こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

 ★ノラリクラリの弁護士に、こちらの求釈明に対して回答を迫りたい!★

 No.1324989 質問:相手方の弁護士が準備書面を出すのが遅いです。 で質問した者です。
 本人訴訟で原告をやっているんですが、被告代理人がノラリクラリでとぼけまくっております。
 前回の口頭弁論では、3日前に準備書面を出してきました!私も弁論前日に準備書面を出して対抗したのですが、今度は、今日、明日が弁論期日なのに出してきました!マナーもなにもあったものではありません!
 これでも、相手方弁護士は、元検事です!前回、こちらの準備書面に記載された求釈明も一切無視して、前回相手方が準備書面に記載した事と同じこととそっくり同じ事を記載しているありさまです!

 そこで、求釈明に答えないでとぼけているに対して、なんとか答えさせる手は無いでしょか?明日の午前11時半なのです!時間が無いのです!

 勝手に言って申し訳ありませんが、助けてください!

投稿日時 - 2005-05-19 21:34:33

QNo.1397784

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

私も現在裁判中のものです まさに:hana-yukaさんと同じ目にあっているものです しかし私の弁護士は教えてくれました 求釈明してこないのは出来ないからです 出来ないから出来ること つまり前回と同じ事を言ってくるのです で あなたの主張が認められる可能性が大きくなってきているのです ここで相手方の主張に対して矛盾点を付き進むのです もちろん前回の求釈明はどうなっていますか?と聞くのもありですし こちらからの主張書面に前回の求釈明を求めることも記載します 逃げ切れるものではありません
求釈明出来ないことを大きく取り上げ なぜしてこれないのだっていう様についていくのもひとつの手段です 相手の弱点かも知れませんよ 感情的にならず冷静になることをお勧めします という私も自らの裁判では感情が入ります :hana-yukaさんのお気持ち十分理解できます しかし目的は:hana-yukaさんの言い分を裁判官にわかってもらうことです 相手の戦略にも落ち着いて対応すればきっといい結果が出ますよ

相手は無視したくてしているのではなく 無視しか出来ないのですよ それをうまく大きく表現し裁判を有利に運ぶのですよ 2日前 3日前に提出は時間稼ぎです あなたのミスを待っているのです

感情的は最大の敵ですよ 落ち着き冷静に勝利を我が手に!!

投稿日時 - 2005-05-20 01:49:32

補足

相手は無視したくてしているのではなく 無視しか出来ないのですよ それをうまく大きく表現し裁判を有利に運ぶのですよ>本当ですね・・・・前にも、恥ずかしながら墓穴を掘りました。

 deiete様、ありがとうございました。♪♪

 今日、行ってきました!裁判所に!
 deiete様に、示唆された「もちろん前回の求釈明はどうなっていますか?と聞くのもありですし」 >おっしゃられる通り、落ち着いて、前回の求釈明について、答えを請求いたしました。裁判官の前で!

 相手方の弁護士は、「裁判所から言われたら答える」と言い放ちました。裁判官は、おもむろに答えるように、相手方の弁護士に命じました!次回の口頭弁論前でに、答えを書いてくるように命じました。裁判官は、相手方弁護士に対して!
 
 本当に、冷静さが必要ですね!私は、本人訴訟を行なっているのに、小心者で、水を事前にがぶ飲みします!なにせ、裁判官や弁護士等などエリートを前にして、私みたいな無学者が、立ち回るのですから神経を使います!ご声援ありがとうございました!

 deiete様も裁判、頑張ってください!応援しております!

投稿日時 - 2005-05-20 14:19:17

お礼

おはようございます。本当に感謝いたします。

 今日の11時半に3回目の口頭弁論です。詳細・結果は、補足でご報告いたします。

 感情的は最大の敵ですよ 落ち着き冷静に勝利を我が手に!!
 
 本当にそうですね!ありがとうございます。すっとしました!

投稿日時 - 2005-05-20 07:01:56

ANo.2

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.3

hana-yukaさんの本人訴訟の目的は何でしょうか?

文面からはノラリクラリでとぼけまくっている元検事の弁護士をいびることが目的のようにも読めますが、それが本人訴訟の目的ではないはずです。

(過去の関連する質問を提示した方がよろしいのではないでしょうか。)

投稿日時 - 2005-05-20 09:16:02

ANo.1

相手はプロです。
依頼者に有利な弁護を行うのは当然のこと。
それに対して、
素人が歯向かうのは無茶というものです。
こっちもプロに頼みましょう。
     

投稿日時 - 2005-05-19 21:40:24

あなたにオススメの質問