こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

英文和訳

以下のサッカーの記事で、
最後の
top beneath

by the rash on their chest
の意味がわかりません。
教えていただけると助かります。
よろしくお願いいたします。

ちなみにSteinはスコットランドのセルティック
というチームの伝説的監督、
McNeillとはセルティックでキャプテンを務めていた選手の名前です。

Meticulous planning, sharp-wittedness, shrewd appraisals of the opposition and tactical acumen were introduced to Celtic once Stein assumed his duties in March 1965. At the same time, a link with the past was maintained in Stein’s old-fashioned outlook.
On bitterly cold days, the squad would be reminded of how easy their working life was compared to that of the miners. At training the players would wear the same gear all week, beating yesterday’s caked mud off their socks before each session. They donned heavy, hairy jerseys and the privilege for the first team lay in entitlement to a normal Celtic top beneath. According to McNeill, you could always tell a reserve by the rash on their chest.

投稿日時 - 2005-10-08 21:39:40

QNo.1700787

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

スポーツ用語は得意ですが、サッカーはもうひとつなので、異論もあるかも知れませんが、top beneathは普通に考えて「頭からかぶるもの」すなわちCelticのサイトにあるように練習用の肩から緑の線のはいったトレーニングウェアをさし、by the rash on the chest「胸が赤くなっているかを見ればレギュラーか控えかわかる」。ただこの場合胸はウェアについている「土をみればわかる」といっているものと思います。文章全体が非常にいきいきしていますね。

投稿日時 - 2005-10-09 09:45:48

お礼

ありがとうごさいました。

投稿日時 - 2005-10-11 09:04:59

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.2

top beneath については、"a normal Celtic top"(名詞) + "beneath"(副詞)で、「下の(中に着ている) Celtic のいつもの上衣」ぐらいの意味で使われていると思います。

by the rash on their chest については、そのまま、「彼らの胸の発疹によって」だと思います。

ということで訳としては、おおよそ:

> They donned heavy, hairy jerseys and the privilege for the first team lay in entitlement to a normal Celtic top beneath.

彼らは厚手の毛のジャージを着込んでいたのだが、一軍の特権というのは、その下に Celtic のいつもの(ユニフォームの)上衣を着ることができるというところにあった。

> According to McNeill, you could always tell a reserve by the rash on their chest.

McNeill によると、胸が赤くなっているのを見れば彼らが控え選手であることがわかったというわけだ。

ところで、自分の考えた訳をつけないこのような質問は管理者に削除されてしまうようです。回答があまりないのは、そのせいではないでしょうか。

投稿日時 - 2005-10-09 12:49:56

補足

自分の訳をつけなくてすいませんでした。
(ただ全くわからなかったもので)。
あれから自分でも調べてみたのですが、
rashとはスコティッシュイングリッシュでrushのこと、
つまりイグサを意味し、
セルティックのチームシンボルを表すのではないかと思い始めています。
top beneathはやはりNo.1さんがおっしゃる通り、
ビブスのようなもので、訳としては、
「1軍の選手は、セルティックのビブスをつけることが許されていた。マクニールによると、胸のイグサのマークによって、1軍と2軍の区別がついた」
という感じになるのではと考えております。

投稿日時 - 2005-10-09 14:04:41

お礼

ありがとうございました。

投稿日時 - 2005-10-11 09:04:14