こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

保険などの受取人について

私はアメリカ人の夫とアメリカで暮らして3年になります。最近、アメリカの保険やら、年金などのことで
色々と疑問があります。どなたか教えてください。
家の主人は教師で、勤務先の学校では福利厚生として教師に生命保険をかけているらしいのですが、加入した時点(10年くらい前)彼は独身だったので、受取人は特に指定していないようです、彼曰く、
指定してなくても、自動的に配偶者が受取人だから、大丈夫だよ。とのことですが、彼も私同様、お金やそれにまつわる法律についてはまったく無知なので、どうも、彼の言葉だけでは信用できません。
また、彼は、州の教師専用のリタイアメントシステムに加入して、年金はソーシャルセキュリティーからではなくそこから出るようになっているのです。これも、万が一加入者本人が亡くなった場合は、配偶者に
ある程度の年金が支払われるようになっているそうなのですが、
こちらも、生命保険同様、特に受取人という形では手続きしていない様です。万が一の時のことばかりなので、あまり、主人にしつこく聞くことも出来ず、でも、後悔するようなことにならないようにしたいと思います。 主人の言うように、特に受取人の指定がないときは
自動的に配偶者に受け取りの権利は来るものなのでしょうか?

投稿日時 - 2005-07-02 04:38:58

QNo.1486301

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

まず保険に関してですが、福利厚生として生命保険をかけている、という意味がよくわかりません。
その保険の内容と利益の受給者に関してはInsueanceの書類に書いてあると思うのですがどうなのでしょうか?生命保険でしたらCertificateなどがあるはずですからその契約書類をを読めばいいのでは?、
民間の保険の受取りを法律で定めることはありません。もし法律が関係するとすれば、保険の受取人が法律的な関係に基づく親族が本人以外の受取人という場合のみです。

年金に関しては州のそのリタイアメントシステムの担当部署に電話をして、どのような受給システムかを説明してもらえばいいのではないですか?
しかし一つ疑問があるのですが、ということはSSは支払っていないのでしょうか?SSではなく、そのリタイアメントプランに積み立てというか支払いをしているということですか?
アメリカでは州(State)が国(Federal)より優先される事柄は数多くありますが、SSはFederalの管轄ながら、アメリカ人であれば当然支払うものと理解していましたが、どちらの州にお住まいなのでしょう?そのような州もあるということなのでしょうか?

いずれにしても、こちらで聞かれても保険や州の法律などはそれぞれで違いますから一概にお答えできるものではないと思いますが。

自分が長年アメリカに住んでいて思うのは、殆どの契約関係には必ずその説明が書かれている文書が存在するということです。
それを読んで理解するのは契約者の権利であり義務です。
知らなかったというのではすまされないものでしょう。
また今は公的書類や条文は殆どネット上で読めると思うので、それで調べてみてもわかると思いますが。

一応今のままでは情報が足りないので補足要求にしておきます。

投稿日時 - 2005-07-03 05:05:17

お礼

このたびは、回答して頂ありがとうございました。
お礼が遅くなって済みませんでした。
アメリカで住むのは本当に分からないことばかりで、
不安になることばかりです。
これからもどうぞよろしくお願いいたします。

投稿日時 - 2005-07-09 02:25:25

ANo.1

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

あなたにオススメの質問