こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

ノーといえる日本

 日本はアメリカの政策に対してなかなかノーといえないようですが、
 1、たとえばイラク戦争の時など、ドイツやフランスのようにアメリカの政策について反対したらどのような事態が起こるのでしょう。日米間に亀裂が生じた場合、軍隊を日本から引き上げるというような事態になりうるのでしょうか?日本に基地を置くことはアメリカにとっても大きなメリットだと思うのですが・・・。
 2、仮に軍隊をひきあげてもらって、その後も今まで通り仲良く、但し、お互いに独立国家として、独自の意見を持つ、ということは不可能なのでしょうか?
 3、アメリカの軍隊が日本にあることは、日本とアメリカどちらにより大きなメリットがあるのでしょう?
 よろしくお願いいたします。

投稿日時 - 2005-06-30 11:57:40

QNo.1482561

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

1.突然軍隊を日本から引き揚げるようなことはないとは思います。短期的には、米政府高官による日本に対する遺憾の意の表明程度で、特に大きな変化はないでしょうね。
中長期的には、日本に対する遠慮が(今以上に)なくなり、日本政府・国民の主張を無視する形で米軍再編成が進んだりするかもしれません(例えば原子力空母・原子力潜水艦の日本の港への配備、沖縄への戦略爆撃機・海兵隊の増備など)。
また、日本との同盟の位置づけがアメリカ政府内で低下すると、アメリカ政府内で親中・反日の動きや、親北朝鮮・反日の動きが見られるかもしれません。

2.不可能ではありませんが、日本にとっては険しい道でしょうね。理由は、日本が未だ安定したとは言えない極東に位置していること、日本が(経済的に、あるいは今後は政治的にも)大国を指向していることが挙げられます。

日本は周辺各国との間に領土問題を抱えており、既に実効支配を奪われてしまっている北方領土・竹島を除いたとしても、例えば尖閣諸島・沖ノ鳥島については少なくとも実効支配を保たねばなりません。ですが、これらの島々を守るには日本に防衛力が必要です。さらに、朝鮮半島有事の際にも、日本に防衛力がなければ大変なことになる可能性があります。
しかし、日本の防衛力は非常に偏っています。隣に急速に軍備拡張を進めている大国が位置している(しかもその国家は尖閣諸島・沖ノ鳥島について日本と領土問題を抱えている)にも関わらず、日本の防衛力の整備については政治的な制約が数多くあり(核軍備は出来ない、弾道ミサイル防衛も自国だけでは不可能、離島を保持するための長距離侵攻能力も整備できない)、アメリカの軍事的プレゼンスは日本にとって必要不可欠と言えます。
もっとも、尖閣諸島(および東シナ海の海底資源)・沖ノ鳥島(太平洋の海底資源)の領有を事実上放棄し、朝鮮半島有事についても即座に白旗を掲げる勇気(無謀?)があれば、どうということはありませんが、それは険しい道であることを知る必要があります。
もちろん隣国からの防衛のために、自国の防衛予算を隣国並みの速度(年8~10%?)で急増させるという手もありますが、それが良い手なのかどうかは判断にお任せします。

また、日本は既に経済大国であり、今後は政治的な大国にも名乗りを挙げています。これらの地位は、日本の安定が保たれていることによって獲得し得るものです。アメリカという後ろ盾を失った状態で日本が大国としての地位を保持することはまず不可能でしょう。

3.どちらの国にもメリットはあるでしょうね。日本にとっては死活的な問題と言えますし、アメリカにとっては世界戦略上欠かせない位置に日本という同盟国を持つ意義は大きいでしょう。

投稿日時 - 2005-06-30 12:26:24

お礼

詳しいご説明ありがとうございます。
やはりアメリカの絆は、良い意味でも悪い意味でも、お互い切っても切れないものなのですかね。

投稿日時 - 2005-06-30 13:06:36

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

1,2,3への直接の解答ではないですが、
突き詰めて考えれば、近隣諸国と和平が結べれば、米軍のであれ日本のであれ軍事力に頼る必要はなくなるんですけどね。
なかなか難しいようですが、相手国を嫌おう嫌おうとして嫌ってるような方向や、
「もし有事になっ『たら』」に気をとられるあまり「有事にならない『ように』」がんじがらめに手を打つ!みたいな部分が足りなくなってる気がします。『たら』を大切にして軍備を強化したり法律を変えたりすれば、それだけ相手国への無意味な刺激になって、お互いの疑心暗鬼が高まるだけですから。
もっと政治力や経済力で「けして日本を攻撃できないわ」という縛りを作ればいいのにと思ったりします。軍とか武力は、本当には抑止力にはならない。

法律を参戦できるように変えてしまって、アメリカがイランかなんかを攻撃しようというときに日本も派兵しなくちゃならなくなると困るのですが、そうしてでも、アジアの是が非でも和解を結ばねばならない国に対して「あんなひどい国とは和解するまい!」みたいな「沽券」を大事に思う日本人が多いのは残念なことです。

投稿日時 - 2005-06-30 12:57:44

お礼

その「縛り」が軍事以外でできないものでしょうか・・。このままだとどんどんアメリカの言うなりの日本になりそうで残念です。

投稿日時 - 2005-06-30 13:08:38

ANo.1

日本にメリットがあるんじゃないでしょうか?
だからといってはなんですが、基地の土地代、施設維持費、人件費など日本が出しています(思いやり予算)

投稿日時 - 2005-06-30 12:14:35

お礼

ありがとうございました。
思いやり予算・・・
いまだにこれが続いている合理的な理由がよくわかりません。

投稿日時 - 2005-06-30 13:04:47

あなたにオススメの質問