こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

ベースのピック引き

ベースをやって1ヶ月の物なんですが、質問が2つあります。

1つは左手で弦を押さえる時1本の指に対して1つのポジションというのを意識
してやっているので、弦を押さえていない指が弦から離れ
どうしても立ってしまいます。これはなおしたほうがいいのでしょうか?
教則本の写真は弦を押さえていない指も弦の近くや、
下の弦の上にあったりしたので。。

もう1つはテンポが早めの曲をピックでやろうと思い、アップピッキングを
練習してるんですが、スムーズにいかず引っかかってにごった感じの音がでます。
何かアップピッキングをやる時のコツなどってないですか?
練習を重ねるしかないのでしょうか?

2つとも初心者な質問ですが、よろしくお願いします。

投稿日時 - 2005-06-26 23:17:29

QNo.1475360

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

弦を押さえる指についてですが、可能なら余った指が跳ね上がらないように矯正することを意識して練習する方が良いと思います。
指が跳ね上がるのは、その次にその指を使うときに動かさなければいけない距離が大きくなる分、不利になることも考えられます。 実際の演奏時に、癖として指が跳ね上がってしまうことについては、その場でその都度細かに注意する必要はそんなにはないかも知れませんが、少なくとも、個人練習の際に、そうした指を跳ね上げないようにすることを意識した練習を取り入れてみることは、いろいろな意味で有益だと思いますよ。

ピックを使ったピッキングで、アップピッキングがうまくいかないというのは、ダウンピッキングの方にも何かまずいところがあるのではないかと思います。 アップピッキングとダウンピッキングとで、大きくピックの軌道や要領が変わってしまうのは、音の粒のバラつきを生みますし、演奏もやりにくくなるでしょう。
ダウンピッキングの時に、ピックが直線的に動くような軌道になったりはしていないでしょうか。 肘の曲げ伸ばしでピックを振り下ろしていたり、ラフにピックを振り回したりしていると、アップピッキングの時にピックの軌道が安定しないと思います。 ダウンピッキングでもアップピッキングでも、ピックの先の弦に対する入りの深さがなるべく均一になるように、両方向のピックの軌道が近くなるように意識してみるのが良いと思いますよ。
ピッキングは、スナップをうまく利用するようにするのが良いと思います。 扇子で扇ぐときや、体温計を振るときなどの手首の動きは、スナップを利かせる動きに通じるものがありますので、その動きを参考にしてピッキングに利用してやるのが良いと思いますよ。
また、ピッキングの際には、弦をピックで弾き飛ばすのではなく、弦を震わせてやることをより強く意識する方が良いでしょう。 ピックで弦を引っかき上げて跳ね飛ばすのではなく、ピックの先に弦を乗せて引っ張り、そこから弦をピックからこぼれ落ちるように離してやることで、弦が震えるように意識するのが良いと思います。 弦にピックが引っかかる時には、弦に負けるようにピックをしなやかに抜いてやると、だいぶ楽になると思いますよ。
あとは、慣れだと思います。 ピッキングは案外難しいものですので、少し時間はかかるかも知れませんが、あせらずに取り組むことをお勧めします。

参考になれば。

投稿日時 - 2005-06-27 01:29:34

お礼

アドバイスありがとうございます。
ものすごくよくわかりました。参考に練習していきたいと思います。

投稿日時 - 2005-06-27 22:46:18

このQ&Aは役に立ちましたか?

9人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.2

質問者さんの志向されている音楽のタイプによっては的はずれの回答になってしまうかもしれませんが...

押さえる方の指についてですが、ひとそれぞれのやり安さというのもあるので、運指に支障がなければ、No.1さんも仰っている通り特に直す必要はないと思いますよ。
ピッキングの件については、人差し指と中指使用のツーフィンガー・ピッキングの場合は親指をピックアップにのせて、小指と薬指は握るように折りたたむクセがついちゃってるかもしれませんが、ピックによる演奏は薬指と小指はピックガードにのせて、それを支点に親指と人差し指でピックを持った指を円の形で手首を手前に返した形(仏像が座禅を組んでいる手の形、あるいは“お金”を意味する時の手の形)にしてブリッジ側よりもネックに近いほうでピッキングをしてみてはいかがでしょうか。
実際にこういう感じ、というのを見てもらったほうがわかりやすく、文章にするとわかりにくくなってすみません。

また、ピックも大きい物(FenderやCharvel製の正三角形型のもの。ベース・プレイヤーではないですが、カルロス・サンタナが使用しているような物)を使用なさってみては?

ただ、ベース弦はギターの巻弦よりも全然太いのでピック使用でのアップ&ダウンピッキングではどうしても「ガリン」という感じの音になってしまいます。ロックでは、例えばビリー・シーンやVan Halenのマイケル・アンソニーなどは曲によってあえてそれを狙っている場合もあります。

投稿日時 - 2005-06-27 01:03:18

お礼

アドバイスありがとうございます。
僕が出来ていない所をちょうど指摘してもらったので、そこに気をつけて
頑張りたいと思います。

投稿日時 - 2005-06-27 22:49:42

ANo.1

指が立ってるとかは、そう気にする必要はないかと思います。
練習を重ねてゆけば、あるべき場所に落ち着いてゆきます。
ピッキングも同じです。
ただ、自分の体とベースの位置関係は工夫してみましょう。
私の経験で言えば、ストラップを少し短くしただけで、
すごく弾きやすくなったことがあります。
肉体的なものとプレースタイルの個人差があるので、
自分自身の研究と工夫が必要だと考えます。

投稿日時 - 2005-06-27 00:24:18

お礼

ありがとうございます。
いろいろ時間をかけて研究、工夫していきたいと思います

投稿日時 - 2005-06-27 22:53:43

あなたにオススメの質問