こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

弁護士依頼について

友人から相談を受けて困っています。
友人(女性)は現在ストーカーに遭い警察に被害届を提出しています。自宅以外に勤務先への電話等のつきまといで現段階において警察は“度重なる付きまとい行為”とか色々と書類の作成などとゆう著な対応で先日生活安全課よりストーカー相手に警告を発してもらったものの、今度は被害である友人の周囲に“伝言”してほしいと連絡してきています。友人は“接見禁止の仮処分申請”を提出しようと弁護士事務所で相談をしたところ、手付金50万円・成功報酬50万円と言われ、そんな大金はとてもだせる余裕がありません。
よく“国選弁護士”という言葉を耳にしますが、今回の申請をするにあたり、国選弁護士を依頼できるのでしょうか?方法等詳細をご存知の方お知恵をお貸し下さい。

投稿日時 - 2005-06-30 10:37:41

QNo.1482406

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

国選は刑事での起訴後の被告人のためのものですから、これは他の方たちが言われている通りのものです。

友人が相談に行かれたその弁護士(接「近」禁止の仮処分)は、かなりぼってると感じます。

何カ所か、弁護士に行きましたか。何人か当たって、これは良さそうだと思えば、多少の費用はかかりますが、弁護士に依頼するほうがベターです。

見積もりを要求されたら、出す「努力義務」が日弁でも認められました。何カ所か行って相見積もりをとる。プラス人柄です。

薦められるとしたら、若い女性弁護士で、離婚事件を多少手がけている女性弁護士のほうがいいかもしれません。

弁護士会の運営している相談センターで、女性弁護士が担当日のときに相談に行ってみるようにしたらどうですか。

なお、現時点では、規制法の「つきまとい等」の認定が警察によりなされており、警告がでている段階ですね。引き続いて、警察の援助措置を受けつつ、仮の命令、禁止命令、それでも相手方が従わねば、懲役ないし罰金という刑事罰も科されます。相手方も警察に任意で呼ばれて説得されている段階です。

警察の担当者と連絡を密にとりながら、相手方が応じそうもないときに、接近禁止仮処分を現実に考えたらどうでしょう。今は、一次的には警察に任せておくほうがいいです。

それとも、警察が介入してからも、一向につきまとい等が減少したり、収まらないのでしょうか。そうであれば、警察にその旨連絡するとともに、保全申し立てをするのは当人にとっては、確かに急を要するものですが。

なお、ここは意味が伝わってきません。

今度は被害である友人の周囲に“伝言”してほしいと連絡してきています。

投稿日時 - 2005-07-02 19:13:26

お礼

ご親切・丁寧なご回答に感謝致します。
“今度は被害である友人の周囲に“伝言”してほしいと連絡してきています。”といのは、友人の会社の同僚に電話で友人に直接話しをする事はストーカー規正法があるのから・・・伝言してほしい「会社に勤務し難いようにしてやる」との事です。

ここ1週間ほどは音信不通です。

警察に蜜に連絡をとり、不足の事態が起きないよう強力しようと思います。

大変参考になりました。有難うございます。

投稿日時 - 2005-07-04 17:57:17

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(6)

ANo.5

p-p

申請書類の手続きや相談 なら 行政書士さんでもやってくれますよ

弁護士ほど 権限が無いので 代理交渉とかはできませんが
弁護士よりは コストは安いかも
メール相談にのってくれるところもあるので
ストーカ^ 相談 事務所 法律 プラスすんでる地域で 検索してみてください 

投稿日時 - 2005-06-30 20:48:42

お礼

“行政書士”さんでもOKとは・・・全く思いもつかなかったです。
有難うございます。

投稿日時 - 2005-07-04 17:51:57

ANo.4

弁護士はボランティアではなく、民間の業者ですから、お金を払えない人には敷居の高い存在です。報酬は先生によって多少上下しますから、複数あたってみて、自分で確認する必要があります。

なお、弁護士会での無料相談は、相談の最初のとっかかり部分だけで終了します。事件に対応してもらうためには、契約を結び報酬を支払う必要があります。

投稿日時 - 2005-06-30 20:32:28

お礼

ご回答有難うございます。

弁護士報酬の高さにビックリ致しましたが、弁護士会・無料相談等で聞くよう進言したいと思います。

投稿日時 - 2005-07-04 17:50:46

ANo.3

いわゆる国選弁護人は刑事の被告人につく弁護士ですから、今回のような場合につくものではありません。
無料相談などがありますからそれで相談してみて下さい。
弁護会に電話したらそれについて教えてくれます。

投稿日時 - 2005-06-30 11:08:40

お礼

ご回答有難うございます。
弁護士会に尋ねるよう進言致します。

投稿日時 - 2005-07-04 17:49:10

ANo.2

国選弁護士は無理でしょうから、弁護士会に電話して話を聞きましょう。

投稿日時 - 2005-06-30 10:46:44

補足

お礼の文章間違ってしまい申し訳ございません。
有難うございました。

投稿日時 - 2005-07-04 17:46:53

お礼

お礼が遅れ申し訳ございます。

ご回答有難うございます。

投稿日時 - 2005-07-04 17:45:58

ANo.1

国選弁護士は犯罪の裁判の際被告人に適応する制度です。
弁護士はたくさんいるので他を当たってください。

投稿日時 - 2005-06-30 10:44:32

お礼

お礼が遅くなり申し訳ございません。
ご回答有難うございました。

投稿日時 - 2005-07-04 17:44:09

あなたにオススメの質問