こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

相続時精算課税適用しても、最終的にも非課税のままでしょうか?

この度、分譲住宅を購入することになり、資金内訳は下記のようになります。

・物件価格(諸費用すべて込み):3400万円
・自己資金:200万円 ←そのまま貯金しておきます
・父親65歳からの援助:1300万円 
・住宅ローン:2100万円

父親からの援助については、今回1300万円もらうかわりに、両親の死後は
残りの財産は全て弟が相続するという条件で出してもらいます。
(ちなみに弟との2人兄弟で、実家は弟が継いでいます。両親は共に健在です)

このような場合、親からの1300万円に「相続時精算課税制度」を
適用すれば、今回だけでなく最終的にも非課税のままで済むのでしょうか?
それとも最終的には相続税などで課税されてしまうのでしょうか?
回答よろしくお願いいたします。

投稿日時 - 2005-08-18 23:57:37

QNo.1589276

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

「相続時精算課税制度」というのは、その名の通り、相続発生時に課税関係を
精算するということです。
ですから、当然相続時に課税が行われることになりますよね。

http://www.taxanswer.nta.go.jp/4152.htm
ここにあるように、「相続時精算課税制度」を利用した財産も相続財産に
含めて計算を行います。
計算式に当てはめてみて、基礎控除以下であれば相続税はかかりません。

なお、今回の親からの1,300万円だけで相続税を計算することは出来ません。

投稿日時 - 2005-08-19 09:47:58

お礼

回答ありがとうございました。
計算に当てはめて相続税を算出してみようと思います。
(多分そんなに財産はないと思いますが・・・)

投稿日時 - 2005-08-20 20:46:27

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

相続時精算課税制度は所詮課税の繰り延べに
すぎません。

相続時と今回受け取った財産の合計で
非課税枠に入っていれば最終的に
非課税のままです。

文面からするとおそらく・・
ご両親の残りのお金は1000万以下ですよね。

実家の土地、建物の価格がそれほどで
なければ最終的に非課税と考えて
よろしいと思います。

投稿日時 - 2005-08-20 00:51:22

お礼

回答ありがとうございました。
親の土地が田んぼや畑など割とあるのですが、相続時に
どういう計算になるか調べてみようと思います。
残りのお金については、仰るとおりです(笑
ひたすら親には感謝感謝です。

投稿日時 - 2005-08-20 20:53:18

あなたにオススメの質問