こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

女王アリの観察について

初めまして、初めて質問させて頂きます、sugisouと申します。

先日、アリの巣を見つけました。
巣穴の中に卵を発見しました。
巣穴を掘り返し、女王アリを見つける事は可能でしょうか?

もし捕まえる事が出来るなら、それを水分と栄養が十分にある環境(←アントクアリウムを使用しようと考えています)で飼育し、孵化する様子や産卵の回数を調べたいと思います。
そこで、女王アリ一匹のみ入れ産卵させ観察するのと、女王アリ一匹と卵を一緒に入れて観察するのとではどちらが良いでしょうか?
その際、女王アリは巣穴を掘りますか?
卵を孵化させるのには巣穴が必要だと思うのですが、…女王アリが掘らない場合は、やはり働きアリも数匹一緒に入れた方が良いのでしょうか?

又、アントクアリウムに限らず女王アリの生態を調べる方法をお知りの方は、どうぞ教えて下さい。

投稿日時 - 2005-06-10 21:57:10

QNo.1441331

暇なときに回答ください

このQ&Aは役に立ちましたか?

10人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.3

以前、私も女王アリの観察を行ないたく、探し回りました。やはり、飛行中を確保するのが結果的に一番簡単という話を聞きましたので、当初考えた穴を掘るということは行ないませんでしたが、それでも、全く見つかりませんでした(時期も悪かったと思います)。
しかし、小さなお店で偶然見つけ、ケースごと買うことができました。

巣自体は少々形成されてしまってましたので、新しいケースの土にアリ達を移動させました。
しかし、2,3日後、アリは弱まり始めました。そして1週間もしないうちに死んでしまいました。

飼育に関してはサイトを見て回ると色々なページがあります↓

http://ww5.et.tiki.ne.jp/~ssss/ant/state_2.html
飼育している方もいるようですが、凄いです。

http://ant.edb.miyakyo-u.ac.jp/BJ/Kingdom/2425/2425j.html
これを見ていると今でも飼育したくなります。

失敗した原因は何がいけなかったのかわかりませんが、アリの飼育は非常に難しいと思いました。

また、昔と違って時間もないので最近はバーチャルで満足しています。
http://www.nanomedia.jp/release/2006/0313.html
http://www.finamo.net/mr_ant/


・・・やはり、現実で飼育したいですね。

投稿日時 - 2006-07-18 16:05:31

ANo.2

コロニーを掘り起こして女王を採取することは可能です。
多分、初めてそう言うことに挑まれると言うことからすると、ごく一般的な蟻種、例えばクロオオアリやクロヤマアリ、寒冷地などではムネアカオオアリなどの採取を考えて居られるのではないかと思うのですが、傾斜地など掘り返しやすい場所を選択すれば見つけることは可能です。実際私もその方法で何コロニーも採集しています。(ムネアカオオアリは朽ち木や枯れた竹の中に巣を作っていることが多いです。)
しかしかなり苦労を伴うのは事実です。
それでこれから新たに巣を作るために結婚飛行する新たな女王蟻の採取をお薦めします。
既にクロオオアリやムネアカオオアリの飛行は北海道地区をのぞいて終えているようなので、今後はクロヤマアリやケアリの類を検討されると良いと思います。
ただしクアリウムは働き蟻の穴掘りの観察には向いていますが、コロニーの育成には不向きです。
働き蟻が動くための栄養はあるのですが、幼虫に必要になる栄養が含まれていないと言うことがもっとも大きな理由になります。
もちろん別途餌を与えても良いのですが、それはカビを繁殖させる大本になるのでお勧めしません。
また、繭を作る種類の場合は内部の結露によって、繭表面が濡れ、中の蟻が窒息死することもあるのでそう言う意味でもおすすめしません。
更に詳しい情報をお求めなら下記サイトの閲覧をおすすめします。当サイトは私の友人の物ですが、そのリンク集には更に多くの(私の物を含めて)情報の記載がありますのでご一読下さい。

参考URL:http://www.js-staff.jp/Ant-Dyaly/index.htm

投稿日時 - 2005-06-13 10:39:18

ANo.1

すでにある巣から女王蟻を掘り出すのは不可能に近いことでしょう。シロアリほど働き蟻との姿の違いはありませんし。交尾後の若い女王蟻を捕まえるのがベストです。

頭の部分に網目模様のあるアミメアリという、やや小型の茶色いアリは、女王蟻不在の時は働き蟻が卵を産みますので、これを飼育すれば産卵育児の様子は観察可能です。

投稿日時 - 2005-06-10 23:31:20

あなたにオススメの質問