こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

今、日本で怪獣が暴れたら管轄は警察? 自衛隊?

ウルトラマンの科学特捜隊は国際警察機構です。
ゴジラはシリーズによりますが、おおむね自衛隊や国連軍が出撃しています。
別の世界観によって作られたものを一概に比べられませんが、ふと疑問に思ってしまいました。
自衛隊と警察の境目ってどこなんでしょう。

熊やイノシシなど野生生物の被害は警察の管轄ですし、テロリストや無差別殺人者の取り締まりも警察の仕事です。怪獣は暴れるだけで侵略の意思はありません。
それを考えると、怪獣の始末は警察の気がします。
しかし、怪獣の戦闘力や凶暴さを考えると警察ではなく軍隊レベルでないと太刀打ちできない気もします。

現在の日本に次のタイプの怪獣が同時に現れたとします。

 A 古来から地球に生息していたゴジラタイプの怪獣。
 B 日本人が何らかの原因で怪獣化したジャミラタイプの怪獣。
   大半の怪獣化した人間は意識を持ち、日本の防衛に役立ち、職に付き、税金も払っています。
   そのため姿形で差別されることなく人権が認められています。
   でも時には社会に不満を持つものが怪獣化してしまい暴れます。

質問1 管轄は警察と自衛隊のどちらになると思いますか。
   2 警察が管轄の場合、軍隊なみの兵力を警察が持ってもいいのですか。
   3 自衛隊の場合、人権が認められている怪獣化した自国民(民間人)を殺害する許可はおりますか。
   4 国連軍が出てきたとき、日本で国連軍が活動してもよいのですか。

現実に現れたら法律は改正されるのでしょうが、あくまで現時点の法律でどうなるか教えてください。
できれば法律に詳しい方の見解が聞きたいのですが、法律に詳しくないけど自分はこう考えるといった意見でもかまいません。
回答してもらえると嬉しいです。
法律カテにしようかと思い

投稿日時 - 2005-06-19 16:50:30

QNo.1459276

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

警察と自衛隊(軍隊)の境目。警察官というのは日本国の文官で行政官であり、国内法の規定に基づいて動くことのみが許された人たちです。自衛官(軍人)というのは、武官でして、国内法では裁けない人たちと戦います。

つまり、警察官というのは、日本国内の法律に違反した犯罪者を逮捕して司法手続きをする人たちです。一方、自衛隊は、日本に危機をもたらす勢力を殲滅するのが仕事で、その戦う相手は、「犯罪者」なわけではありません。例えば、中国軍が日本に責めてきた場合、攻撃している中国軍人は犯罪者じゃないですよね。中国では立派な愛国者なわけです。しかし、日本にとっては存亡の危機ですよね。だから殺すわけです。テロリストもそうで、テロリストを生み出した国の基準では愛国者で立派な人なわけです。しかし、受ける側から見れば、いたら困る人です。だから軍隊で殺すわけです。テロ対策は軍隊の仕事です。本来は。

で、以上を前提に結論。
質問1
ABとも管轄は自衛隊です。怪獣の暴動は日本の国内法の想定外なので、法律に規定された行動のみが許される警察では対処できません。それにたいして、想定外の文明との戦いのために存在する自衛隊は、怪獣という想定外の相手と戦う組織なのです。

質問3
おります。緊急事態の超法規的措置ってやつです。ただし、あとから朝日新聞が問題化すれば、誰かが辞職して責任をとらされるかもしれません。

質問4
まず、自衛隊が戦い、無理なら国連軍という順序になります。その場合、日本の統治機構が機能していない状態なので、良いも悪いもなく、国連軍は活動するでしょう。ついでに、中国あたりは居座り、九州の領有権を主張するでしょう。だから自衛隊ガンバです。

投稿日時 - 2005-06-19 17:46:47

お礼

回答ありがとうございます。

自衛隊と警察の違いがよく判りました。

人権のある怪獣を殺す許可はおりるが超法規的措置となる。つまり基本規則からは外れるけどやむを得ないということですね。
やはり基本的には自衛隊は自国の民間人を取り締まる権限はないということでしょうか。
この場合、朝日新聞が問題視しようとも日本の世論は自衛隊に賛成しそうですね。
中国あたりがこれ幸いと難癖付けしそうですが。
国連軍が去った後、中国は九州どころか本土すべての領有権を主張しそうな気が……。
最終的には人間の敵は怪獣ではなく人間同士ということでしょうか。

投稿日時 - 2005-06-19 19:46:50

このQ&Aは役に立ちましたか?

2人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

ANo.4

Bの場合は日本国民として法律上認知されている、という事ですよね。その前提ならやはり最初に動くのは警察でしょう、手に負えなくなった時点で治安出動命令が発令されれば、自衛隊の領分になりますが、治安出動命令の発令下では、自衛隊幹部(将校)には警察と同等の権限が付与されるので、武器の使用・射殺の判断についても警察官の服務規程が基準になると思いますよ。
いずれにせよ、国民の中に一蹴りでビルを壊すような化け物が存在する事を前提にした法律なんてありませんから、そう言う社会になった時点で法整備が必要でしょうね。国民として扱うなら。
現在ただ今の時点でこんな事態になったら、No2の方の言う通りになるでしょうね。

投稿日時 - 2005-06-19 18:11:13

お礼

回答ありがとうございます。

>治安出動命令の発令下では
これには驚きました。自衛隊幹部も警察と同等の権限を与えられることがあるんですね。

話はそれてしまいますが、極端な話、日本の狂信的な集団がなんらかの方法で戦車やミサイルを入手した場合も自衛隊が出動するケースがありえるのでしょうか。

投稿日時 - 2005-06-19 20:45:44

ANo.3

 「ウルトラマン研究序説」という
複数の有識者がまじめに書いた本があるのですが
 それによると・・・

・怪獣
 これらの怪獣が大暴れし人間に危害を加えるケースは
野生のヒグマが暴れているのと同じケース。
 しかし、この怪獣は地球上にいる最後の1匹という
可能性がある為 ワシントン条約の対象あるいは、
国の特別天然記念物として保護される可能性が高いらしいです。

・宇宙怪獣、異星人
 宇宙怪獣(異星人)の場合はもっと複雑らしいです。
(長くなのるで割愛しますが)

1)結論から言うと「警察機構」が、初期対応しきれず
自衛隊に主導になるかと・・・

2)急には、対応できないので不可能でしょう

3)被害状況にもよるかと・・・可能性はある

4)国連軍が日本政府が要請しなければ出てくる事は
無いと思うで・・・

投稿日時 - 2005-06-19 18:09:19

お礼

回答ありがとうございます。

国の天然記念物。確かに稀少動物には違いありませんが。
No.1さんも書かれていましたけど、まずは保護になるんですね。
でもゴジラを飼育するのは大変そうです。
極端な話捕殺ならミサイルをぶち込むだけで済みますが、捕獲となると数倍の被害と費用を覚悟しなければいけないですね。
しかも飼育となったらその施設や餌代だけでも国家予算が傾きそうです。
それとも怪獣データーを独り占めして各国に高く売りつけ、怪獣大国で儲かるのでしょうか。

やはり警察が特殊部隊を組んで軍隊なみの兵力を持つことはなく、自衛隊が出てくる可能性のほうが高いようですね。

投稿日時 - 2005-06-19 20:37:14

ANo.1

まったく法律には詳しくありませんので私の考え

A 古来から地球に生息していたゴジラタイプの怪獣。
希少種であり捕獲が前提では?
何でも殺すという考えがおかしいとおもいます

B 日本人が何らかの原因で怪獣化したジャミラタイプの怪獣。
本人だとの証明さえ出来れば
それはただ変わった姿の民間人では?
質問1ですが
1は、捕獲研究の為、警察が動くと思います
2は、犯罪>建物を壊すなど
を行った時点で警察の出動>手に負えない場合は、自衛隊に治安出動要請ではないでしょうか

日本の場合、まず警察より先に自衛隊は動く事はないかと、
関西の震災でも既に出動準備が出来ている自衛隊に各方面の面子で出動要請が降りなくて被害が拡大しましたよね・・・同じだと思います

質問2ですが
手に負えない場合に自衛隊が居るのだと思いますから
もつ必要は無いかと思います

質問3ですが、被害を受ける多数の自国民の保護が優先されるのでは?
そこまで、被害が出ていたらただのテロリストとして処分可能かと


なお、自衛隊は、国の内外からの脅威に対応するために居ると思います>テロなど自国民が行いますし
質問の4ですが・・・
国連軍自体は、今までちゃんと機能した事はないと記憶しています。

投稿日時 - 2005-06-19 17:10:01

お礼

さっそくの回答、ありがとうございます。

>何でも殺すという考えがおかしいとおもいます
なるほど。人間に害を及ぼす=殺す という図式は人間のエゴそのものですね。

やはり日本では警察より先に自衛隊が動くことはないんですね。
自衛隊が出動するころには日本はかなり被害を受けていそうです。

>国連軍自体は、今までちゃんと機能した事はない
今の国連軍を見ていると確かに頼りになりませんね。

投稿日時 - 2005-06-19 19:17:28

あなたにオススメの質問