こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

「就職しようとする勢いがない。」とカウンセラーに言われました。

雇用側の事情により、仕事を退職して3ヶ月目に入りました。

仕事のない不安や相談相手がいないことで、精神状態が悪くなっている自分の姿に気がつき、かつての職場の相談室担当のカウンセラーが勤務する病院に先月から受診しています。

カウンセラーには職場でのつながりもあり、神経質な性格で、過去に精神科に受診したこともあるという、私の性格を把握してくれていることから、カウンセラーの勤務する病院に行くことにしました。

そこで今日、カウンセラーから「就職しようとする勢いがない。」と言われてしまいました。

職が無く、考え込んでしまっている私を気遣い、友人が旅行に誘ってくれたことで、そのことに私の気持ちが傾いたことが、カウンセラーには「就職しようとする勢いがない。」ように見えたようです。

「仕事が無いまま、働かないまま、空白の日が続いている。この2ヶ月間、私は何をしていたんだろう…このまま何ヶ月も過ぎてしまったら…。」そんな不安が大きく、その不安が支えきれずに精神科に受診したのに、この一言が、益々私の不安を大きくしています。

私はどうしたらいいのでしょう?
仕事が見つかるまで、毎日毎日職安に行き、求人雑誌を買い続ければいいのでしょうか?

1度の旅行も許されないのでしょうか?

家と職安との往復で、仕事が無いことが怖くて怖くて…頭の中は仕事のことで破裂しそうです。

投稿日時 - 2005-06-02 22:17:53

QNo.1425599

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

気にしないこと。自分の事は他人には解らないからです。就職活動さえしていれば、いつかきっと、突然就職の機会が訪れます。その間、たまに息抜きしてもいいではありませんか。

私は事故による怪我で退職し、1年間無職でした。職安は週に3回は通い、紹介を受けたのは60社くらい。書類選考を通って面接までしてもらえたのが20社くらい。1年間、「不採用」通知ばかりでしたが、最近、再就職が決まりました。昔と同じ職種で安堵しています。

あまり落ち込まず、「こんなに努力しているんだから、いつかきっと希望の職に巡り会える。」と思ってみて下さい。

他人には絶対にわかりません。努力しても実を結ばない場合もあります。さぼっているのとは根本的に違うのですから、「気にしない」。これが一番です。

仕事は選ばない、と挑んでも、相手が「不採用」とするケースも結構あります。私は明日からでも働けます、と強くアピールしても会社が「駄目」では仕方ないでしょう。

一つ気晴らしに旅行して、リフレッシュされたらどうですか。それがすんだらまた就職活動をがんばればいいと思います。

それで自分をアピールする方向が変わる事もあり得るでしょうから。すべては前向きに考えましょう。

ファイト!です。

投稿日時 - 2005-06-03 00:19:19

お礼

アドバイスありがとうございます。

職安に行き、面接を受け…と全く何もしていないわけではないのですが、カウンセラーには、その度毎に「職安に行きました。」だの「面接を受けました。」だの報告しないので、家でぼぉ~ッとしているように思われているようです。

この辛さをバネに、勢いをつけます。

投稿日時 - 2005-06-03 00:28:40

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

ANo.3

約十ヶ月仕事が無かった者からの、この文面を見ただけの感想になりますが、カウンセラーの言う就職しようとする勢いが無い。が伝わってきます。旅行に行くのも、酒を飲み歩くのも大いに結構です。どしどしやりましょう。人生の肥やしです。職はあせって探したって、ありません。。もっと、きつい言い方をすれば、このままあなたが就職しようとしても、そんなあなたを誰が雇います。後ろ向きでしょう。カウンセラーはそう言いたいのです。不安があるのはわかります。
毎日毎日職安に行き、求人雑誌を買い続ければいいのでしょうか?
>違います。資格を取る為の勉強、会社がどうしても欲しいと思われるような努力を自分がしているかです。失業保険が切れるまでに、自営を含めて何をしていきたいのか、考えたことがありますか。
仕事が無いことが怖くて怖くて
>仕事はえらばなければ、何かかにかあります。今の日本飢え死にしたやつはいません。まだ、プライドを捨てることが出来ないでいるのです。なるようにしかなりません。向こうから仕事がきた時にそれに答えられる様に
努力を重ねましょう。

投稿日時 - 2005-06-02 23:07:19

ANo.2

今はとても苦しいときでしょうね。
もし参考になればと思い、一言申し上げます。
昨日、「ビューティーコロシアム」とかいう番組をなんとなく見ていたのですが、ゲストの石田純一さんが、こんなことを言っていました。

人は2種類いるそうです。それは、できない理由を探す人とできる方法を探す人だそうです。

思わず私はメモしてしまいました。今の私はどちらかというと後者の方でしょうか。「仕事が忙しい、人間関係が難しい、子育てに忙しい・・・」とあれもこれもネガティブに考えてしまいがちで、不満ばかり言っている頃もありました。

私がお勧めするのは、お住まいの都道府県にある職業能力開発校(職業訓練校)に入ってみるなんてどうですか?
同じような境遇の方が結構いるし、すごく楽しかったですよ。
という私も昔お世話になった経験から申し上げさせていただきました。

いつもため息ばかりついてませんか?ビンボー神に憑かれてしまいますよ。ため息を深呼吸に変えて、明日からお互いにがんばりましょう!

生意気なことばかり申し上げて失礼しました。

投稿日時 - 2005-06-02 22:58:18

ANo.1

仕事がなかなか決まらず不安なお気持ちでいらっしゃると思います。

どのようなカウンセラーかよく分からないのですが、
会社関係だからキャリアカウンセラーか産業カウンセラーでしょうか?

>「就職しようとする勢いがない。」この一言が、益々私の不安を大きくしています

の状態であれば、この気持ちをカウンセラーにそのままお話しされてはどうでしょうか。

そうすればカウンセラーがどのような意味でこんなことを話されたかが理解できるとおもいます。

>仕事が無いことが怖くて怖くて…頭の中は仕事のことで破裂しそうです。

このこともお話しされてはいかがでしょうか。
こんな状況で職安に通うより、一日病院に行ってカウンセラーに率直にお話されてみると、お互いの気持ちが分かり次の行動に移れるように思います。

投稿日時 - 2005-06-02 22:32:45

あなたにオススメの質問