こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

部活と勉強のちょうどよい配分

アルバイトで塾で教えています。
生徒を見てるとふしぎなのが、部活が毎日のようにあって勉強する時間が限られているようです。私の中学・高校では、部活は自由参加で、部活<勉強という感じでしたが、いまの子たちは部活>勉強という感じで中学・高校の先生もやらせているようです。

そんなに部活をやらせたからといって必ずしも進学にプラスにならないようです。高校生では部活が8月に終わりようやく受験勉強をスタートするのですが、勉強不足で浪人する子も見てきました。

部活にどの程度力入れようが、それは個人の趣味でよいのですが、受け持つ生徒を見てるとそこまでドライにもなれません。

そこで部活と勉強の割合は本来どうあるべきなのでしょうか?こんなこと質問しても答えは出ないと思うのですが、よろしくお願いします。ぼく自身答えはあるのですが、部活をそこまで熱心にやったことがないので別の見方も聞いてみたいと思いまして・・・。

投稿日時 - 2005-07-11 01:35:08

QNo.1505192

暇なときに回答ください

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(7)

ANo.7

僕も以前、塾の講師をしていた際に感じたのが、質問者さんと同様で、部活>勉強でした。
まぁ~勉強が一番でもなければ部活は禁止とも言えません…。
でもやはり支障のない程度の部活であればいいのですが、最近はとくに学校側で名前を売るためかかなり部活にも力を入れているようです!
そもそも生徒が楽しんでやるからこそ部活であり強い弱いを2の次ですね♪やるからには強くなりたい=練習ですが…。
難しいところですね(-_-;)
僕が中学の頃の塾の先生は非常に厳しく、『部活(例えば野球部)をやるのであればプロ野球選手になれ!それであれば塾など来なくていい!』って毎回、休んだ生徒や遅れてきた生徒に怒鳴ってました…。
さすがに僕はそこまでは言いませんでしたが(雇われなので…)、教える側からすると気持ちは分かります。でも中学生や高校生でも今後のために『両立』ということの意味(重要さ)を教えてあげるといいですよ!

投稿日時 - 2005-07-13 10:14:32

お礼

回答ありがとうございました。プロ野球などを見てて、この人たちと自分の見てきた生徒はちがうなと思います。
彼らのように類まれな才能があれば、生徒の嫌いな勉強をやらなくてもよいのでしょうが・・・。
両立を教えるというのはいいアイデアですね。でも、両立って大人でもむずかしいですよね?大人でも働きながら資格取る人なんてめったに見ません。大体、会社辞めて浪人生活を送り、会計士などの資格を取りますからね。両立を子どもでもできるものでしょうか。

投稿日時 - 2005-07-13 11:23:08

ANo.6

子どもたちの人生を、長い目で見てあげませんか?

目の前の進学だけを見れば、あなたのおっしゃるとおり、勉強の方が大切かもしれません。
しかし、その先の長い人生を考えれば、むしろ勉強と部活を両立させることが重要というケースもあるかもしれません。また、その子の能力や性格によっては、部活優先がいい、ということも、ひょっとしたらありうるかもしれません。

ある企業の役員のお話では、新入社員採用のとき、体育会系の部活経験をひとつの目安にすることもあるそうです。私などは文科系なので、そういう話を聞いてもあまり楽しくはないのですが、中学や高校の先生方は、そのあたりの事情をよくご存知にちがいありません。

価値観の問題ですから、勉強一筋という生き方もあっていいと思います。あなたのように、部活は趣味程度で、本筋は勉強、という生き方にも、もちろん異議はありません。
しかし、きつい思いをしながら部活と勉強を両立させている子たちは、まず、粘り強くなります。時間の使い方もうまくなります。そういう能力は、社会に出たとき必ず役に立つはずです。もちろん個人差もあるし、みんながみんなそうなるというわけではありませんけどね。
では、勉強をおろそかにして、部活一筋という子はどうか。それはそれで本人の問題ですよね。ただ、ひとつだけ確実なのは、部活を途中で投げ出す子は、勉強も途中で投げ出すことがある、ということです。

大学受験であれば、浪人覚悟で部活を続けるかどうか、本人が決めればいいことでしょう。
高校受験であれば、地域によって実情はちがいます。内申重視の地域では、5科目はできて当たり前、実技科目でもいい成績を取らないかぎり、地域のトップ高には入れないというところもあります。そういう地域の「勉強のできる」中学生は、内申をとるために、1年のときから勉強よりも部活を逆に優先させるということもあります。考えてみれば変な話ですけどね。

学生の本分は勉強であり、勉強を優先させるべきだ、と私個人は考えています。ただ、すべての子どもが必ずしも知的能力に恵まれているわけでもなく、また社会のすべてが必ずしも知的能力を必要としているわけではないということを踏まえれば、一概に勉強優先とは言いきれない気がします。

「子ども」や「生徒」というのは抽象的な概念ではありません。勉強はもちろん大切ですが、その子によって勉強と部活の割合は違ってくると思いますよ。

長々と書いてしまいました。塾でのお仕事、がんばってください。

投稿日時 - 2005-07-13 09:29:06

お礼

回答ありがとうございました。

ひとつ誤解があるかも知れないので確認しますと、
私も両立が一番だと思います。
この点がまず第一にあります。

しかし、部活忙しくオール2以下の子もおります。
そういう子は部活を週1日とかにセーブするべきだと思います。

>社会のすべてが必ずしも知的能力を必要としているわけではないということを踏まえれば、一概に勉強優先とは言いきれない気がします。

う~ん、どうでしょうか。私は社会の大部分が頭のよい人を欲しがる風潮はあると思います。たとえ1社にそうじゃない企業があったとしてもこのご時世その企業だけで働いていける確率はわずかに思います。その企業を投げ出されたら、低い学歴のまま、計算もろくにできないまま、社会に投げ出されてしまいます。
本当にwait4meさんがおっしゃるような社会であれば、大いに部活はやってもよいと思うのですが・・・。

部活をやり遂げるというのはある種聞こえはいいのですが、やりたいことをやっており、勉強から逃げている子がたくさんいます。たとえ部活をやり遂げたとしても嫌いなことから逃げる子が社会でつとまるでしょうか。

投稿日時 - 2005-07-13 11:19:35

ANo.5

>そこで部活と勉強の割合は本来どうあるべきなのでしょうか?

中々難しい問題ですよね(´ω`。)

僕は中高運動部をやっていました。
あくまで僕の周りを見て思ったことなんですが。
部活に一生懸命な人ほど勉強もよく頑張っている気がします。

長文すいませんでした。

それに、今、周りの友達で、高校の頃、運動部でハッスルしとけば良かったなんていう人がよくいます。

部活の友達は一生ものだし、もしそれで浪人した場合は、それは本人の選択な訳で。

バイトだって、何かのイベントに参加してみたり、趣味に走ったり、高校時代は何やったって良いと思います。

>部活にどの程度力入れようが、それは個人の趣味でよいのですが、受け持つ生徒を見てるとそこまでドライにもなれません。

この文を見ると、生徒の事(学力だけでなく)を良く考えてるいい教師なんだろうなあと、思いました。

生徒には、自分の経験から思う事を言ってあげたらいいんじゃないかなーと思いますよ(´ω`)
後は生徒が勝手にしたいようにしていきますよ。
僕は何やったって本人が後悔する事なんて無い気がします。

参考URL:http://www.geocities.jp/kurosyachi27/

投稿日時 - 2005-07-12 21:11:46

お礼

回答ありがとうございました。自分の信じる方向でやれ!ということですね。確かにその通りです。生徒も私の言葉を聞いてやりたいようにやるでしょう。そこまで影響力ありません。

こればかりは答えがありませんが、部活も勉強もできる、が一番ですね。これだけははっきりしてます。

投稿日時 - 2005-07-13 03:43:11

ANo.4

小生は、元来、部活は全員参加で、
部活から教わるゲームの運び方、勝つための手段等々いろいろ考え目標を達成していく過程には、その後の人生に強い影響を与え、教科書の載っていない経験をすることで芯の太い人間形成に役立つと思います。

『御質問の受験勉強の出遅れ』という点の影響は必ずあると思います。

部活(今しか出来ないことをする)が、社会に出てから、努力する(学歴をひっくり返す)のも難しい。
ならば、どっち

小生も傍観させてください。

投稿日時 - 2005-07-12 10:31:53

お礼

回答ありがとうございました。私も部活に参加する意義は大変深く感じております。やはり社会に出ての社会性が磨かれます。これは身をもって体験しております。

ただ、現状の部活環境を見ると、部活がいっぱい、いっぱいで勉強できなくなってる子もいます。そういう子は部活を辞めてでも勉強にがんばるべきのような気がします。

投稿日時 - 2005-07-12 20:50:21

ANo.3

塾の先生と学校の先生の、勉強や部活動を通しての子の心の成長や学力の向上に対する考え方の違いの問題のような気がしました。学校の先生は、勉強は本来塾でやらずとも、学校にいる間と家に帰ってからの予習復習をしなさいという指導をするのが普通だと思います。彼らもプロですから。学校の部活動で学ぶべき人間育成については、おそらくそこらへんの学習塾でも部活動レベルの指導をしてくれれば、塾にいく子も増えるかも。つまり塾に行くも行かないも、その子供(強いては月謝などを払える親)たちの自由ですし、貧乏な家の子は塾には行かれないのですから、全ての子供を同じに考えることは出来ないと思います。割合を決めるのも本人の自由。塾が必要な子供達(家計に余裕のある親)だけ、希望があれば塾に行けば良いのではないでしょうか?。勉強と部活。どちらも両立できれば素晴らしいですが、どちらか1つでも成功すれば、私はそれでよいと思っています。どちらもダメなのが一番良くないと思います。

投稿日時 - 2005-07-11 23:47:16

お礼

回答ありがとうございました。塾どうこうは関係ないという前提です。勉強と部活の優先順位をつけると、ioaaaoaさんは部活でもOKということですね。

私は精神的成長の観点から言えば、部活を成し遂げるでもまったくOKなのですが、現場で部活だけやって進学・就職面で不具合を受ける子たちを見るとそれだけでいいのかな?という気がします。

投稿日時 - 2005-07-12 20:45:24

ANo.2

こんにちは。私も#1さんと同じで中学・高校と吹奏楽部でした。

私は勉強はやはり重要なものだと思います。実際高校で学んだことから興味がわき、大学を決めたので。
 けれど私は高校時代、勉強より部活!という考えの方が強かったと思います。なにせ部活が楽しくて仕方なかったので。「休みはお盆を正月」くらいの勢いだったので、大変でしたが、たくさん学ぶことはありました。
 私は、普通科ではなかったので勉強が大変ではなかったということが大きかったのかもしれません。けれど検定前などは休み時間や朝学校に早く行って勉強していました。
 
 普通科の子をみていると部活と勉強の両立ができていたというのか、勉強も部活もどちらもしっかりしていました。3年生になって特にそうでしたが、朝早く学校に来て1時間勉強、1日部活のお昼休憩の間も勉強、テスト期間は最低、1時間楽器練習をしていかなけらばらなかったのですが、練習をしっかりして勉強していました。また、中には集中して勉強がしたいから2週間部活を休みたいという子もいました。
 普通科の子を見ているとやはり大変そうでしたが、行きたい大学に合格し、目標に向かってがんばっています。
 
 やはり勉強と部活の割合やがんばり度はその環境の中でその人自身が少しずつ試してみて、自分に合ったものを見つけるものなのではないかぁと思います。
長々と失礼しました。

投稿日時 - 2005-07-11 11:02:34

お礼

回答ありがとうございました。勉強はどうしても2の次になりますよね?それは勉強のたのしさを知らないからだと思います。受験勉強状態に入って、勉強に熱中してもやり遂げることは可能だと思います。

投稿日時 - 2005-07-12 20:51:51

ANo.1

 私は中学・高校と吹奏楽部でした。
私は勉強がすべてではないと思っていますし、この割合が正しい!とか
部活と勉強の両立はこうあるべきだ!という考えもありません。
 
 私は決して強い部活に入っていたわけではないですけれど、中・高共に
部活には個人的に力を入れて望んでいました。大会近くなると塾を休んでいたこともありましたよ。
 確かに、勉強は先につながるものですからとても重要なことだと思います。しかし、勉強だけが学校生活のすべてではないと思っています。
部活で新しい世界(スポーツや文化)を知り、そこから将来の道の選択肢が増えることもあると思います。学校生活の中で何をがんばったかを他人に聞かれたり、自分で振り返ったときに、「部活を頑張った」と胸を張っていえることってとても素敵なことだと思います。私は浪人してしまうことがマイナスイメージになるとは思いません。他人はどうあれ、自分がどのように学校生活を送ってこれたのか、この先の自分にその経験がどう生かせるのか部活から得ることって多いと思いますよ。
 
 教える側としては自分の価値観と違うことって首をかしげてしまうことってありますよね。私も以前アルバイトで勉強を教えていたことがありますので、経験があります。部活で疲れてうとうとしてしまったり、ぼーっとしてしまったり・・・。でも部活を頑張っている姿を知っていますから、そこはその子にあわせつつ、しかし、遅れがちにならないように気を配りました。
 「必ずしも進学にプラスにならない」とおっしゃっていますが、そうでもないと思いますよ。部活で頑張ったからこそ進学を決める人もいますし、その部活を続けたい、という意思で先を見て頑張る子もいます。

生意気な意見ですが、ご参考になれば・・・。

投稿日時 - 2005-07-11 02:48:12

お礼

回答ありがとうございました。
もう一度質問を読んでもらえればわかると思いますが、自分は部活のメリットも十分にあるとわかっておりますし、全否定しているわけではありません。やはり部活をがんばったということは自信につながります。

また、部活が進学にプラスになることもよく知っています。ただ、大学受験になると高校進学ほど部活が進学にプラスになりません。それはそれで部活をやる本当の意味ではないので進学にプラスになるかどうかは関係ないでしょう。プラスになるにせよ、ならないにせよ、部活と勉強の両立が大切だと思います。

ただ、極端に部活だけの子になっている子がおります。たとえば、毎日部活、テスト前も部活があり、テストの点数はかなり低い状況の子はそのままでよいのでしょうか。勉強もがんばらないといけないのではないでしょうか。将来を考えると選択肢が狭まりそうです。tsubastianさんのお考えだと、それでもよいと自分には映りました。

部活だけをがんばってれば胸を張れるかですが、部活だけがんばっているだけでは学校ではそんなに尊敬されないと思います。もちろん勉強がダメでも甲子園に出てたりすれば別ですが・・・。そんな子はめったにおりません。「部活を3年間やった。でも、勉強ダメだったから行くところなかった」なんて自慢できないと思います。

投稿日時 - 2005-07-11 03:11:36

あなたにオススメの質問