。
(ひさびさの回答で、長くなりました。乱文ご免)

投稿日時 - 2005-05-17 13:38:21

ANo.7

このQ&Aは役に立ちましたか?

39人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(25)

ANo.25

日本のすごさ、というか良さというのは実際に海外て生活してみるとわかってきますね。まあ、同時に悪い面も多く浮き彫りになるのですが、少なくとも現時点では世界でも国全体に貧富の差が少ない、数少ない国だとおもいますよ。

私の個人的な理論もありますので、確かとは言いませんが、いくつか下であまり触れられていない他の理由を挙げてみます。

人民の多くが無宗教である。
あまり日本にいると気にしないことですが、世界における宗教の力はかなりの影響です。アメリカで言えば、宗教の自由がもとで成り立った国のようなものですから、その力は政治政策にまで影響してたりします。まあ一部の過激派でしょうが、原理主義の反発などが現在のイラク戦争、テロに発展してるのも、日本で生活してる面では実態間が沸かないかもしれませんが、少なくとも世界的に見れば、行き過ぎた信仰は、たとえ正論でも、素直に受け入れることを不可能にしますので、それが少なかったことが、日本の成長をスムーズにしたのは事実でしょう。

徹底した受験システム。
最近「ゆとり教育」とかいろいろありますし、一概に詰め込み式の教育がいいとは言いませんが、徹底した受験戦争を勝ち抜くことが正道とされた教育は、自分自身に厳しく、禁欲させることをある程度必要とするでしょう。年功序列なども、こうした若いころの自由を我慢する変わりに、安定した将来の保証を与えるような意味もあって日本では長年定着していたのでしょう。あるいは、昔の日本の忍耐することへの敬意や、自分を謙遜することへの美徳が、個人のお金に対する欲や、自己中心的な社会になることを防いだのでしょう。日本の場合100人が一歩のほうが1人が百歩歩くより大切であるという考えですね。

治安の問題?
アメリカで言うとスラム化した地域には多くの貧しい人が住んでます。犯罪の場と化した状態になると今度は人々が近寄りたくなくなり、結果、ギャップが広がっていきます。助けたくてもわざわざリスクを負ってまで助ける人はいなくなるでしょう。日本でも最近犯罪も増えていますが、貧乏だからといって極度に危険な町に住んでるなんてことはないので、まだ回りから疎外されていないのであれば、いざとなれば周りが手を差し伸べてやることも、助けを請うことも不可能では無いでしょう。

他にも、歴史的な背景で幸運が重なったりしましたが、上のような一般レベルの理由もあると思います。最近どこかでよんだのですが、日本の昭和十数年くらいの新聞かなんかの統計で「日本人の能力は欧米人に決して劣ってない。」というようなことを話題にしてた。という話を何処かで読みました。そんな時代もあったのかと面白いですね。まあ、仮に科学的に劣ってたとしても、現時点では、「だからなんだ?」って言うことだと思うのですが。

今後どうなるかということですが、メディアの写す欧米の自由なイメージに関心が強まる現在、日本人の個人主張が強くなってきてると思います。ある意味いい動きですが、ただ、日本人は愛国心が少ないですし、社会でも多くの面で不信感を隠しつつ成り立ってるようなきがしますので、各人の自己主張のみが先立って強くなってくると海外以上に他人に冷たい自己中心的な社会ができる恐れがあると思います。アメリカでたとえると、たとえ貧富の差はおおきいですが、ボランティア活動は一般の方にかなり盛んですし、人々がそれをやること自体に誇りに持っているような気がします。ただ表面的にみて、日本に無い部分の憧れのみが日本社会で先行すると、教育制度でもなんであれ、これまで、ある程度我慢の上成り立ってたものがいっきに崩れるおそれがあると思います。
長文失礼しますが、アメリカ実際数年すんでいて思ったことです。日本には日本なりの良い面も多くあるので、そういった面での誇りは風潮に流されずに誇りであり続けてほしいですね。

投稿日時 - 2005-06-07 19:22:43

ANo.24

>>全てのホームレスの人に聞いてみたのですか?統計は取りましたか

たしかにホームレスの人がポリシーでって言うのはいいすぎですが、さすがにこの全員に聞いたとか統計をとりましたか。なんて言うのはおかしいはずです。そんなこといっていたら話になりません。

私個人としては好きでホームレスやってる人もいるし(規則に縛られるのが嫌とか)ある事情で住所を持てないひともいるし、誰かから逃げなければならない人もいるし。でもそんなホームレスはごく少数なわけで全体的に日本国としてみて中卒でも高卒でも大卒でも大差なく(生涯収入で)食うにこまらない生活できるのは日本ぐらいですよ、良いか悪いかは別にして。もっと昔の人々、先祖の人に感謝しないといけないと思います、

投稿日時 - 2005-06-06 02:41:57

ANo.23

>現実に受けていないのだから、受けられないのでしょう。どうして、受けやすいように公務員の方が気配りしないのでしょうねえ。
すぐそばに、きちんとした施設があるにもかかわらず、規則があるから入りたくないと言ってた人がいました。
職員が入るように勧めているにもかかわらず、施設はがらがらだそうです。
まぁ、国民の税金を使っているんだから、ある程度は仕方ないですよね。
と、いうことは全員とはいいませんが、好きで受けないのでは?

投稿日時 - 2005-05-30 14:31:08

ANo.22

>現実に受けていないのだから、受けられないのでしょう。どうして、受けやすいように公務員の方が気配りしないのでしょうねえ。
すぐそばに、きちんとした施設があるにもかかわらず、規則があるから入りたくないそうです。
まぁ、国民の税金を使っているんだから、ある程度は仕方ないですよね。
と、いうことは全員とはいいませんが、好きで受けないのでは?

投稿日時 - 2005-05-30 14:29:58

ANo.21

問題山積みの日本ですが、今までに出会った
外国人のほとんどすべて(アメリカ人、
フランス人、中国人、インド人、イタリア人
フィリピン人、等等)から、日本は世界一、
素晴らしい国だ、誇りを持ってくれと
言われました。お世辞ではないでしょう。
人は心にもない事はあまり言わないので
絶対評価で言うと、多くの方がご指摘のように
到達度は低いにしても、相対評価は
五段階中五ではないでしょうか?

投稿日時 - 2005-05-21 19:17:54

ANo.20

こんにちは

 >ホームレスの方は貧しくてホームレスをしているのではなくある意味ポリシーを持ってあのような生活をされているそうです。

 全てのホームレスの人に聞いてみたのですか?統計は取りましたか。衣食住も保障されない生活を人に見せることは、見るほうの精神衛生上悪いのですけど。
 本当は普通の生活をしたい人を、「ポリシー」という言葉で逆差別していませんか。助けない人の言い訳が「ポリシー」ではありませんか。ポリシーだったら、出家して修行したほうがどれだけいいかしれません?

>本当に困っていたら生活保護が受けられます。

 現実に受けていないのだから、受けられないのでしょう。どうして、受けやすいように公務員の方が気配りしないのでしょうねえ。

投稿日時 - 2005-05-21 11:35:45

ANo.19

日本って暴君もいなかったけど そういえば天皇に逆らった歴史上の人物って皆無?
後継者ということでもめても 逆らうとかって言うのはすくないですよね。

国譲りをした出雲の人以来だと山形あたりで自治権を主張したのが唯一と聞いた事がありますが。
現人神を奉って 仲良くしてたってことですかしら?

この狭い国土がまだ広いと思われたころから
肩寄せ合って生きてきたのでしょうね。
勤勉さや約束ごとや時間に几帳面なのは集まって
人口密度を高めていた結果の国民性なんでしょうか。

いろんなことがあって今の日本が出来たのに
今西洋の文化入ってきて
変化に人の方がついていけてなくて
混乱期のように感じます。

あと100年もしたら 新しい世界観ができているかも。
その時何が一番大切なことかっていうと
やはり 奪われることのない知識、品格でしょうか。
それを持っていたら 日本国内のみならず
世界でも通用しますよね。

あーあ 長期の視野のある政治家がいないのが日本の不幸かも。

投稿日時 - 2005-05-20 15:00:11

ANo.18

平和憲法のおかげ、軍備に金をかける必要がないためです。
戦争により半世紀以上誰も殺さず誰も殺されなかったことは素晴らしいことです。
過去の大戦で罪もなく焼夷弾や原爆で焼き殺された人々、南の島で補給を断たれ恨みを呑んで飢え死にした兵隊さんたちに今日の繁栄を感謝しましょう。
戦争の悲惨さは脱線事故どころではありません。

投稿日時 - 2005-05-20 10:24:30

ANo.17

日本はアメリカの莫大な借金を毎年、毎年、肩代わりしていますね。アメリカの経済が崩壊すると、日本は完璧に道連れになるとか。また、製造能力と技術力は、群を抜いて世界一だが、政治力は最悪といわれています。表面上では生活レベルを保っているようでも、一日に100人が自殺している国。そして、メディアと資本・物質主義にどっぷりつかった日本の若者たちを見ていると、今後の日本がどうなっていくかのを考えることすら落ち込みます。今後が日本にとって本当の勝負でしょうね。

投稿日時 - 2005-05-20 10:10:31

ANo.16

 ひとつ質問させてください。

・お金が無いからご飯が食べらない、医療にかかれない、生きていけないという事は日本においては皆無なわけです

 新聞とか、全く信じないのですか?ホームレスの人を見たことはないですか?

 外国を援助するボランティアを見ていると、いつも身近にホームレスがいるのに、そう思ってしまいます。施設に行って、ご自分で住んでみたらいいのに、そう思ったりします。職員として働くのではなく、ね。

投稿日時 - 2005-05-20 09:46:40

お礼

ホームレスの方は貧しくてホームレスをしているのではなくある意味ポリシーを持ってあのような生活をされているそうです。本当に困っていたら生活保護が受けられます。

投稿日時 - 2005-05-20 11:14:28

ANo.15

いくつかは理由は考えられる、と思います。
その中で私も#9、11の方がおっしゃるような歴史的背景が大きいと思います。
例えば「識字率・初等教育の普及率」や「統一国家意識・中央政府の命令が地方隅々まで行き届くか」という点は明治初めの日本の方が、現在の某発展途上国よりも優れていた、と思いますし。

ただ、質問者さんの観点で気になったのは、
>特に天然資源に恵まれているわけでもないのに
日本が経済成長したのはなぜか?という視点です。

これはちょっと経済学的に専門的な議論になりますが。
第二次大戦後の世界では、「自由貿易」、資源を輸入する自由、製品を輸出する自由がほぼ完全に保証されていました。
そして資源そのものの値段(価値)など、たかがしれています。
付加価値が高いのは、その資源をいかに加工して製品にしたか、の段階です。
よっぽど少ない人口に大量の資源という国柄(ブルネイ・クウェート)でない限り、「資源のある国だから豊か、無い国だから貧しい」とは言えません。

>人口の人間がこの小さな島国に暮らしている
も同様です。第二次大戦後の世界では、外国産の安い食料を自由に輸入できました。食料品生産(農業)の付加価値も、たかがしれています。例えば自動車工場が立地できるだけの面積があれば、それ以上の土地はは不要です。(←日本農業関係の方、ごめんなさい、極論ですが。)


例えば、
「アパート数部屋貸してるだけの地主・家主」や
「自家消費できない野菜の余りは、無人スタンドで売ってる農家」
と比べて、
「個人病院を経営して繁盛させてるお医者さん。でも土地は借りてるし、野菜も買ってる」
の方が、経済的に豊かなのは間違いありません。そういうイメージです。

投稿日時 - 2005-05-20 07:35:07

ANo.14

質問者さんの感性は、あっているというか、すばらしいと思います。普通の海外パック旅行がきらいで、外国語が出来ない私は、海外旅行中、現地語と日本語の信頼できる通訳ガイドを、最初から最後まで、付けるのですが、いつも、発展途上国を訪問すると、敗戦国日本、焼け野原の日本が、どうやって今の経済力を付けたか?と、いう質問に終始することからも、よく解ります。が、他の方のご指摘どおり、多大な隠し借金(国民が意識していないということ)があり、米国の国債をそれで購入しているため、オープンに政府はしないこと。安全保障条約とは、ヨーロッパの植民地政策が、本国人を植民地に派遣して現地人の感情を逆なで、失敗したので、核兵器と代理軍隊派遣防衛圏構想で、応じるという新植民地政策であること。

島国だから云々という話は、今日、守るものは、製品の流通という密輸では無く、情報漏洩なので、スパイ天国といわれる日本は、イギリス、米国、韓国など、諜報機関のある国に比べ、国家情報、産業情報がもれて、経済損失が、甚だ大きいこと。

そして、今日、中国、インド、台湾、タイ、ベトナムなど、経済成長率の高い各国に追いつかれ、実際、中国、インドには、抜かれている事実があること。

など、国際事象事実を的確に伝える独自の報道機関を持たない(持てない?)日本のマスコミに踊らされていることを国民が知るべきであること。(CNN、は、最近の世界キー局で、過去はBBCであり、タスであり。。。で、日本は事実かどうか、報道すべきかどうか判断基準を持たず、電波に載せている。過去、読売と朝日と2部とって、読み比べたように、CNNと、日本のマスコミ、外国(現地)のインターネットニュースを比較して、出来るだけ、情報操作を信じないこと。

そして、現在、日本は、質問者が失敗という社会主義行政に戻りつつあること。よって、貧富の差が、広がってきていることなど、自分で、事実を掴まれることを、期待します。ニュースでなく、事実を知ることですね。ニュース報道は、お金で買えますので。。。。

投稿日時 - 2005-05-19 05:01:07

ANo.13

質問者さんの感性は、あっているというか、すばらしいと思います。普通の海外パック旅行がきらいで、外国語が出来ない私は、海外旅行中、現地語と日本語の信頼できる通訳ガイドを、最初から最後まで、付けるのですが、いつも、発展途上国を訪問すると、敗戦国日本、焼け野原の日本が、どうやって今の経済力を付けたか?と、いう質問に終始することからも、よく解ります。が、他の方のご指摘どおり、多大な隠し借金(国民が意識していないということ)があり、米国の国債をそれで購入しているため、オープンに政府はしないこと。安全保障条約とは、ヨーロッパの植民地政策が、本国人を植民地に派遣して現地人の感情を逆なで、失敗したので、核兵器と代理軍隊派遣防衛圏構想で、応じるという新植民地政策であること。

島国だから云々という話は、今日、守るものは、製品の流通という密輸では無く、情報漏洩なので、スパイ天国といわれる日本は、イギリス、米国、韓国など、諜報機関のある国に比べ、国家情報、産業情報がもれて、経済損失が、甚だ大きいこと。

そして、今日、中国、インド、台湾、タイ、ベトナムなど、経済成長率の高い各国に追いつかれ、実際、中国、インドには、抜かれている事実があること。

など、国際事象事実を的確に伝える独自の報道機関を持たない(持てない?)日本のマスコミに踊らされていることを国民が知るべきであること。(CNN、は、最近の世界キー局で、過去はBBCであり、タスであり。。。で、日本は事実かどうか、報道すべきかどうか判断基準を持たず、電波に載せている。過去、読売と朝日と2部とって、読み比べたように、CNNと、日本のマスコミ、外国(現地)のインターネットニュースを比較して、出来るだけ、情報操作を信じないこと。

そして、現在、日本は、質問者が失敗という社会主義行政に戻りつつあること。よって、貧富の差が、広がってきていることなど、自分で、事実を掴まれることを、期待します。ニュースでなく、事実を知ることですね。ニュース報道は、お金で買えますので。。。。

投稿日時 - 2005-05-19 05:00:55

ANo.12

 この前、体力の衰えた高齢の方を、頭陀袋みたいに扱っている職員が、テレビに出てましたけど。
 わりかしきれいな施設で、人手が足りないそうですが。お茶の好みを、各人に合わせているとか言っているのですが、好みがわかるほどその人数でお世話しているのでしょうか。
 でも、「口から入れたと思ったら、もう後から出た」とか、言い方が頭陀袋です。
 本当に、高齢の人に向かって、「ばあちゃん」と呼ぶ中高齢の職員もいますし。20台の人も真似をしていますし。
 新しい設備を輸入し、根付かせた人たちの末路がこれとは、悲しいものです。憲法も理解できず、人に親切にする気もなくなって、妙な価値観を持っている世代が、その結果なのでしょうか。
 親切とか、サービスの質の低下から見たら、どうしようもありません。

投稿日時 - 2005-05-18 22:56:12

ANo.11

 日本で経済基盤が形成されたのには(江戸時代の)鎖国政策、特権階級の不形成が大きいでしょうね。
鎖国によって他国に依存・影響されずに、自国での自給自足産業が発展し、村(地方自治)共同体での自己完結形の生活が定着したんでしょう。
 江戸時代でさえ武士社会とは言え、武士は政治・軍事面で権限があっても、経済面は商人・農民の影響力大きかったのは当時の諸外国と比べてもかなり異質なものでしょうね。
明治時代に入っても、政治的な特権は華族などにあっても、経済的影響力を一般庶民が持ち続けたのはその後の日本に大きな差をつけたと思います。
 識字率が異様に高かったのも、その後の公民権獲得・新産業(近代産業)への移行に際しても役に立っています。
マスメディアがほとんどなかった時代に、高い識字率は圧倒的な情報の伝達力を持ちます。
 
 あと、他の方が述べて現代日本についてですが、
確かに多額の債務を抱えてはいるものの、諸外国と比べて明らかに違うのは債権者が諸外国では外資なのに対し、日本では国民だと言うことでしょうね。
借金が少ないのに越したことはないですが、自国循環しているので、それほど危機感が発生しないともいえます。
借金して生活費に使うのと、年収の何十年分の住宅ローンを組むのとでは、同額でも全然違います。
ちなみに、経済成長著しいと言う中国の経済成長分はほとんどが外資の投資増分で、中国国内の資産の75%以上は外資です。
外資を差し引けば、中国は80年代からほとんど成長していない計算です。つまり外資バブルですね。

これからも、現状を維持できるかといえば、
米国のような消費による内需経済を目指さなければ維持出来ると思います。

投稿日時 - 2005-05-18 04:51:16

ANo.10

>隅々まで養えるようになったのはなぜでしょう?
経済政策の成功。米国による日本の植民地化政策として日本の食料を米国から供給するようにした。米国に逆らえば.食料輸入が停止し暴動が発生するようにすることが゛い国の方針。

>思いますが日本は何が違ったのでしょう?
米国の植民地政策・日米安全保障条約。

>これからも現状も維持できるとお考えですか?
昭和60年代.高齢者社会の中で食料自給率の急速な低下と将来にわたる不足の予想(アフリカと中国での人口増加が)がされました。この対策として.企業の海外進出を促進し(補助金を企業に出して).海外からの送金で日本国民を食べさせるという方針が示されました。
したがって.海外企業からの日本への送金を国民全体に分け与える方法が確立すれば.現状を維持できるでしょう。
神国日本の通産省.東洋のなんとか日本銀行の腕の見せ所です。

投稿日時 - 2005-05-18 03:46:09

ANo.9

司馬遼太郎の本を読んでいるといろいろと分かる事があります。

・勤勉ですが,これは国民性というか、江戸時代以前より、勤勉を至上の価値とする文化があり、それが現代にも価値観として残っていると思います。

・日本の人口密度は古代から他の国に比べ高かったようです。これはなぜかと言うと、米作は麦作などに比べると単位面積当たりの収穫が大きく、多くの人口を養えるということにあったようです。また気候が温暖で野菜も栽培でき、四方を海に囲まれているため漁業も出来ると、食事に関してはかなり恵まれた環境にありました。

ちょっと蛇足。和食ですが,実は江戸期に入り、一般の町人なども米食をするようになると、玄米などに含まれていたビタミンB類の摂取が減ったため,脚気が増えたと言います。米と汁物や漬物だけでは栄養が不十分であるとは考えなかったみたいですね。江戸時代の人たちは米を完全食だと信じこんでいて、それさえ食べていれば大丈夫だと思っていたといいますから面白い話ですね。

また、技術力ですが、日本は島国で、長らく鎖国をしていたため外国に関して非常な恐怖を抱いていました(加えて鎖国時代は技術的発展は幕府の政策で殆どストップしていた)。
しかしペリーショックにて開国させられ,そして明治維新が起こり、なんとか外国の侵略を阻み(その時代はロシアが南下政策を推し進め朝鮮半島を得ようとしていた。朝鮮半島がロシア領となれば日本は目と鼻の先)、また国際社会から日本を一つの文化国家と認められるために一気に西欧化を押し進めました。
このように急速な文明開化を行なったのはアジアで日本だけでした。その原動力はつまり島国であり、天下泰平が200年も続いた日本と言う特殊な国家の、外敵への恐怖からの反動だったのだと思います。

あと「これからも現状維持できるか」ですが、そういえば今ちょうど「2007年問題」というのがありますね。この年以降「団塊の世代」と呼ばれる1947年~1951年生まれの方々がいっせいに定年してしまうので、その人たちにおんぶに抱っこだった現在のシステムが立ち行かなくなるのではという話です。(とりあえず重要な人材については定年を伸ばすなどの処置をする企業が多いらしいですが)
これは実際にその時期になってみないと、どういうことになるか分かりませんね。理系離れが起こっているこの時代に技術を持った人たちが一気に抜けてしまったら・・・恐ろしいです。今の若者はみなソフトウェアに目が向いていて、ハードウェアの開発が出来る人がどれだけ残っている事やら..

長分失礼しました。

投稿日時 - 2005-05-17 13:50:27

ANo.8

なんどもすみませんNo.5です。
言った手前、「現在の日本政府の抱える長期債務残高(概算値)をリアルタイムで表示」しているwebsiteをお知らせします。心臓に悪いです。誰か止めて!と叫びたくなります。。。(このあいだ見た時は600兆だったのに、、)。

参考URL:http://ueno.cool.ne.jp/gakuten/network/fin.html

投稿日時 - 2005-05-17 13:49:50

ANo.6

「日本ってすごい」そういう風に皆が思ってもっと日本を愛する人が増えると良いのですが、実際のところあまり日本を愛してる人は少ないと思います。

「税金を多く持っていかれて無駄遣いされて将来が不安」
と思っている人が殆どでしょうね。
実際のところ納付した以上に年金は戻ってくるのですが(額は減っていますが)こういう先入観を植えつけられていますよね。
年金が減っても贅沢は出来なくても食べていけるはずなのですが皆これでは満足できなくなっているのも事実ですよね。
私から見れば日本人は「豊か過ぎて自分のいる環境が恵まれていることに気づかない民族」に思えます。

それとマスコミが批判主義なのも良くないと思います。
実際豊かな日本にするために尽力した政治家・官僚って多くこの人達の政策で日本の高度経済成長・障害年金・遺族年金などがあったと思うのですが批判はすれど賞賛することはしませんよね。これが政治に参加したいと思う人を減少させていると思います。
あと週休2日制とか産休・育休で勤勉日本が福祉重視の日本へ変化している象徴的制度の変化だと思います。

これからの事ですが中国・インドが著しい経済成長していますし今のままでは現状維持は難しいと思われます。これらの国は人口も多いですしあっという間に日本を追い越していくかもしれません。これらの国と日本が経済相手国としてうまくやっていけるのかにかかっていると思います。

投稿日時 - 2005-05-17 13:30:02

ANo.5

同感ですね。私もそう感じますよ。こんなに居心地のいい国って、なかなかないと思います。かつて「ものすごい勢い」で発展した国は、いまは「ほどほど成長している国」に変身したところですね。その、ほどほど感、いってみればビスケットをポケットにいれて日向ぼっこをしているような安穏さがあるかもしれません。確かに居心地いいですよねぇ・・。

でも、実は、ものすごい借金生活なんです。いくら働いても返せないくらいの借金をかかえてるんです。国が抱える負債総額を国民に分配すると、確か1人数百万円くらいになったと思います。カード破産する人のニュースを聞けば、自制の効かないヒトなんだって笑うかもしれませんが、実は日本人ってみんな国家収支的にはカード破産手前状態。ただ、借金も多いけど稼ぎも多い。たくさん借金して、たくさん使って、たくさん稼いで、、が今の我々の状況なんだと思いますよ。
未来についてはわかりません。借金がこれ以上膨らまないことを祈るばかりです。

投稿日時 - 2005-05-17 13:29:36

ANo.4

日本は敗戦で大きな痛手を負っていますし、ゼロから復活した訳で、他に例をみない復活ですよね。
以前、どこかの偉い人がこんな話をしていました。
日本がここまで復活できたのは、戦争で多くの壮年期世代を失ったからで、社会は働き手を失うと次の世代がそれを補おうと必死になるらしいです。パレートの法則に似てますね。
保守的で動きの遅いご老体がいなくなったことで活性化したという意見もあります。
ただ、本当に日本は豊かなのでしょうか、私は疑問に思うのですが・・・
日本は非常に特殊な歴史だと思います。他国のように自力で得た民主主義ではないので、自由についての認識が希薄だと思います。
何もかも与えられて辿り着いた感が否めません。
日本の未来はこれからが重要なのではないでしょうか。
まとまりのない文章ですね、失礼しました。

参考URL:http://www.atmarkit.co.jp/aig/04biz/paretoslaw.html

投稿日時 - 2005-05-17 13:16:29

お礼

回答ありがとうございます

投稿日時 - 2005-05-20 11:10:54

ANo.3

1.周囲を海に囲まれ、外敵からの無謀な進入が
  容易ではなかった為、また、単一民族であるため
  お互いが敵対心を持つ事もなく協力し合うという
  体勢が、歴史的に長い間続いてきた。村八分と
  いう制度を設けていたという事は、裏返して
  考えれば、協力体制が強固であった事を示す。

2.勤勉、努力を怠らない性質を持った人間が多い。


3.国土が狭く、資源に乏しいため、生きる糧を
  探すため、技術力の開発に力を注いだ。

4.諸外国に比べ、識字率が高かった。寺子屋などは  教え方の上手な教師の塾は盛況だったという。

5.国土が狭いため、有用な情報や技術が
  伝わりやすい。

6.国土が狭いため、統治しやすい。

7.気候が温暖。

8.和食は世界的にみても優れた健康食である。

9、歴史的に見ても極端な暴君の存在が少ない。

そういった事があいまってたまたま世界一と
言われる国になったのでしょう。

投稿日時 - 2005-05-17 13:08:24

お礼

回答ありがとうございます

投稿日時 - 2005-05-20 11:09:41

ANo.2

社会主義という事ではゴルビーは的をえてますね。法律面では何1つ国民の意思は組まれてないですからね。
ただ、飢え死にしている人も少数ながら存在しますよ、日本でも。ウチのババアは早期にガンを発見したけど、手術代がなくて、ギリギリまで粘って死にました。今思うとあっぱれです。
現在では、高齢化といわれているように、一億を超える人口を実際には「扱えてない」ですよ。
今すぐではないですけど、日本の福祉もバンバンなければいけないとどの政治屋も内心思っています。
9割の貧乏人と1割の金持ちが暮らす、それが日本になります。犯罪も横行するようになります。
冗談みたいに聞こえますが、それが実際問題ですね。
借金は増える一方で官僚は税金のムダ使い。革命でも起こらないと、将来的に日本は他のアジア諸国と同レベルまで確実に落ちるでしょう。

投稿日時 - 2005-05-17 13:00:33

お礼

回答ありがとうございます

投稿日時 - 2005-05-20 11:08:18

ANo.1

その通りだと思いますよ。
ニートがいても社会が崩壊しない、浮浪者ですら餓死しない。 こんな恵まれた国があるんでしょうか?
ここに書いているほとんどの質問なんて他の大多数の発展途上国に比べればどうでも良い事ばかりです(生死に関わらないからね)

現状維持が出来るとはとても思っていません。
高福祉高税金国家になるか身分社会になるかいずれにしても少しずつかもしれませんが崩壊していくでしょう。

投稿日時 - 2005-05-17 12:50:33

お礼

回答ありがとうございます。

投稿日時 - 2005-05-20 11:07:02

あなたにオススメの質問