こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

債務超過完全子会社合併の問題点と方法について教えて下さい

債務超過の100%子会社を債務超過のまま親会社が合併できるか、
もしくは、暖簾を計上して債務超過を解消した後合併できるか

という問題についてレポートを提出するのですが、
そもそも何が論点なのかもよく分かりません。

理論、実務の両面から順を追って詳細な説明をお願いします。

投稿日時 - 2005-08-09 10:06:01

QNo.1568774

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

2人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

ANo.1

まず原則として、債務超過の会社を合併は出来ません。
例えば親会社の純資産が100、子会社が債務超過で△20として、子会社を合併すると純資産80になります。親会社の株主の利益を喪失することになります。商法上、資本充実の原則というのがあり、合併にあたって新株を発行しますが、増資するには対価として資金が会社にちゃんと拠出されないといけないのですが、株式を発行してマイナスの価値を得るというのがあり得ないという話になります。
実務上、債務超過の会社と合併する場合は増資により子会社の債務超過を解消してから合併する手続が必要になります。例えばGoogleで「債務超過 100%子会社 合併」と入れて検索してみて下さい。その例がいくつか出てきます。)

ただし、100%子会社は法人格は別々であっても経済的実態は親会社と同一であると考えられるため債務超過であっても合併して差し支えないという議論になっています。例えば完全親会社が増資を引き受けて債務超過を解消して子会社と合併したら合わせて一緒になりますので。これについて実務上OKか否か確信を持っては答えられませんが、大丈夫な気はします。

投稿日時 - 2005-08-09 10:56:25

あなたにオススメの質問