こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

バッテリートラブルを未然に防ぐ方法は?

車を仕事で使っています。車はホンダのFitです。
走行距離は年間3~4万キロぐらい。初回車検の12月までに
10万キロ突破しそうです…(汗)。
バッテリーは1度、交換しています。たしか半年ぐらい前。
カーナビ、ETC、家庭用電源インバーター(定格280Wのもの)など、
電装系を多用しているので、標準よりも少し大きい、40B19Lにしました。
エンジン始動の際、
通常は『キュンキュンキュンブォン』といった感じなのですが、
先日、『キューンキューーンキューン…ブォン』てな感じで、
スムーズに始動しなかった事がありました。
バッテリーが上がりかけているのかな?と思い、
1日、エンジンの回転数を高めにして走ってみました。
とりあえず、それから2~3日は、通常の状態に戻っています。
そこで、
バッテリーの負担を減らすには、どのような方法が効果的でしょうか?
私は普段、燃費の事もあり、一般道では1200~1500回転、高速では2000回転以下で運転するよう、
心がけています。が、これは実はバッテリーに負担なのかな?
と、思い始めています。
バッテリーの充電は、スピードが出ていると装填されるのでしょうか。
それともエンジンの回転数が上がると装填されるのでしょうか。
また、エアコンですが、設定温度を最低にして、風量を上げるのが良いのか、
設定温度はほどほどに、風量を下げるのが良いのか…。
今は、設定温度は最低に、風量も最低にして、家庭用電源インバーターを使って、
20W程度の小さな扇風機を補助に使っています。これで、結構涼しいです。
でも実は、インバーターを使わずに、車のエアコンで調整した方が
良いのかなぁー、とか…。
これから夏本番という事で、エアコンの利用時間も増えますし、
効果的にバッテリーを長持ちさせる事が出来ればと思っています。

良い解答があれば、是非ぜひ、参考にさせて頂きます。
よろしくお願いします。

投稿日時 - 2005-07-16 09:00:13

QNo.1516820

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

発電機は1200~1600rpmで最大発電可能になるように設計してあります。それ以上回転させても発電量は変わりません。アイドルは800rpm程度で十分です(発電量が半分)1000rpmですと発電量が(70%発電)ですがエンジン冷却にモータが電力をくうのでお薦めできません。

発電量はその発電機が発電できる最大能力からの割合で充電量ではありません。一応負荷がかるければアイドリングで560rpm程度でも十分発電するように設計はされているのですが電装品やワイパ・ヘッドライト・リアヒータ・エンジン冷却FAN・などが動作すると560rpmでは発電量が足りずバッテリーから拝借することになります。

車載用デジタル電圧計(乾電池式)でシガレットではなくバッテリー両端から計れるように線を延長(ヒューズを必ずつける 1A程度で可)をつけて12.6Vを下回らないかチェックする 理想は13.6V以上常にあること

エアコンは設定は温度低めで風量を下げるほうがいい
エアコンコンプレッサーの動力はエンジンからベルトで直接取っているので電気の消費は少ない

走行中オルタネータ(発電機)が冷えてきて1600rpm以上で走行している分にはエアコンの風量は大きくても大丈夫です。電圧13.6V以上ならなにをやっても大丈夫です。

投稿日時 - 2005-07-16 12:29:36

お礼

回転数、それほど上げなくても充電されるんですね。
それを聞いて安心しました。
エアコンは風量低めで設定低め…なるほどなるほど。
1600rpm以上で走行する機会というと…高速ぐらいですねー。
現状の走りだと、やはりこまめにバッテリーチェックは必要かな。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2005-07-17 21:54:06

ANo.5

このQ&Aは役に立ちましたか?

4人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(9)

ANo.9

クルマの発電機はオルタネーター(交流発電機)なのでコイルに流す誘導電流の多さで発電量を制御します、単純に回転数が上がればいいというものではありません。発電機が「ダイナモ」と呼ばれていた時代は回転数が下がれば発電量も下がっていましたので昔の車はバッテリートラブルが多かったのです。(←それも30年くらい昔の話です)もちろん現在の車でもエンジン止めているのに電気使うとトラブルになるのはあたりまえです。(アイドリングストップ車は対策しているので少々は大丈夫らしい)エアコンの電力消費の大部分を占めるコンプレッサの駆動に、自動車の場合はエンジンを使っているので、電力は送風のモーターだけですのであまり気にしないでいいでしょう。それよりもAC-DCインバータ使って扇風機回すことのほうが電力を消費しているでしょう。夜間の信号待ちなどでマメにライトを消す、ストップランプをLEDにしてみる、暑くも無い時にはエアコンきってみる。などいろいろ出来ることはあります。

投稿日時 - 2005-07-17 12:21:57

お礼

インバーター&扇風機は、あまりよろしくないようで(汗)
実は、前は携帯用に、20Wの小さいものを使っていたのですが、
扇風機を使ったら、30秒で壊れてしまい、280Wのものにしたんです。
失敗したかなぁ、と思い始めています…。
使っていない電装系はこまめに消す、やはり基本ですね。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2005-07-17 22:02:51

ANo.8

エンジン始動時に、エアコンのスイッチが
常に入れっぱなしじゃないですか?
夏場はエアコン使用で、バッテリーに負担
が多くかかります。

エンジンの始動前からエアコンのスイッチを
入れていると、セルモーターを回すのに電気
が使われ、エアコンのマグネットに電気が
使われ、そして点火系補器類の電力不足に
なりエンジンがかかり難くなり、また
バッテリーへの要求電流も増え、エンジンが
かかると今度はオルタネーターから発電された
高電流が充電されますので(高電流を使用し、
その直後に高電流を充電するので)バッテリー
の寿命が短くなるのです。

エアコンは、エンジン始動直後も控えましょう。

投稿日時 - 2005-07-16 19:52:56

お礼

昔は、そういう使い方をしていたのですが、
1つ前の車からは、エアコンを切った状態で、
エンジンのON/OFFしています。
やっぱり、効果あるんですね。
エンジン始動直後のエアコンも控えめに、というのは初耳です。
実戦してみます。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2005-07-17 21:59:08

ANo.7

バッテリー液の点検はしてます?MF(メンテナンスフリー)以外は液量は減っていき性能がおちていきます、

投稿日時 - 2005-07-16 19:42:10

お礼

バッテリーの液を見たところ、量は問題ありませんでした。
MFのバッテリーはいいですよね。
今度買い換えるときは、あれにしようかな、と思っています。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2005-07-17 21:57:20

ANo.6

No5様ので合っていると思います。エンジン始動系は良いものとしてバッテリだけを考えて

>バッテリーの負担を減らすには

通常の走行では発電量は十分なので、発電された電気が使われ、夜間でエアコン使用でもバッテリの負担はありません。街中の停止と発進を繰り返す様な状態でも発電量は十分確保されています(通常の使用では問題が生じない設計をメーカーがしている)。しかし渋滞になり、アイドリング状態に近い時、電装品を全稼働させると、バッテリからの持ち出しが増える事になります。対策は、
夜間渋滞で停止してエアコン使用なら、ヘッドランプを消す(10A節電)、エアコン設定温度を1~2℃上げる、カーナビを消す(2~10A節電)、車間を多めにしてエンジン部の風通しを良くする、「うちわ」を使う、等です。

投稿日時 - 2005-07-16 16:50:30

お礼

『うちわ』2つ装備しています(笑)
扇風機を導入する前はうちわでした。
腕が疲れるので、扇風機にしたんですけどね。
夜間はライトを使うので、特に気を使ったほうがいいですね。
ナビも、電源が切れればいいのに、走行中は付きっぱなしなんですよね。
モニターは使わないときは消すようになりました。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2005-07-17 21:56:24

ANo.4

インバイターを使って扇風機を回すのは無駄では?
インバーターの駆動に電気を使って、扇風機の駆動にも電気を使っているのですよね。
どうしても扇風機が使いたければ12Vのソケットで使えるやつにしては?

フィットに寒冷地仕様車があれば、寒冷地仕様のオルタネーターに交換するのも手ですが 寒冷地仕様が無いようです。汎用または流用で発電量の多いオルタネーターに交換するのも手ですが、これは専門家に任せたほうが良いでしょう。

単純にバッテリーの保護なら 夏ならダクトを使って風をあてバッテリーを冷やす。冬なら 断熱材を貼って温める方法もありますが、フィットのエンジンルームで可能かどうかは不明です。

自分もナビにテレビ、インバイターや携帯の充電器など車に搭載していますが、スイッチ付きの4連ソケットを使って、こまめにON/OFFしています。

仕事用で夏のエアコンだけでしたら 席の前後に仕切りのシートをつける方法もあります。 

投稿日時 - 2005-07-16 10:14:12

お礼

最初、エアコンを切って、扇風機だけを使う予定だったのですが、
さすがに扇風機だけだと生暖かい風しかこなくて、併用するように
したのですが、インバーターはクセモノですね。
12Vの扇風機に買い換えるにしても、コストが。。ぅぅ。
スイッチ付きのソケットというのは、いいですね。実は、欲しいです。
運転席から、後方へは、わりと頻繁にアクセスするので、
仕切りはむずかしいかな。。。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2005-07-17 21:50:11

ANo.3

 バッテリーが大きくても発電機の能力が小さければ、余分な電気は蓄積されません、バケツに水を汲むのと一緒で余った分はあふれちゃいます(^^;、まあそのあふれた分を貯める余裕が大きいバッテリーなのですが

 それから、発電機で発電された電気が車で使用されえ余った電力がバッテリーに蓄えられますので、エアコンやワイパーの使用ライトやETC、カーナビ、その他電装系の使用が多ければ、バッテリーに充電されませんので、いづれバッテリー上がりとなってエンジンが掛からなくなります。

 既にその症状がありますので、遅かれ早かれバッテリーの交換となるでしょう、冬まで持たないでしょうね。

 バッテリーを長持ちさせるには電装品を使わないことです、エアコン、ワイパー、オーディオ、ライト、ブレーキ、その他電装品、車の運転に必要な物だけを残せば、あとはどれか一つだけしか使えないと考えるのがいいでしょう

 今のやりかたではダメだということです。

エアコンつけたら、ラジオしか聞けない、カーナビやETC、ましてAC-DCコンバーターに扇風機なんてもっての他です

 電装品を使って効率よく充電するには、エンジンの回転を高めてください、概ね3000回転以上、それ以下では消費する電力の方が多いですから蓄えられることはありません

 エンジンの回転を上げれば燃費も下がりますので、ガソリン代が結果的に掛かります、結果的に燃料代が高くなるか、バッテリー交換が高くなるか、どちらか一つですね、と(^^;

 

投稿日時 - 2005-07-16 10:12:27

お礼

バッテリーばっかり大きくてもダメなんですね。
思わず、44B19Lに交換しちゃおーかなー…。
とか思っていました。そーゆー事ではないんですね。
最近は、オーディオを消して、静かに運転しています。
でもラジオ聴けないのはツライ…。
AC-DCインバーターは仕事柄、携帯を多用するので、必要なんですよね。
純正じゃない充電アダプタを使うと、携帯のバッテリーの
寿命が縮むし。やれやれですね。
扇風機も、最近は控えています。
エンジンの回転数を上げると、環境に良くないので、
ここはバッテリーを交換するのが吉ですね。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2005-07-17 21:45:26

ANo.2

キチンと発電しているかもチェックしておいた方が良いかも。
12V車と言っても、電圧チェックして12V以上(13V以上??)で安定していないと、発電量不足に成るでしょう。
10万キロだと発電器の方もくたびれているかも知れませんね。

投稿日時 - 2005-07-16 09:39:35

お礼

やはり発電機が怪しいですか…。
電圧をチェックする機械、持ってないんですよね。
次回のオイル交換の時にでも見てもらいます。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2005-07-17 21:41:08

ANo.1

バッテリーが標準のものより少し大きいということで発電機が追いついていないのかもしれませんね。まあ、少し大きくした程度なら問題は無いはずなんですが。また、インバーターもまともなもので、小さな扇風機を回す程度ならそれほど大きな負担になるとも思えないです。
発電機はエンジンの回転がベルトを介して伝わり回りますので、スピードではなく回転数のほうに関係があります。
ということで、点検するとしたら、まず発電機を回すベルトですね。これがゆるんでいると、空回りのような状態になり、発電量が落ちてバッテリー上がりを招くことがあります。かなり距離を走っておられるようなので、一度点検してみてはいかがでしょうか。

投稿日時 - 2005-07-16 09:17:02

お礼

なるほど…。発電機を回すベルトがあるんですね。
ベルトというと、タイミングベルトにしか意識がいきませんが、
いろいろあるんですね。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2005-07-17 21:39:42

あなたにオススメの質問