こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

株価は割安?

 現在、日経平均は12000円強ですが、チャートを見ると、平成4年から平成13年までは、1万3千円から2万円のボックス相場でした。
 ということは、現在の株価は、以前のボックス相場の底よりも安いので、かなり割安とも思えるのですが、私が注目している銘柄については、かなり高値をつけています。
 
 ここで教えていただきたいのですが、今の株価は以前の推移から考えると割安なのか、それとも日経平均を構成する銘柄の組み換えがあったので、見かけとしては割安だけど実際にはかなりの高値なのか、教えてください。

投稿日時 - 2005-09-08 20:59:08

QNo.1636314

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

YAHOO!について

 ここ、3回程、同じパターンを繰り返しています。すなわち、分割後下落、
 また次の分割前に上昇。この9月にまた分割が行なわれます。
 現在の株価はもちろん、加熱圏です。分割後、同じパターンと予測しています。


 さて、2日間にわたり、いろいろ書きましたが、本当にお尋ねになりたい事は、
 今は、株式を買う時期か否か、割安期か割高期か、と考えます。
 もちろん、買い時・売り時/割安・割高は、後になってからでないと
 わかりませんが、自分は、日経平均株価の200日移動平均線の乖離率が10%を
 超えたころから『黄色信号点滅』としております。すなわち、
 長期投資にはやや不安が付きまとう、短期投資で乗り切るほうがベター
 といった感じでしょうか。もちろん、銘柄により固定的に考える必要はありませんが。
 今日現在、乖離率=9.98%です。
 日柄的には、9/20(火)に始まる週あたりから、大きな変化が
 始まると感じております。


では、では、がんばって下さい。

 

投稿日時 - 2005-09-09 22:46:44

お礼

 丁寧に回答くださり、ありがとうございました。
 参考にさせていただきます。
 

投稿日時 - 2005-09-11 17:46:00

このQ&Aは役に立ちましたか?

2人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(5)

ANo.5

現在はデフレです。いわゆる平成恐慌の中にあります。
今は外需で株価が持ち上がっていますが、めっきがはがれれば実力は10000円そこそこでしょう。

 相場は上下します。ですからそのときの時価が適正価格です。

 日経平均に弱気なのは アメリカの株価が高止まりしていることです。

 これが崩れると、簡単に日経平均も崩れ 平成恐慌の続行となります。

投稿日時 - 2005-09-10 08:07:48

お礼

 回答いただき、ありがとうございました。
 日経平均は割安だという意見の多い中、参考になりました。
 

投稿日時 - 2005-09-11 17:47:36

ANo.3

I.基礎となる全体相場(細かい事抜きね)

  市場を動かす経済環境の三大特徴
    (1)原油・素材の高騰・高止まり
    (2)米・中好景気
    (3)日本低金利、米国実質低金利、流動性相場の性格を帯びている

  市場内部の要因
    (1)高水準な外人買い
    (2)高水準な信用売り残高
    (3)個人マネーの流入増大(含む投信)

  今後、予想される展開
    (1)市場に加熱感台頭
    (2)企業業績、下期を慎重に見る企業が増加
    (3)調整局面は、避けられないが、価格面では前記市場内要因(2)が、
     下支え効果を出すため、価格面の調整ではなく、日柄調整の色彩を帯びる

  銘柄選びはどうするか?
    (1)高配当・高配当性向など、利回り面がクローズアップされる銘柄は、下方抵抗型
    (2)テーマ株(例:携帯電話・コンテンツ配信・M&A)も同じく下方抵抗色を帯びる
    (3)調整が入っても、内需・素材中心の市場傾向は続く。
     デフレ経済から早めに離脱する銘柄群、いま尚、価格下落に
     苦しむ銘柄群との選別が起こる、これは、原油・素材価格を川下に
     転嫁できる業種とできにくい業種の選別が調整期に行われる。


II.以上のことを前提に注目銘柄のことを考えると

  (1)高島屋

    a.89年12月27日:4,390円 ⇒ 02年11月19日:387円、13年かけて91.2%下落

    b.04年4月14日:1,438円、上記下落幅の、26.3%を戻し、調整入り

    c.調整は、04年9月27:885円、及び、05年5月27日:885円、
      2度同じ価格でボトムをつけ、底値を固め、現在、新しい上昇波動に入った

    d.05年5月27日:885円 ⇒ 05年8月22日:1,272円で、上昇の第1波は終り、
      これから調整局面入りする。クールビズなど衣類の好調さ反映した相場だった。

    e.下げのメドは、1,100円±20円、信用売り残多く、深押しはない。
      この、1,100円前後で、必ず必ず必ず業績予想を確認して下さい。

    d.尚、選挙後、短期的に1400円前後まで急騰することは否定いたしませんが、
      やや、可能性が薄れてきてと考えています。もちろん、急騰があれば、
      1,400円前後が向こう半年間くらいの天井になります。

  (2)ゼビオ

    a.詳細は省きますが、9/1:4,600円で天井です
    b.今回の上昇相場の基点は、01年3月21日:1,181円と
      同年9月13日:1,196円(2番底)です

    C.1,196円⇒4,600円、約284%上昇しました

    d.かなり長い調整に入ります、3,750円前後で一度リバウンドしますが、
      投資は、3,000円台前半まで落ちてから、再度検討された方が良いと思います。
     

  (3)清水建設

    a.89年12月4日:2,510円 ⇒ 00年4月21日:225円、11年強かけて91.0%下落

    b.別の視点で見ますと、97年~直近まで、上限は550~590円、
      下限は270円~225円までを4往復したと考えられます。

    c.今回、9/7に615円まで上昇し、初めてレンジを抜いたわけですが、
      上値の余地は730円前後まで、特に踏み上げ相場に発展すれば、
      起こりますが、この600円前後でも見合い、やがて
      一旦調整するとも思えます、選挙後の相場の流れを見極めないことには、
      何とも言えません。


以上です、日経225ETFは、今はお勧めできません。また、日経採用銘柄で割安に
放置されているのは、負け組(三洋電機・パイオニアetc.)、
予想外の業績悪化組(味の素etc.)、パルプ・紙(原料高・業績圧迫懸念、配当利回りは良い)、空運等。
サービス業で、今後、注目しているのは、ゲーム関連。


あっ、長文、失礼しました。では、では、がんばって下さい。

投稿日時 - 2005-09-09 03:10:30

お礼

大変丁寧なご回答、ありがとうございました。
もし、よろしければ、ヤフー(4689)についても、意見をお聞かせいただくと嬉しく思います。

投稿日時 - 2005-09-09 13:17:20

一概に言えませんが、割安でいいのではないでしょうか。

しかし、ご存知のようにファンドマネージャーをはじめ多くの投資家は、
日経平均をあまり基準に考えません。

TOPIXで判断した方がいいでしょうね。

投稿日時 - 2005-09-08 21:52:01

ANo.1

割安です。
長期保有するのならば、今が買い時でしょう。
ただ、株価が急騰するのは一部の銘柄以外考えづらいので、短期売買はおすすめできないですね。

配当+優待が高い銘柄がおすすめですね。
例えば、原油高で株価が非常に安い水準にある航空株なんてどうでしょう?
株主優待券を金券屋に売ったとして、年利回りにすると5%以上あるんですから。バカらしくて銀行に預金する気が起きないですね。

あなたの注目している株は何か知りませんが、みんな注目していると言うことですでに高値圏にあるのでは?

株は安いときに買って高い時に売るのが基本です。

高いときに買ったらあとは下がるだけです。

投稿日時 - 2005-09-08 21:06:55

補足

 早速回答いただき、大変ありがとうございました。
 私の注目しているのは、高島屋(8233)、ゼビオ(8281)をはじめとする消費関連銘柄、清水建設(1803)をはじめとする建設関連銘柄、ヤフー(4689)をはじめとするサービス関連銘柄などです。

 しかしながら、いずれも高値圏内です。もし、全体として割安なら日経225連動型のETFにも注目したいと思っています。

 

投稿日時 - 2005-09-08 22:43:18

あなたにオススメの質問