こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

著作権法35条

2点あります。
1) 「学校その他の教育機関(営利を目的として設置されているものを除く。)において教育を担任する者」の解釈について。大学の教員が自分が所属する大学内ではなく,営利目的でなく小学校などに出向いて授業を行う場合には35条は適用されるのでしょうか?
当然,授業といっても,それは小学校の授業ではなく,自分の研究分野の内容をかなり噛み砕いた「講演」的なものにはなると思います。
2) 「著作権者の利益を不当に害することとなる場合」の解釈について。大学の授業で使用する一般的な図書や雑誌の場合,それがごく普通に書店に並んでいて,さほど高価でもない場合,一部分をゼミ生程度の人数分複写するのは,違法性があるのでしょうか? 入手しにくい場合はともかく,大学生ともなれば,必要な本なら買えるのでは,という議論も成り立ちそうで・・・

投稿日時 - 2005-06-15 11:52:31

QNo.1450603

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

>1)

35条は適用されると思います。

>授業といっても,それは小学校の授業ではなく

といっても、あくまで小学校の授業の一環として行われるものなんでしょう?
その内容が通常の小学校の授業とは違うものってだけで。

「小学校という場所を使わせてもらっているだけで、授業でもなんでもない」
なんてのでもなければ、同様に解釈していいと思います。

>2)

これについては、文部科学省から出ている35条ガイドラインが指標になると思います。
これによれば、「著作権者の利益を不当に害する」ケースとしては、

・本来、授業を受けるに当たって買うor借りるべきものを買わずor借りずにコピーすること
 *一般の教科書や教師用指導書、教科書として使われる図書
 *参考書、問題集、ワークブックなど
 *対象となる学生向けに書かれた専門書籍や雑誌
・本来の授業目的を超えた利用を行うこと
 *必要な期間を超えて教室や学校に掲示する
 *放送番組を保存を目的として録音・録画する
・必要な部数以上のコピー
 *基準としては、通常の1クラスの人数+教える人(40~50部程度)
・コピーすることによって市販の商品と競合してしまう方法
 *本を丸ごと1冊コピー
 *観賞用に絵や写真をコピー
・コピーを継続的に行うこと
 *授業のたびに新聞雑誌等の連載コラムをコピー
 *1回1回のコピーは少なくても、蓄積すると本の大部分をコピー

だいたいこんな感じですから、おっしゃるようなケースであれば、
その本が授業で使われる教科書と想定されているのでなければ
OKではないでしょうか。

投稿日時 - 2005-06-15 15:46:55

ANo.1

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

あなたにオススメの質問