こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

RNAの量について

先日よりRT-PCRを行っているのですが、
mRNAを逆転写する際に濃度を調製するために、
分光光度計にてmRNA量を測定使用としているのですが
吸光度から濃度への変換の仕方が、1=40μg/mlで
あったり45μg/ml出会ったりするのですがどれが正しい
のでしょうか?
また、測定器によるのでしょうか?
よろしくお願い致します。

投稿日時 - 2005-06-02 20:04:39

QNo.1425332

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

 測定器では吸光度と濃度の関係は変化しません。
まあ、光路の長さが変われば、変化しますが、最近はすべて1cmのものしかないと思います。

 僕はポスドク暦3年の若造ですが、「1 A260nm unit = 40μg/ml」しか知りません。
ご存知だとは思いますが、260nmの吸光度が1の場合、RNAが40μg/mlということです。
他の波長の場合は変わります。
試薬会社(インビトロジェン)のカタログで確認しましたが、やはり上の通りでした。

 推測ですが、40μg/mlと45μg/mlの2つがあるのは、測定する吸光度に違いのような気がします。
もしそうだとすると、A260とA280でさえ2倍近く違うので、かなり近い波長になるかと。

 ちなみに、ググルと、「mRNA A260 40」のほうはいくつかありますが、「mRNA A260 45」は見つけることができませんでした。

僕は回答者ですが、逆に、どこで、45のほうを見つけたのか知りたいぐらいです。

投稿日時 - 2005-06-03 08:39:58

補足

ちょっとどこのサイトだったかは忘れてしまったのですが
RNA抽出キットを購入した会社に聞いてみたところ
やはり分光光度計により変化するようです…
キャリブレーションをとれといわれましたが
キャリブレーションをとるサンプルもないのに
どうするか考えておりますが…

投稿日時 - 2005-06-07 01:32:24

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

あなたにオススメの質問