こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

台湾との付き合い…

日本政府は中華人民共和国と正式に国交を持ち、台湾は中国の一部であるという立場をとっていますよね。

ところが、現実には台湾と日本は民間レベルでは相当に結びついているじゃないですか。

そこで、さまざまな案件に対する具体的な折衝が生じると思いますが、表立って日本政府と台湾政府の間で交渉なんて、おこなわれていないですよね、もちろん中国をとおして勝手に日台間を決めるなんてのもありえませんよね?

関税は一体どうなってるの?
たとえば中華航空が日本路線を開航する場合の折衝は?
通貨の換算の具体的な流れは?
日台間をまたぐ国際裁判なんかが起きてしまったときの流れは?
そもそも、出入国管理は一体どうなっているの?

疑問が尽きません。


むこうの総統が来日するだけでもえらい騒ぎになるのに、具体的な外交団は、いったいどこでどのように交わっているのでしょうか?

さらに突っ込むと、(米国と台湾の関係になってしまいますが)米軍上がりの兵器などは、一体どのようにして台湾に流れ込むのですか?

なんだかんだ言って、日本も米国も、多くの中国と正式にお付き合いしている国は、表に出ない非公式ルートで台湾と接触しているってことですか?

投稿日時 - 2005-07-28 11:35:10

QNo.1543696

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

>日本政府は中華人民共和国と正式に国交を持ち、台湾は中国の一部であるという立場をとっていますよね。

日中共同声明によれば「中華人民共和国が台湾を自国の領土と主張する立場を理解し、尊重する」とあり、台湾を中国の一部として認めたわけではありません。
(最も、国際関係なぞ、パワーバランスでどうにでもなります、声明だの条約だの洒落のようなものです。)

>表立って日本政府と台湾政府の間で交渉なんて、おこなわれていないですよね、

正式な政府間交渉がないだけで、日本側は(財)交流協会、台湾側は亜東関係協会を設立し、両協会の民間交流という名目で外交活動を行っています。民間とは言いつつも実質上の政府機関であり(交流協会は外務省職員が「出向」しています。)、間接的な政府間交流を行っていると言っても良いでしょう。

>米軍上がりの兵器などは、一体どのようにして台湾に流れ込むのですか?

米国には台湾関係法という法律があり、これを根拠にして、台湾の安全保障へのコミット、台湾への武器売却を行っています。

参考URL:http://list.room.ne.jp/~lawtext/1972Japan-China.html

投稿日時 - 2005-07-29 23:39:54

お礼

はぁ~なるほど、大分謎が解けました。ありがとうございました。表立っては民間という形なのですね。

投稿日時 - 2005-07-30 10:19:08

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

ANo.3

>表立って日本政府と台湾政府の間で交渉なんて、おこなわれていないですよね

行われているようですよ。
漁業協定を決めるようです。↓
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050728-00000314-yom-int

政府は台湾と交流しませんが、国会議員のレベルでは交流はあるそうです。

投稿日時 - 2005-07-29 21:37:26

お礼

漁業もややこしい問題ですよね。

投稿日時 - 2005-07-31 00:42:52

ANo.2

台湾枠にと認めないのは憲法違反のような気がします。
主権在民の憲法の意思を尊重すると台湾人が台湾は国家だと認識した時点で国と認めるべきだと思いますがね。

投稿日時 - 2005-07-28 23:54:18

お礼

ボクも個人的には中国より台湾と接近したいなぁって思います。いや、もちろん昔みたいに中国を無視するわけにはいきませんが、台湾と中国を秤にかけたとき、政治体制的にも国民感情的にも、ずっと台湾の方が信頼できる気がします。だから、中国をけん制する意味でも台湾といい関係が築けていたらなぁって…。でも、中国の力がここまで強くなってしまった現在では叶わぬ話なのでしょうね。

投稿日時 - 2005-07-29 10:59:49

ANo.1

元々日本は台湾と国交を持っていました。
大抵の法律はその時点で締結しています。
所が、日中国交回復をしたので(中国から国交回復条件として台湾との断絶を要求された)、台湾を国家として悲承認したんです。
それまではJALが台湾に飛んでいたんですけど、この問題で各国フラッグキャリアで飛ぶのはまずいって事になり「日本アジア航空JAA」を設立、台湾線を専属で運行させることにしたんです。

中華航空が羽田にいる理由ってそこなんです。
国際線発着が成田へ移動したとき、分離特別措置として羽田に残されたのが実際です。

大使館は国家承認問題で有りませんが、代わりに台北駐日経済文化代表処が代行をしています。

別に国交がないから交渉も出来ないって訳でもないですね。台湾対応の場合建前と本音が完全に分かれています。

日本びいきの地域なんで交流は盛んですね。

ちなみに北朝鮮だって国交は無いですよ。
でも交渉等はちゃんとしていますし、少数ながら観光客も行っていますよね?

投稿日時 - 2005-07-28 12:05:57

お礼

なるほど、基本は古い法律で動いているのですね。
迅速な交流の障害にならないのかなぁ…。

投稿日時 - 2005-07-29 10:56:52

あなたにオススメの質問