こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

江戸時代のお百姓さんの家

江戸時代の後半、お百姓さんの家は菜種油で夜には灯りをちゃんと使ってたのですか?侍奉公のサンピンが使ってなくても。

投稿日時 - 2005-08-22 18:13:08

QNo.1597161

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

どうしても明かりが必要な時は魚油を使ったそうです。
値段が安いが臭いらしいです。
囲炉裏もあかりになりました。
用事がなければ日が暮れると寝たようですね。

投稿日時 - 2005-08-22 18:18:21

お礼

魚油ですね、どうもありがとうございます。

投稿日時 - 2005-08-23 13:13:30

このQ&Aは役に立ちましたか?

2人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.2

江戸時代の農民は貧しかったというのがこれまでの考え方でしたが実際はそうでもなかったようです。
江戸時代後期には新たな検地がされて村高が見直されることはごく一部の藩でしか行われず、前期や中期に確定した村高のままでしたので、その後の生産性の向上や商品栽培で得た利益などは農民のものになり、以外に豊かであったようです。
そのため灯りの費用はありましたが、日本の農業は労働力集中型ですので特に農繁期にはそう夜遅くまで起きているということはありませんでした。

投稿日時 - 2005-08-22 19:04:05

お礼

農民もそこそこやっていけてたのですね、ありがとうございます。

投稿日時 - 2005-08-23 13:15:38

あなたにオススメの質問