こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

外国人の参政権について

ホームページを見ると外国人への参政権の反対のサイトが載っていました。反対の理由として(1)内政干渉だから(2)外国人に地方自治体がのっとられるから(3)憲法違反だからです。そのサイト以外にも反対するサイトが多数掲載されていました。しかしあるサイトでは実際日本が中国や台湾人を植民地時代に日本に連れてきてそのまま戦後も日本の生活になれたためいる外国人がいる。戦前までたったら日本の参政権を与えられていたのに戦後になり彼らは中国人、台湾人国籍を持ち同時に社会権や参政権を失い年金などの福祉手当を受けれなくなったとも書かれていました。どちらが正しいのでしょうか?また地方自治体での参政権を与えている自治体はあるのでしょうか?

投稿日時 - 2005-07-22 17:25:39

QNo.1531019

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

今現在は、地方自治体で参政権を与えている自治体は無いですね。将来的にはわかりませんが。

私は、税金を納めているんだから、国政や地方自治に限らず参政権は認めるべきだと思います。

最低でも永住権を持つ外国人の方に関しては、参政権を与えるべきだと思います。

内政干渉という言い方はおかしいと思います。外部から圧力をかけるならともかく、中にすんでいる人なので、内政干渉という言い方は間違えています。

外国人が地方自治体に乗っ取られるならそれまでの自治体だったのでしょう?乗っ取られないような健全なサービスをすればいいのでは?ついでに言えば、住民の絶対数では、ほとんどの町で、日本人の方が多いので、乗っ取られることはないと思います。第一、国籍で差別するのは間違えてると思いますしね。

投稿日時 - 2005-07-22 17:38:33

お礼

ありがとうございます。自分も外国人への参政権には賛成です。

投稿日時 - 2005-07-22 17:54:55

このQ&Aは役に立ちましたか?

53人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

ANo.4

http://f57.aaa.livedoor.jp/~nazonog/data-table.htm
まず参考として↑の海外の外国人に対する参政権の状況を把握して下さい

その国の国籍を取得すれば別ですがそうでない場合は先進国では認めてない国が多いようです

考え方としては色々あると思いますが基本的には日本に帰化してない以上、日本国民ではないのですから参政権を与えるのはおかしいと思います
書かれている戦前の中国・台湾等については当時、日本は他の欧米諸国と違い植民地に対して参政権を与えて日本国民として扱おうとしました
韓国では「創氏改名」と非難していますけどね

これはある意味当時としては進んだ施策でしたが敗戦により植民地や同化という事はできなくなったのですから通常の外国人と同じ扱いに戻っただけです
中国籍・韓国籍・朝鮮籍等でしたら気化して日本国籍を取れば参政権も年金等の社会保障も受けられます
でも民族の誇りや愛国心があり帰化しないのであれば自国のそういった制度に頼るべきでしょう
ちなみに年金ですが日本人でも過去に払ってない人は貰えないのですから帰化もしない払い込んでいない外国人が要求するのはおかしいですね
でもいわゆる在日と呼ばれる方は特別待遇で生活保護が受けられるんです
外国人に対して生活保護を支給するなんて他の国では考えられない事です
日本はいい国ですね

答えは単純で帰化して日本人になれば参政権も年金も日本人として与えられますが帰化せずに外国人のまま日本人と同じ権利をよこせというのはずうずうしいでしょう

ちなみにNo1さんが書かれている「税金を納めているんだから」というのはまったく違います
税金がない国を除き、その国で得た収入はその国の税法に従って納める必要があります
アメリカに住んでアメリカで働けば当然、アメリカに税金を納めますが参政権はありません
永住権があっても帰化してアメリカ国籍を取らない限り参政権はないのです
納税と参政権とは別の問題です
自治体に関しても現在、外国人に対する参政権を認めている所はありません

投稿日時 - 2005-07-22 18:02:57

中朝韓を大部分とした外国人に選挙権を与えるなんてとんでもない。
選挙権が欲しければ日本国籍を取得すれば良いのです。
日本国籍なんて簡単に取得できるのですよ。
ちゃんと就職すれば5年で取れます。

どうしてそれなのに日本国籍を取得しないのか。
それは自分たちは日本人ではないということをアイデンティティとしているからです。
そんな人たちにどうして日本国の将来を委ねることができるのですか?

そもそもこういうことは相互主義が原則なはずです。
でも中国や韓国がそんなこと認めるとでも思っているのですか?
ありえない。
ただでさえ反日的な国家の国民にどうして選挙権などを与える必要があるのか不思議でたまりませんね。

税金は参政権の対価ではありません。
もし税金を払っているというのなら、巨額のODAを支払ってきた日本には中国韓国に対して巨大な参政権を与えてもらいたいものだ。

投稿日時 - 2005-07-22 17:54:25

補足

国籍をとることが出来るのですね。初めて知りました。

投稿日時 - 2005-07-22 18:00:04

ANo.2

税金を払っているから参政権をというのについて、私は否定します。

逆に税金を払っていない日本人はどうするの?ということが発生すると思われますし、大日本帝国憲法下の制限選挙に戻せといっているのと同義でしょう?

永住権を持つ外国人といっても本国での選挙権はどうなっているの?とかありますし、相互主義というのが一般的でのべつまくなしに権利を与えるのはあり得ないと思います。

外国人差別ではなく日本人であるかないかの”区別”です。

投稿日時 - 2005-07-22 17:45:54

補足

つまり日本人でないなら日本での参政権はないという事でしょうか?多国籍人種がいる国はどうたっているのでしょうか?例えばこれから数百年後にはいろいろな人種が混ざり合う可能性もあると思うのです

投稿日時 - 2005-07-22 17:55:17

あなたにオススメの質問