こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

砂糖はなぜ脱水作用をもつのか

砂糖はなぜ脱水作用をもつのか知りたいです
「砂糖の主成分のスクロースはこういう分子だから水と結びつきやすい」といった化学的見地からお願いします
他には呈味性や分散性についても化学的な理由が欲しいです
お願いします

投稿日時 - 2005-09-20 23:20:06

QNo.1662570

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

 ●固体である砂糖は水に溶けて,分子(砂糖としてかろうじてその性質を示す)にまでバラバラになります。これ以上バラバラだと,テロを起こす過激分子とて,集団としての維持ができなく,活動も中止・・・と同じで。

 ●分子とは一匹狼の原子が一定のルールで結びついた集団,仲間同士。だから有る程度の大きさがある。その大きさは分子の種類で違う。水素分子,水分子というように・・・,一集団の大きさが違うのです。

 ●水分子(H2O)程度の三人の集団なら通れるが,もっと大きな砂糖分子のような一集団が40人を越す大きな分子は通さない大きさの穴の開いた膜,これを「浸透膜」というのですね。

 ▲それで,濃い砂糖水と果物ジュース(薄い砂糖水と言えようか)を,この膜で仕切る(膜の中にジュースを入れ,濃い砂糖水に沈めても良い)。すると,あの目に見えない小さな穴を通って水分子だけが移動しようとする。砂糖(スクロース)分子は穴より大きな分子だから移動しようにもだめ。穴をめがけて動いた水分子,濃い砂糖水よりジュースの水分子の方が数(密度)が圧倒的多い(高い)から,ジュース側から砂糖側へ移動する水分子の方が,その逆より多くなる。それで,「水は砂糖の方へ移動」となるのであります。
 ▲この移動しようとする力,水を引き入れる力とでも言いましょうか,「浸透圧」というのですね。難しいですね。濃い溶液は,「浸透圧が高い」と言えるのです。それで,一般的には「水分子は浸透圧の高い方へ移動する」となります。なんのことはない,「全体が均一の濃さになるように水は移動する」のです。ここでは濃い砂糖を薄めよう・・・と。

 ★砂糖はC:炭素,H:水素,O:酸素の三種の原子でできています。分子式は,C11H22O11だったか?(ご自身で調べて!)それでこれを自分なりに書き換えます。C11(H2O)11,炭素と水でできていますね!それで,似たもの同士はくっつき合う・・・人間と同じですね。だから水と仲良しなのです。正確にはグルコース分子には沢山の水酸基(-OH)があって,これが水分子H-OHととても仲良し,引き合います。

 ■味は味蕾(みらい,舌の味を感じるセンサー)細胞が分子とうまく結合できるかどうかの問題。アミノ酸のグリシン,脂肪を分解してできるグリセリンなど甘く感じますね。でも,グルコース(ブドウ糖)は甘いけど(グルとかグリは甘いという意味),これが結合したデンプンは甘くないですね。

 ■十分な説明ができませんが,参考にしてください。ではサヨウナラ・・・

投稿日時 - 2005-09-24 14:24:38

お礼

とてもわかりやすく詳しい説明で理解できました
他の粉を混ぜやすくする性質については自分なりに考えてみたいと思います
ありがとうございました

投稿日時 - 2005-09-24 18:08:14

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.2

こんにちは。
砂糖だから脱水作用があるってワケではなく、食塩に食物を漬けておいても脱水されます(漬物)。
これは中学理科の問題で、濃度の薄い液体と濃度の濃い液体が半透膜を介して隣接する場合、濃度の薄いほうの溶液から水だけが半透膜を通って濃度の濃い液の濃度を薄くしようとします。濃度を平衡にしようとするわけです。
こういう分子だから水分子と結びつきやすいというのかは分かりませんが、水に溶けやすい分子で細胞膜などの半透膜に対して通らない高分子な分子なら脱水作用は高いはずです(推測:高分子な物ほど分子間が大きくなり、その間に捕らえられる水分子の数が多くなるからでは?物質と物質の間に水分子は入っていこうとするので、その物質が大きいほど表面積が大きくなり、水分子と接触する面積が多くなるから捉えることの出来る水分子数が多くなり脱水効果が高くなるのでは。)。例えばポリエチレングリコールはより高い脱水効果を持っています。

呈味・分散・・・って砂糖がどうして甘くて、どうして溶液中に分散していくのかってことでしょうか?
分散するのは濃度を一定にしようとする濃度拡散が起こるからではないでしょうか。あとは水分子のブラウン運動により分子が拡散されていくからではないでしょうか。分子の大きさ質量から言うと、質量が大きいほど底に溜まってしまったり、逆に軽すぎると浮いてしまうので混ざりにくいと思います。

どうして甘いのかは、味覚中枢のうち甘さの感覚を刺激するからだと思います。細胞が甘さに対する受容体は甘さにしか反応しないから。

投稿日時 - 2005-09-22 11:27:01

お礼

ありがとうございます

>これは中学理科の問題で
と言われましても内容カットでやってませんでしたが丁寧な説明でだいたいわかりました

>呈味・分散・・・って砂糖がどうして甘くて、どうして溶液中に分散していくのかってことでしょうか?
呈味って味があるってことでしたよく調べもせず質問してすいません。ですが分散性というのは、例えば脱脂粉乳を溶かすとき砂糖を加えるのと加えないのでは溶けやすさが違うという性質です。これはどのような原理なのでしょうか?

投稿日時 - 2005-09-24 00:19:17

ANo.1

砂糖は水に溶けますよね。すると水溶液となりますが、溶液には
浸透圧の計算が適応できます。
溶液に溶けているのが砂糖であっても塩であってもです。
水に大量に砂糖を溶かせば浸透圧が高い溶液ができ、
これに果物など細胞で構成されているものを浸せば細胞内の
水分が浸透圧の高いほうへと移動して行きます。
なんとなくな説明ですいません。

投稿日時 - 2005-09-21 00:22:09

お礼

ありがとうございます
浸透圧は聞いたことはありましたが何かはわかりません
自分で調べてみます

投稿日時 - 2005-09-24 00:12:09

あなたにオススメの質問