こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

わたしのうつ病のことで

今年の1月からうつ状態に陥り、死にたい、死にたいとふとんの中で息を吐き出すようになりました。突然、不安感に襲われ、窒息感、離人の症状に見舞われることもあります。なによりも、全身倦怠感が強く、そのためやりたいことに何にもできなくなってしまいました。

このような状態になってから3ヶ月後の4月に耐えかねて心療内科に行きすぐにうつ病と軽いパニック障害と診断され、トレドミン25mgとデパス0.5mgを一日3回、頓服としてソラナックスをもらい、夜はレンドルミンで寝ています。

現在、薬を飲むようになってから、2ヶ月半から3ヶ月くらいになりますが、鬱感や全身の倦怠感、億劫さ=やる気のなさがいっこうに改善させず、最近では、さらに倦怠感がひどくなり、ついには、6月に入ってから学校へも通えなくなり、研究生活が完全にストップしてしまいました。

よくトレドミンを飲んだことがある人の話を聞くと、気分がシャキっとするとか、なんらかの効果を感じて飲んでいるみたいですが、わたしの場合は、2ヶ月半経っても何の効果も感じません。鬱が悪化。
これはやっぱりトレドミンが合っていないということなのでしょうか。

このまま、うつ状態が改善されないならば、たとえ副作用が出てでも他の抗うつ剤に変えたいと思うのですが、主治医に、薬を変えたいと申し出ても、失礼にはならないでしょうか?そんな勝手なこと患者から言って迷惑がられたり、困らせたりしないでしょうか。

なんとしでも今の状況から脱出したく、うつ病を治したい気持ちでいっぱいです。

あとよくうつ病を治すには休養、何もしない、ということを聞きますが、具体的に、休養や何もしない、というのはどういうことなの?ただ家にぼーっとしていても、何も改善されず、逆に何もしないって難しいことですよね。どういう風に休養をしたらいいでしょうか。ちなみに、現在24歳、女、大学院1年目です。

投稿日時 - 2005-06-23 21:12:39

QNo.1468942

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

私も自分から
「薬を変えて欲しい」と主張したことがありますが、
主治医の先生とは長い付き合いなので通りました。
よく精神科・心療内科にかかる患者さんで、
pomoccさんのように医師に気を使ってしまう方が
いらっしゃいます。
お気持ちは痛いほどよくわかりますが、
病気を治すために通院されているんですよね。
気を全く使うなとはもちろんいいませんが、
言いたいことは言える信頼関係を主治医と
結べたらいいですよね☆

 一般的にうつ病は二ヶ月もすれば、
症状も改善され始めてもおかしくない時期だと思います。
「薬が効いていないように感じる」
「薬を変えてほしい」
と主治医に主張してみてはいかがでしょうか?

あと、
うつ病を治すには休養が必要であるというのは‥
脳内の神経伝達物質セロトニンを抗うつ薬(SSRI)、
→選択的セロトニン再取り込み阻害薬を使って
少なくなった情報伝達物質を通常の状態に戻すのに、
時間と安静が必要であるということだと思います。

うつ病でも、ピンキリでまったく動けない患者さんもいれば、
ある程度日常生活動作は可能だという患者さんもいらっしゃると思います。
もしあなたが後者であれば、生活リズムを確立することです。
簡単に言えば昼型人間になること。
あと散歩やヨガはお勧めですね。
太陽と共に生活するという体内時計に従った生活をすれば、
快方に向かうことができると私はおもいます。

大学院在院中とのことですが、
身体が資本です。
ゆっくり病気を治してくださいね。

参考URL:http://www.nhk.or.jp/fukushi/utsu/

投稿日時 - 2005-06-23 21:47:47

お礼

今の主治医は、わたしの家のことも、家族のこともいろいろと知っていて、非常に関係の深い繋がりがある医師なので、遠慮せずに、いろいろと話してみようと思います。ヨガのようなものが大学の授業にあるので、後期にもし学校に行ける体力が出てきたら、それを履修してみようかなとも思い始めました。

投稿日時 - 2005-06-24 23:41:12

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(9)

ANo.9

 こんにちは。うつ病になり、とても大変だと思います。
 私も、大学を卒業後、就職して1年足らずでうつ病になりました(半年ほどは不明で内科より胃薬を飲んでいたのですが…苦笑)。
 それから心療内科に通ったのですが、投薬と簡単なカウンセリングを受けたのですが、半年しても全く変わりませんでした。会社にも行く事ができなくなり、結局帰郷することになりました。近所に唯一、心療内科があったので、とりあえず行ってみました。その病院は、医師だけでなく臨床心理士もいて、予約すると一時間のカウンセリングを受けることができました。

 うつ病は「こころの風邪」といいますが、とても厄介なものだと思います。
 病院でも、何度か聞きましたが、うつ病にも程度があり、私はもう五年通院していますが、かなり良い状態になりました。
 治療にあたり、
 ・投薬(医師の十分な説明を受ける、状態によって処方が変わる、自分の調子を正直に言う)
 ・カウンセリング(臨床心理士のような十分な専門家によるものを受ける)
 ・休養(したくないことはしない、したいことだけする、周囲の理解を得る…これが難しいし苦痛)
 の3点セットが重要と聞きました。
 私でも、少し重い程度のうつ病と後で聞きましたので、あなたも焦らず数ヶ月で治そうという意志を持たずに、休学も検討して、いい病院を探してはどうでしょうか。
 上記は私の経験からですので、参考までにお願いします。また、下記のHPも参考までです。
 補足が必要であれば、もう少し詳しく自分なりの説明はしますので、頑張らないでください。

参考URL:http://www8.tok2.com/home/gohyan/utu-a7.html

投稿日時 - 2005-06-25 06:11:21

お礼

どうもありがとうございました。
大学のゼミに来ている人でカウンセラーの方がいるので、相談してみると良さそうですね。
どうしても2,3ヶ月で治したいという気持ちがあって焦ってしまうので、そういう焦るくせを見直し、気長に病気と付き合っていこうと思いました。

投稿日時 - 2005-06-29 18:02:38

ANo.8

やはり薬が効いていないみたい、と医者に相談した方が良いと思います。おそらく「迷惑がられたり、困らせたりしないでしょうか。」といった、質問者さんのやさしい部分(他人の気持ちを優先させて、自分は我慢するといった)が知らず知らずのうちにストレスを溜めてしまう原因になっているかもしれませんね。

でも病気は自分が最優先ですから、気を使ったり遠慮したりせず、自分の思ったことをどんどん医者にぶつけても構わないと思います。もしそれで気を悪くするような医者であれば、とっとと病院を変えましょう。医者も千差万別ですから、きっと質問者さんにぴったりくる人がいると思います。

それと、何もしないといっても、何もしてはいけないということではないと思います。自分の好きなことであれば、規則正しい生活を守る範囲では、何をしても構わないと思います。義務感や何かの必要に駆られて無理に何かをするのではなく、ストレスが堪らない自分の好きなことをすればいいと思います。

逆に何もしてはいけない、と義務感に駆られて自分の好きなことをしないことの方が、よりストレスを溜めることになると思います。

質問者さんは若いですし、人生はまだまだ長いです。今は人生の道草を食っていると思って、気長にやられてみてはどうでしょうか?

投稿日時 - 2005-06-24 02:12:53

お礼

お礼が送れてしまってすみませんでした。ずっと調子が悪くて何もできず、今日の今、たまたまちょっと動けるようになって調子がいいので、書かせていただきます。

アドヴァイス、ありがとうございました!とてもうれしいです。

別にそんなに気を遣わなくても大丈夫なのですね。今度、行ったときには、抗うつ剤の効き具合のことを含め、今の自分の状態を、正直に話してみようと思います。

投稿日時 - 2005-06-24 23:17:18

ANo.7

先ほど、アドバイスさせていただいた者ですが、もし家に居られる時にインターネットラジオが聞けるサイトがありましたのでタイトルはきっと元気に!です。少しでも気が楽になると思いますので、下記にURLを記しておきます。気分が落ち込んだ時や気晴らしに聞いて下さい。精神医療サバイバーの広田和子さんが元気の出る話を放送中です。Eメールの受付フォームもあります。少しでも状態が良くなられます様にお大事にして下さい。是から暑くもなりますし散歩は太陽が良く照っている午前中が鬱状態には良いみたいです。先生にも太陽に当たるのは鬱状態の時に大変良いとアドバイスをしてもらいました。

参考URL:http://medical.radionikkei.jp/

投稿日時 - 2005-06-23 23:55:13

お礼

ありがとうございまいした。焦らずにうつ病を受け入れてゆっくりと治していきたいと思います。
太陽に当たるといいというのは私もどこかで聞いたことがあるので、これから意識して、日の光をあて、脳の中が健康になるよう、祈ろうと思っています。

投稿日時 - 2005-06-24 23:20:28

ANo.6

こんばんわ。わたしもうつの一人です。
薬のことですが、医師にはもう相談されたのですね??合う合わないはわたしは医者じゃないのでわかりませんが、そのことを相談して何か不快感を感じる医師ははっきりいって真の意味で医師ではないと思います。誰にだって合う薬合わない薬はあります。
たとえばですが、卵アレルギーの人に卵を食べなさいなんてゆう医師に医師免許を持っていること事態に疑問を感じませんか??勇気を持ってみてください。
それで不快感を示す医師なら病院を変えたほうがいいでしょう。精神的というのは非常につらいですよね。

投稿日時 - 2005-06-23 22:24:51

お礼

うつ状態がほとんど改善されないという状況や、あまりの倦怠感・疲労感のため学校にも通えなくなったということは、まだ医師には伝えていません(いけないですね)。

調子はどう?と聞かれると、つい、相手を傷つけたくないという気持ちが働いてしまって、首傾げながらも、前よりは良くなっているような気がしますと、ぽそっと答えてしまいます。

精神安定剤のデパスがとてもよく効いていて、パニック発作や突然のイライラが治まってきているので、うつ状態のことは話さずに、そっちのほうのみの改善を話してしまいます。

今度行ったときには、パニック発作のほうは落ち着いてきたけれども、うつ状態・うつ感が全く改善されず、あまりの気持ちの沈みや倦怠感のため、ついには学校に通うに体力もなくなってしまったと、抗うつ剤(トレドミン)があまり効いていないことを、勇気をもってはっきりと伝えることにします。

投稿日時 - 2005-06-24 23:31:36

ANo.5

貴方の通われているクリニックの先生に相談して今、飲んでいる薬が合わないのではとハッキリ言って見ては如何ですか?先生と良く相談して貴方の症状に合う薬を出してくれるかも?とにかく先生と良く話し合われてください。私の場合も先生に話してみて薬を変えて貰いました。最近はSSRIやSNRIといった抗鬱剤や色々な薬も出ていますので貴方に合った薬も見つかるのではないでしょうか?休養の過し仕方については貴方の趣味などを楽しまれては如何ですか。又、天気の良い時に外に散歩に出るのも良いと思います。家にじっとしていると深く考えこんでしまうのでは精神的に余り良くないとおもいます。貴方に合った気晴らしの方法を見つけられては如何でしょう。でも余り無理をせずにマイペースで進んで下さい。

投稿日時 - 2005-06-23 21:48:23

お礼

今度、はっきりと伝えることにします。このままではしんどく限界なので‥。
今飲んでいるのはSNRIなので、SSRI等の他の抗うつ剤に変えてみたいことや、変えるべきなのかを、きちんと、今の状態を伝えて話してみます。
いろいろとありがとうございまいした。

投稿日時 - 2005-06-24 23:35:54

ANo.3

薬の効き方は人それぞれです。
私も今は病院が2件目、薬は10種類ぐらい変更しました。
最初に飲み出してから1年半ぐらいでやっと効いてきたかなという感じです。
それまでは貴方と同様、やる気が出ない、動く気もない、早朝覚醒とか色々ありました。
もう会社を休んで1年半ぐらいになりますよ。
家でゴロゴロ、散歩ぐらいしなさいと先生に言われるけど、やはり世間体があって奥さんの目がうるさくて部屋にこもりっきりです。たまには外に出て買い物もしますけどね。
薬が合っていないと思ったら先生に言って変更してもらえば良いと思います。
それで怒るような先生はまずいません。怒るような先生だったらさっさと病院を変えた方が良いかも知れません。

ほんと、何もしないんですよ。ベッドでゴロゴロしてTV見て、疲れたら眠る、ただ、食事は3食ちゃんと食べる、薬の副作用で太ることがあるけどそれもしょうがない。
主婦の人がうつが治りにくいのは家事を絶対にやらないといけないという使命感が逆に悪いのはご存知のことと思います。
まだまだ若いのですから気長に治療してください。
お知りの通り焦りが一番の禁物ですので。

下記のHPは薬を飲んだ人達の感想です。もう千差万別ですよ。(^^;

参考URL:http://vote.acrweb.com/html/medicine.html

投稿日時 - 2005-06-23 21:41:22

お礼

このHPはとても参考になりました。ありがとうございます。

音大で大学4年のときに卒業論文を書いて、そのときに、指導教官といろいろあったり、頑張りすぎて、頑張りがたたって、論文終えた直後、ひどいうつ状態に見舞われ、死にたい病が始まったり、ひどい倦怠感が現在に至るまでずっと続いていて、朝はとりわけ、鬱感・倦怠感が重く、ふとんの中でうずくまっています。

論文はどの教授にも大変すばらしい、とても大学4年の論文とは思えないとか言われて非常にいいものだったのですが、うつ病のせいなのか、そういうことを言われても全然嬉しくなく、喜びもなく、暗い気持ちで、死にたい、死にたいと、つぶやいていることが多いです。頑張りすぎて疲れてしまいました。

将来は留学まで考えていたときがあったのに、今は、もう留学なんて夢ははるか遠くに行ってしまって、うつ病がひどく、なにもできません。辛いです。

投稿日時 - 2005-06-24 23:50:05

ANo.2

>このまま、うつ状態が改善されないならば、
>たとえ副作用が出てでも他の抗うつ剤に変えたいと思うのですが、
>主治医に、薬を変えたいと申し出ても、失礼にはならないでしょうか?
>そんな勝手なこと患者から言って迷惑がられたり、困らせたりしないでしょうか。
私も鬱で通院していました。
薬は人それぞれ相性があると思います。
私も最終的に飲む薬はいつも同じになりましたが、通院し始めの頃は、
何回か変りましたよ。
お医者様にとっては、失礼でもなんでもなぃと思います。
もし言い方が気になるようでしたら、「薬を変えたい」と言うのではなく、
実際、あまり改善されていないこと、現状の自分の状態を伝えてみては如何でしょうか?

この薬ではダメかな?とお医者様が思えば、変えてくれます。

もし何を言ってもダメな場合には、病院を変えてみるのも一つの手ですが・・・
それがいいかどうかは保証出来ない問題なので、
じっくり考えてみてくださいね。

>休養、何もしない、ということを聞きますが、具体的に、休養や何もしない、
>というのはどういうことなの?
>ただ家にぼーっとしていても、何も改善されず、
>逆に何もしないって難しいことですよね。
>どういう風に休養をしたらいいでしょうか。
私はぼーっとして1年過ごしましたよ。
というか、ぼーっとすることしか出来ませんでした。
何もしないというのは、ある程度ストレスから身を守る方法だったりするんじゃないかと・・。
逆に、こうしてみようとか、外に出たいな・・と思っていたからといって、
それをするな!ということではないと思います。
ご質問者様自身が、何もしたくない!と思った時には、
それはそれでいいんだよ、ということで、受け止めたほうがいいかもしれませんね。

休養は、ご自分の好きなことをするのが一番と思います♪

投稿日時 - 2005-06-23 21:34:32

お礼

そういえば最近ピアノを弾いていないので、ショパンでも弾いて、少しずつ、自分を癒していきたいです。
何もできないほど鬱感・倦怠感がひどい日は、罪悪感を感じることなく、遠慮せず、眠ってぐーたらな生活を送って、体を休めようと思います。頑張りすぎました。

投稿日時 - 2005-06-24 23:52:48

ANo.1

はじめまして。
辛い状況、お察しいたします。

抗うつ薬についてですが、なかなかすぐには自分にあった薬にはであえないことも多々にあるようです。
私も、薬が落ち着くまでには何度も種類を代えて頂きました。

医師に利き目が感じられない事や副作用がある場合などはすぐにおっしゃった方が良いと思います。
全く失礼なことではありませんよ。

お大事になさって下さい。

投稿日時 - 2005-06-23 21:34:05

お礼

抗うつ剤のことは今度のときに話してみることにしました。自分の状態のことを紙にでもまとめて、いい忘れがないように、また言うタイミングを逃して診察が終わってしまうことのないように、しっかりと、伝えるべき事は伝えようと思います。

投稿日時 - 2005-06-24 23:54:59

あなたにオススメの質問