こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

映画と原作 蝉しぐれ

映画が始まる前に流れる映画の予告で、蝉しぐれという作品を初めて目にしたのですが、映像と雰囲気が驚く程美しく、思わずそれだけで泣きそうになりました。
検索して初めてその映画に原作(藤沢周平著)があることを知り、読んでみたいと思ったのですが、原作と映画どちらを先にみたほうがいいでしょうか。(藤沢氏のファンの方すみません)

違う映画の話なのですが、原作に凄く惚れ込んだところ映画化し見てみると内容がまったく違いショックを受けたことが多々ありました。
原作を先に読んで、映画が原作と違う所があったら悲しいなぁ…と思うのですが、でも先にあったのはもちろん原作のほうなので、やはりそちらを読むほうがいいのでしょうか?

優柔不断な上とても私事なので申し訳ないのですが、原作を読まれた方、また未読で私のように予告だけ見られた方からもアドバイスをお願いしたいと思っております。

*予告は蝉しぐれの映画サイトでも見ることができました。

投稿日時 - 2005-06-24 00:02:36

QNo.1469368

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

小説の映画化のときは、映画をさきにご覧になることをお勧めします。
小説の密度は、映画よりはるかに濃いので、小説をさきに読んでいると、映画が大味なものに感じられます。反対に、映画に感動してから小説に向かうと、またあらたに感動します。
このことを痛感したのは、「浮雲」(林芙美子ー成瀬巳喜男)と「二十四の瞳」(壺井栄-木下恵介)それにアメリカ映画「風とともに去りぬ」です。
邦画二作は、映画→小説の順序で、二度感動。洋画は、小説→映画で、アカデミー賞をとった映画ですが、抜けたビールをのんでいるように味気なかったです。

投稿日時 - 2005-06-24 23:40:58

お礼

お返事が遅れてすみません。
やはり小説→映画となると僅かなことでも描かれていないと不満が先立っちゃいますよね・・・
とても参考になりました。ありがとうございます。

投稿日時 - 2005-06-27 17:32:48

このQ&Aは役に立ちましたか?

4人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(5)

ANo.5

 映画「蝉しぐれ」、10月公開ですか・・・待ち遠しいですね。私は、10年ほど前に原作を読んで藤沢作品のファンになりました。TVドラマもよかったです(脚本は黒土監督だったと思います)。映画の脚本も黒土監督が書いていますので期待しています。
 ところで、まだ原作を未読でしたら、せっかくですので映画を観てからじっくりと原作の小説を楽しまれた方がいいと思います。

 それまで、既に映画化された藤沢作品『たそがれ清兵衛』、『隠し剣』シリーズなどはいかがですか。

 蛇足ですが・・・『雨あがる』(山本周五郎著)、『壬生義士伝(浅田次郎著)などの時代物も映画、原作ともに面白いです。

参考URL:http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4101247218/qid=1119738693/sr=1-1/ref=sr_1_10_1/249-5800437-7146759#product-deta

投稿日時 - 2005-06-26 08:07:50

補足

結論ですが、やっぱり映画を先に見てから原作を読むことにしました。皆さんの意見が凄く参考になり、迷いが晴れました。
10月まで待ち遠しく手を出してしまいそうですが…

藤沢作品のほうも読んでみたいと思います。本当に有り難う御座いました。

投稿日時 - 2005-06-27 17:45:03

お礼

本当に待ち遠しいです。TVドラマのほうも凄く好評だったみたいですね。映画と原作をみたら、そちらのほうも見てみます。
あ、あとさっそくたそがれ清兵衛を借りてきました。笑
藤沢作品の玄鳥を読んでみたのですが、場面の想像がしやすい上、さわやかで話の終わりも凄く上手でとても面白かったです。他の本も読んでみたいと思います。
ありがとうございました。他のおすすめしてくださった二つもこれから読んでみます。時代劇ものも探していたので嬉しかったです。

投稿日時 - 2005-06-27 17:43:40

ANo.3

#2の補足ですが以前NHKで連続ドラマになったときはなかなかいいできで原作をあまり損なっていなかったです。
今回の映画もそういった物になると期待して入るんですが。

投稿日時 - 2005-06-24 02:07:53

お礼

公式サイトで監督のことを見たのですが、15年もかかって生み出されたものなのですね。
絶対映画化はしないと作者が言った作品を信頼を勝ち得て映画化にできたらところも素晴らしいと思うし、この役にはこの役者しか、と選んだ理由も凄くわかりました。
原作が大好きな監督なので大丈夫そうな気もしてきます。
回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2005-06-24 07:00:04

ANo.2

私も原作が好きです。
ただ少しだけ堅めの文章なので読み続けるには時間と心の余裕がいりますが読み終わった後にはきっと満足感があると思います。

投稿日時 - 2005-06-24 00:18:11

お礼

堅めの文章大好きです!amazonなどを見ても満足感の残る作品だと書いてあったので、読んでみたいです。
藤沢周平氏の他の作品を先に読んでみます。
回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2005-06-24 06:52:32

ANo.1

原作が大好きです。個人的には原作ものは映画やドラマを咲に観てから原作に渡来した方が違和感がないと思います。どうしても原作を先に読んでしまうと頭の中で自分でイメージを膨らませてしまいますから。

個人的にはテレビドラマの内野さんも、映画の染五郎さんもどちらも「あり」かと思います。

投稿日時 - 2005-06-24 00:15:55

お礼

そうですよね、やっぱり膨らましてしまいそうです。
テレビドラマのは見たことがないので、凄く残念です。どちらも凛々しくて素敵なかたがたですよね。
木村よしのさんも大好きなので、原作見たことはないのですが、役者で嫌になることはなさそうで嬉しいです。
回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2005-06-24 06:47:12

あなたにオススメの質問