こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

TOEICの点数高いけど、英語に自信がない!?

派遣で応募の条件でTOEIC~点以上とかありますが、
あれってまともに信じていいのかなと。。。

というのも、最近派遣会社からお仕事を紹介してもらうんですが、その仕事はジュニアセクレタリーのお仕事で、私は秘書未経験でずっと貿易事務で働いてきました。
TOEICの点数は、応募条件の点数よりも上の点数805点を持っています。でもなんか自信がないんです。
点数が高いけど、いきなりこんな書類作ってと、何も下書きもない仕事を渡されたとき、途方にくれたり、この英語あってるのかな!?となってしまいそうで。

こんな風に、点数は高いから仕事を請けたけど、失敗して恥かいた!という方、いらっしゃいましたか?

秘書って、どのくらいの英語力が必要なんでしょうか。書類作っといて、といわれるぐらいなら、論文の一つ英語で書けなくてはいけないんでしょうか。

大人しく貿易事務の仕事請けたほうがいいのかな・・・自分を試してみたいとも思うんですが、ほんとにTOEIC805とったの?とか思われて恥をかくんじゃと思うと、ちょっと考えちゃいます・・・

投稿日時 - 2005-07-10 11:06:03

QNo.1503479

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

長年外資系で秘書をしていますが、秘書に要求される英語の文章力は、そんなにレベルの高いものではないと思いますよ。
ましてやジュニアセクレタリーと言う事であれば、上にシニアセクレタリーの方が居るのでしょうから、きっとその方の補助的業務なのではないでしょうか?

職場で使う書類には、必ず雛形が有ると思いますし、ましてや派遣で来たばかりの人にいきなり「こんなの作っておいて」と新しい書類の作成を依頼される事は無いと思います。(英語が分かる人が誰も居ない会社で、「英語が出来るんなら、通訳翻訳など英語に関する事は何でも出来るだろう」と言う勘違いをしている人ばかりの場合は有り得ますが、そんな会社への派遣では無いですよね?)
うちの職場では、英語が得意でも英語圏出身でない外国人は正式な書類は必ずネイティブにチェックしてもらっていますから、完璧な英文書類を書ける人を求めるならネイティブを雇うはずですし、そんなに心配は要らないと思います。

それに、最初のうちは分からない事はどんどん周りの人に聞けば良いと思います。仲良くなるきっかけにもなりますしね。まあその場合も、ある程度叩き台になるものを作るなり努力の跡を見せないと「何でも聞きに来てばっかり」と言われかねないので、職場で頼まれる仕事の様子を見て、英文レターの書き方等の本を購入するなり、きちんとした辞書を買うなりした方が良いかもしれませんね。
インターネットが使える環境であれば、ALCの英辞郎はお勧めですよ。(下記URL)

書類作成の仕事はある程度時間が有り、辞書などで調べることが出来ますが、一番重要な(と言うか困る)のは外国人からの電話の応対ではないでしょうか?
TOEIC805点と言う事はある程度聞き取りもお出来になるでしょうから、大丈夫ではないかと思いますが、外国人の名前は聞き取りにくいですから、自信が無ければ必ずスペルアウトして貰って下さい。これは同僚のネイティブもしょっちゅうやってますので、全然恥ずかしいことではないと思います。その他の分かりにくかった点も、良く聞き返した方が、間違って聞いてトラブルになるよりずっと良いと思います。(相手も外国人が電話を受けていることは分かっていますから、根気良く説明してくれると思いますよ)

今までいろんな職場で秘書を経験してきましたが、正直言って「英語TOEICXX点以上」などとうるさく言う割りには、大した仕事をさせてくれない職場の方が多かったので、あんまり心配する事は無いと思いますよ(と言うか、仕事がつまらなくてがっかりしないと良いですが;)

もし英語力が足りなくて仕事が上手く出来なくても別に人生が終わるわけでも無いですし、それを機にまた英語の勉強をすれば良いんですから、当たって砕けろで挑戦してみると良いと思いますよ。
頑張ってくださいね。

参考URL:http://www.alc.co.jp/

投稿日時 - 2005-07-10 14:37:44

お礼

経験者の意見、大変参考になりました!!!

が今回は秘書への憧れが先行していて、自分に合っているのか考えていなかったんです。
自分のペースで仕事が出来る方がいいのでは?
と思い始め、結局貿易に落ち着くことにしました。
上司のために資料を作っていることを想像してみたら、なんだか違和感が。。。
自分で使う資料ばかり作ってきたので、それならやる気が起きるんですが(汗)

外資の秘書はかっこいい!って思って挑戦してみようかな?と思ってしまった自分がアホみたいです。

これからは自分の適性を考えるようにします(汗)
でも自分の性格に合っていれば、秘書ってやってみたいものです^^;

投稿日時 - 2005-07-13 11:33:05

ANo.5

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(6)

ANo.6

私の知人の知人は、まぐれで高得点が出てしまい、それを履歴書等に書いたら
英語を使う仕事の紹介がどんどんきたそうです。
でも自分で自信がないまま引き受けたら、ボロボロで即辞めたとか。

私は英語は苦手ですが、外資系企業場二度受けたことがあります。
一度目は派遣で、自分で紹介をお願いし「英語レベルは?」と質問しましたが
派遣会社もよくわからない様子。こちらで質問したら、外資でもいろいろあって
やはり英語が得意な人に代わればいいパターンもあるそうです。
二社目は英語の試験もあったのに受かってしまい、受かってから「英語が
嫌いでは無理」と言われ、好きではないので断りました。
かなりの英文を自分で訳さないといけないということでした。

こういった情報は、派遣会社を通してまず確認し、顔合わせでも確認すれば
失敗はないと思います。

投稿日時 - 2005-07-10 19:44:15

お礼

仕事が向いているか、向いていないかって大事ですよね。

英語は苦ではないんですが、補佐的業務が好きか全然考えていなくて、憧れだけが先行していました。

英語に自信がないなら、入ってから死に物狂いで頑張れば!と一時思うようになったんですが、
秘書業務をしている自分を想像したらなんか違和感感じたんですよね。
自分で使う資料を作るのは好きなんですが・・・

なので秘書、やってみたいけど向いていないと思うので、あきらめることにしました(汗)
お騒がせしました。。。

投稿日時 - 2005-07-13 11:38:17

ANo.4

私はTOEIC970点・英検一級で外資に長く働いていましたが、正式な文書を書けといわれれば、やっぱり自信ありません。母国語じゃないって、そんなものじゃないでしょうか。

ただ、文章にはパターンがありますから書き慣れれば何とか形になると思いますよ。私は、重要なものは出来るだけネイティブにチェックしてもらっています。今の会社は日系ですが幸い英文チェッカーと契約してるんで。そんな余裕がないときは、自信のないところは固有名詞をはずして""でくくって同じ文例があるかgoogleで検索してみます。全然、引っかからなかったら怪しいと思って少し変えたり。googleで文例を探すのはニュアンスがよく分かりお勧めです。

投稿日時 - 2005-07-10 12:14:32

お礼

母国語ではないという壁は厚いんですね^^;
でも少しほっとしました!
ありがとうございました。

投稿日時 - 2005-07-13 11:20:20

ANo.3

【ご参考です】
一部上場企業の海外営業担当です。当社では秘書は外人の来客や電話時に内容が分って、回答する程度の英語を必要としていますが、ビジネスに関する件は、偉いさんから担当部署にスピーチ原稿や返信メール原稿を書くように依頼があります。
これは秘書がすべての業務や政治的な力関係に精通している訳では有りませんので、現場の担当者が原稿を書いて承認を貰うようになっています。
会社によっては偉いさんが秘書にそのような仕事をさせるところもあるでしょうから、仕事の内容を確認された方が良いでしょう。
TOEICの点数は1つの判断基準になっていますが、それは通常の会話が出来るのと、文法的に正しい英語(特にオフィシャルな手紙)を書けるのが同じじゃないという事です。
私は駐在経験を含めて、英語でのコミュニケーションは自信がありますが、正式な手紙となると、かなり気を遣います。必要で有ればネイティブに確認をします。

投稿日時 - 2005-07-10 11:44:56

お礼

秘書といっても会社によって業務内容が違ってくるんですね。
参考になりました。
ありがとうございました!!

投稿日時 - 2005-07-13 11:18:18

ANo.2

こんにちは。
とってもお気持ちわかりますー
私もTOEICで800点以上ありますが全然自信がありません。

秘書経験はありませんが、外資のシステムアドミニストレイター、リーガルアシスタントやってました。
面接の際にあまり英語には自信がないとは伝えましたが、さすがに部長等英語に堪能な方が多く、自分達が最終チェックするからということで、だましだまし仕事をしてました。

ビジネス英語には全く自信なくソースネクストのビジネス会話?とかあの辺のソフトを丸暗記しました。
書類作り、電話に関してはフレーズが決まってるのである程度それで対応できました。
どうしてもわからないとこはアルクのサイトやエキサイトの翻訳で検索かけてそれらしいのをでっちあげます。
でも一番苦労したのは、社内のPCシステムが全部英語版だったことです。イントラネットも部署表示もすべて英語でとまどいました。あと専門的な単語にも苦労させられました。暇な時に片っ端から知らない単語のデータベースを自作しなんとか対応できましたけど。。。。

あまり参考にならないかもしれませんが、面接ではビジネス英語に自身がない旨正直に伝えたほうがいいと思います。
私はPCには少し自信があったのでそれで大目にみてもらえたのかもしれません。

投稿日時 - 2005-07-10 11:35:06

お礼

回答者様の努力の道を読んで、見習わなくては!
と思いました。
日々、努力ですよね、どんな仕事も^^;

投稿日時 - 2005-07-13 11:16:11

ANo.1

点数と実務の実践英語は別と思った方が良いですよ、他の業務でも資格があっても実務で速使えるかは別問題です。現場の仕事は教科書通りではなく、先輩や上司等に教えてもらい、指導してもらいでだんだんその職場に慣れていきます、恥をかくのは当たり前と思って気楽に。

投稿日時 - 2005-07-10 11:23:44

お礼

恥をかかないように!といつも考えていたので、
それじゃだめなんですね。

もっと図太くいくべきなんでしょうね(汗)

投稿日時 - 2005-07-13 11:11:33

あなたにオススメの質問