こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

確定申告 別表六(一)、銀行の利子について

有限会社を起業して1年が過ぎ確定申告の準備をしております。その中で必要となる別表六(一)の書類についてお聞きしたいのですが、この明細書は簡単に言うと、預金の利子や株の配当にかかる所得税の控除についての書類だと思います。

私の会社では株の所有や他社にお金を貸すということはしておりませんので、自社の銀行口座の利子のみ関係があると思うのですが、ここで起業時に開いた口座(普通)の銀行通帳を見てみても「利子」に相当する項目が記帳されておりませんでした。

この場合、別表六(一)は必要ないのでしょうか?また、口座を開設して1年間利子が1度もつかないことはあるのでしょうか?(尚、個人契約の銀行通帳を見ると銀行により名称は異なりますが、「お利息」や「決算」という名称で大体2月の中旬頃に利息分が記帳されているのですが…。)

お気付きの点がありましたら宜しく御願い致します。

投稿日時 - 2005-10-02 22:51:43

QNo.1688185

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

普通預金に対する利子は非常に低く、おそらくまだ利息がついていないような状況であれば、別表6-1は必要ありません。
税額の計算は最後100円未満切捨てでやってますので、有限会社だと普通預金の利子が100円超えることはないと思いますので、実質的にも源泉の処理が少しおかしくても、税務署からはお咎めナシでしょう。

投稿日時 - 2005-10-03 01:32:00

お礼

経理は全くの素人のためとても助かりました有難うございました。

投稿日時 - 2005-10-03 10:52:17

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

あなたにオススメの質問