こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

中古物件の購入にあたり・・・

公図や地積図を取り寄せたところ、現地はもちろんのこと、地積図にも隣接地との境界を明示したものはありませんでした。(昭和40年の分筆地積図です)

図面には辺長も記載されておらず、現地でも、どこからどこまでの敷地を購入するのか判然としません。

おそらくブロック塀の中心だろうと言われましたが、心もとなく不安です。

仲介業者にも言いましたが、中古物件なので、
現状有姿での引き渡し が原則なので、売主はそこまでしたくないと言っている以上、できない と言われました。

中古物件の売買の場合は、仲介業者はそんな感じなのでしょうか?

業界に明るい方いらしたら、よろしくご教示願います。

投稿日時 - 2005-07-31 11:01:20

QNo.1549997

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

2人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(7)

ANo.7

まず、境界が不明の状態で購入するのはどうかと思います。仲介人の回答も「おそらくブロック塀の中心だろうと」言われたそうですが、「おそらく」で境界点を確認したとは言えないのではないでしょうか。
万一、隣接地の方と境界に対するトラブルがあった場合には、そのトラブルも引き継ぐ事になりませんか。
例えば、「境界確認書」を作成し、隣接者の立合いを求め、ハッキリした形で所有権移転を受ける事をお勧め致します。

投稿日時 - 2005-08-12 11:25:38

ANo.6

仲介業者さんはそう言うしかないのだと思います。
もし、土地を購入するのであれば境界確認書も確認(又は交付)の上、境界を設置した方がよろしいかと思います。

投稿日時 - 2005-08-10 23:35:35

ANo.5

質問の答えは皆様が書かれているので 少しだけ違う話を。。。

土地の境界は大変難しく、売主から何も引き継がないということは
隣地の方に「境界線はここだ」と質問者様が思っている以上にご購入の敷地敷地内を言われた場合、最悪は裁判に頼るしかありません。
(ブロック塀の質問者様ご購入予定の内側とか。。)

隣地境界をせずに売り出す場合 考えられること。
1)本当にめんどくさい
2)費用がかかるのでしたくない
3)現段階で隣地境界線でもめている

個人的に思うこと
仲介手数料は安全な取引をするために支払うものだと思います。
境界でのもめごとは不動産会社の営業なら大変なのも分かっているはずです。
それなのにあえてこういう対応いかがかと私も思いますね
(現状有姿・公募取引と隣地境界の立会い(境界確認)は、まったく違うものです)

投稿日時 - 2005-08-01 00:54:36

ANo.4

まともな業者なら売主に境界を明示するように促すでしょうね。 だって、何を買うにしても、はっきり明示されてないものなんて買う気がしませんよね。 食料品にしろ、衣料品にしろ、燃料にしろ、この値段でこれだけって決まっているのが筋でしょう。 でなきゃ絶対トラブルになると思います。特に境界線は隣の人がはんこを押してくれないことなどもあるので、そうなるともうにっちもさっちもいかないし、こういった問題があるから逆に、売主だって境界を明示したがらないのかもしれませんよ。他の方も言われてますが、現状引渡しと境界線は完全に別の意味です。まともな買主がつくようなうり地ではありませんし、私だったらお金もらっても考えたくありません。 

投稿日時 - 2005-07-31 15:41:49

ANo.3

現状有姿での引き渡し と境界の明示はまったく別の話です。境界をきちんと明示するのは土地の取引の基本です。

測量・境界の明示ができない物件にはなんらかの瑕疵がある可能性も有ります。登記簿面積と実際の面積が大きく違うとか、隣地の方とトラブルがある等々
あなたが将来、隣地の方と境界トラブルになってもかまわないと思うなら止めませんが、そうでないならこの取引は中止にするか、実測測量(隣地境界所有者の立会い印付き)を条件にすべきです。


中古物件の売買の場合は、仲介業者はそんな感じなのでしょうか?
>能力の低い仲介業者(営業マン)は売主の言い成りになる事が多いですね。優秀な仲介業者なら売主をきちんと説得して測量後引渡しが普通です。

投稿日時 - 2005-07-31 15:04:34

ANo.2

同じようなケースで中古住宅の購入を見送った経験があります。
私の場合も、古い家屋つきの土地で、土地の境界がはっきりしていなかったのです。
仲介業者さんが言うには、本来は売主がきちんとそこを明示できるようにして売り出すのが筋というものだけれど、その売主さんもそこまでしたくないということで、その分で価格が激安(!)なので仕方ないです、ということでした。
そしてその仲介業者さんはとても信頼できる人で、このような物件はうちでは扱いたくありません、とはっきり言ってくださいました。
必ず購入してからトラブルになるそうです。
だから私も購入は諦めました。
不動産という資産を購入するのですから、やはり登記も公図も権利もはっきりしている物件でないと意味がないと思ったのです。
参考になさってください。

投稿日時 - 2005-07-31 14:54:13

ANo.1

不動産関連の者です。
仲介業者は売主の方と買主の方との橋渡し役であり、意見調整をする役目というものも持ってはいます。がしかし、売主がしたくないと意思表示している以上仕方の無い事です。「仲介業者はいわゆるただの紹介者」という役割が非常に強い為です。またそういった条件的に悪いとされるものでしたら、それなりに売り出し価格に反映されてはいない者でしょうか。
結論
仲介業者はそんなものです。またそれが無責任だったり、いい加減と言うことでは決してありません。

投稿日時 - 2005-07-31 11:59:06

あなたにオススメの質問