こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

看護学校受験。

始めまして!!私は25歳で看護士になりたいと思い今年看護学校を受験しようかと悩んでいます。母が看護師をしているのもあり昔から医療系にとても興味がありました。しかし、理数系がとても大嫌いで文系の短大を卒業後、やっぱり普通のOLになるのは嫌で医療事務の学校に通い今は病院の病棟クラークをしています!しかし、人のためになり、やりがいのある仕事をしたいと思い出したら今の自分にできる事は患者さんをレントゲンに連れて行ったり些細なことしかありません。看護師さん達と一緒にお仕事をしていて看護記録を見たり、自分の受け持ちの患者さんが元気になって帰る姿をみたりしているのがとてもうらやましくて。病棟の勤務を始めて2ヶ月くらいですがとても看護師になりたいと思いました!!
しかし、私は本当にバカで勉強ができないんです。なので社会人推薦で国語や小論文、面接のみで数学や英語はない学校の受験をしたいのですがそんなに甘い考えではやはりだめなのでしょうか??一緒に働いてる看護師さん達は誰しもがんばれ!!と背中を押してくれています。それと社会人になって何年かはたっているのですが貯金がそれほどないので学費の心配もあります。今でも働きながら学校に行けたりするところはあるのでしょうか??準看の学校はまだありますか??どなたかわかる方がいらっしゃいましたら教えて下さい。よろしくお願いします!!

投稿日時 - 2005-06-12 17:57:56

QNo.1444801

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

#1です。

看護学校の情報は#3の方も紹介されていますが、
『看護学校受験ガイド』のリンク集でリンクされているサイトが参考になりそうです。
中でも『看護婦・看護士へのもう一つも道』などは、
stitch119さんにとっていろいろ役に立つのではないでしょうか。
奨学金や受験のことなど詳しく載っています。

こちらのサイトにもありますように、准看護学校に通うほとんどの人が、
今現在も働きながら学校に行っています。
したがって、ほとんどの学校は働きながらでも可能ではないでしょうか。

#2の方も言われているように社会人入試は大変競争率が高いようです。
受験も社会人入試だけではなく一般入試も考えてみるのも良いかと思います。
正看の学校に比べると一般入試でもはるかに入りやすいかと思いますので、
少し頑張ってみると案外余裕かも知れませんよ。

お母様は正看の学校を薦められているようですが、
私もゆくゆくは正看になられる方が良いとは思います。
しかしながら、いきなり正看の学校にはいるのは難しいですから、
時間がかかっても准看から正看への道を進むことも1つの方法だと思います。
実際に、その方法で正看になった人をたくさん知っています。

前回も書きましたが、何事もやる気が一番です。
やる気があるなら頑張れますし、結果もついてくるでしょう。
きっとstitch119さんなら良い看護士さんになれると思います。
だから希望を持って頑張って下さいね。

ちなみに私は病院勤務ですが看護師ではないです。
しかしながら奥様は元准看護師です。

参考URL:http://www.narukan.com/info/knglink.htm

投稿日時 - 2005-06-16 03:13:51

ANo.5

このQ&Aは役に立ちましたか?

2人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(5)

ANo.4

#3です。
参考になるサイトを見つけましたので、ご参照ください。
看護系の予備校のHPのようですね。

参考URL:http://www.tokyo-ac.co.jp/med/

投稿日時 - 2005-06-13 21:29:55

ANo.3

『日本の専門学校』というサイトがあります(下記ご参照ください)。
http://www.narukan.com/のサイトもよかったのですが、現在、学校検索ができない状態になっています。

また、『全国看護大学・看護学校ガイド』という本も出ています。
http://www.medica.co.jp/shoseki/2002/cre_html/0110100729.html
個人的には、面倒でも本で調べた方が、詳細は把握しやすいと思います。
社会人推薦のある学校も調べられると思います。

私は11年目、専門卒保健師です。
学費の問題については、昼間定時制(4年)の学校や奨学金制度の利用により就学可能かと思います。
しかし、まず定時制ですが、学校自体少ないと思いますし、その学校が社会人推薦枠を設けているかは分かりません。
また、質問者様の居住地から遠い場合、独居が必要になることも考えられます(寮が設置されていればいいのですが)ので、その出費も考慮しなければなりません。

次に奨学金ですが、都道府県、学校、病院と、実施主体は様々です。
重複して受けられるかどうかの調査も必要でしょうし、大抵の場合「卒後1年以内に免許取得」「卒後○年勤務」を義務付けし、それを満たした場合のみ返還免除をする条件になっています。
詳細はそれぞれ違いますし、各学校の募集要項等にも記載されていると思いますので、資料をお取り寄せください。

一般入試に向けては、大変でしょうが、社会人のための看護学校受験の予備校もありますので、そちらに通われることもご検討ください。
実際、私の保健師学校時代のクラスメートは、40%が既卒者で、「看護婦(当時)を続けながら、予備校に通って受験勉強した」と言っていました。
通信講座もあるようですが、申し訳ありませんが、詳しい情報は持っていません。

病棟の看護師さんたちが応援してくださっているのは、本当に心強いですね。
辛口な方は「そんな甘い世界じゃないのよ」と言う方もいますから。
私も応援しています。頑張ってください。

最後に一言、日本看護協会で「准看制度の廃止」に向けて様々な活動をしていることをご存知でしょうか?
看護の水準の維持、向上の為に免許の一本化を図る必要がある、という理由からです。
目指すなら、正看になってください。

参考URL:http://www.gakkou.net/sen/index.html

投稿日時 - 2005-06-13 12:01:42

お礼

お返事ありがとうございます!!とっても参考になりました!准看は廃止される傾向にあるというのは知っています。母も行くなら正看の学校にしなさいと以前言っていました。色々調べて自分に一番ベストな方法を選びたいと思います。また何かあったら教えて下さい。

投稿日時 - 2005-06-13 21:01:42

甘いです!
というか、社会人入試の競争率、ご存知ですか?
30倍40倍の学校がありますよ。
合格するのはほんの一握り。
また、英語や数学の無い学校にも人気集中。もちろん倍率も高い。
国語と小論文、面接で満点取れる自身、ありますか?
馬鹿で勉強が出来ないかどうかは、やってみてから答えを出しても遅くないですよ。
私も中学高校短大と全く勉強せずにここまで来ました。
やっても無駄だし~とか思っていました。
でも、28歳で看護学校を受験すると決めたとき、今までではじめて、本当に一生懸命勉強しました。
やったらある程度できるものですよ。
今頑張らなかったら、看護学校での勉強なんて出来ません。もっともっと難しいです。
受験なんて、楽だったな~って今から考えると思います。
今、わざわざ准看の道を選ぶ必要ってありますか?
働きながらといっても、本当に大変ですよ。
ましてや、自分が勉強できない、と思っておられるのであれば、
ますます勉強と仕事の両立は大変だと思います。
貯金はどれくらいあるのでしょうか。
奨学金は一握り、しかも成績順でしかもらえませんから、あてにせず、
とりあえすはご両親にお願いすることは出来ませんか?
お母さんが看護師とのこと、
自分と同じ道を進むのなら、と少しは援助してもらえませんか?
公立なら学費も年間30万程度のところもあります。
今しっかりと勉強すれば、後々道が開けてくると思います。

投稿日時 - 2005-06-13 11:36:17

お礼

お返事ありがとうございます。確かに私は甘いですよね・・・。人の命を預かる仕事なんだからそんなに簡単になれるわけないですもんね。軽率な考えを言ってしまってすみませんでした。
28歳で看護学校受験をしたのはなぜですか??もしよければ参考にしたいのでまた色々教えて下さい。
ちなみに両親にはこれ以上学費の援助などを頼むのはかなり難しいことなんです。

投稿日時 - 2005-06-13 21:07:44

ANo.1

全然大丈夫です。
今でも働きながら学校にも行けますし、准看の学校もまだあります。
問題は学校にはいることではなく、そのあとの資格試験に受かるかどうかです。
それもきっとあなたのやる気と志次第で何とかなるでしょう。
頑張って、良い看護師さんになって下さいね。

投稿日時 - 2005-06-12 19:06:30

お礼

お返事ありがとうございます☆確かに学校に入学しただけでは何もなりませんよね。やる気は一度現場を見てみて安易な考えでなりたいと思ったわけではないので誰よりもあるつもりです。
ちなみに今も働きながら通える学校というのはどうやって調べればいいのでしょうか??
本屋さんで看護学校の受験ガイドとかを立ち読みしても正看の学校のものしかなくて困っています。何か情報がわかれば教えて下さい!!
ちなみにGREY7さんは看護師さんですか??

投稿日時 - 2005-06-12 19:24:24

あなたにオススメの質問