こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

江戸時代の地下家の官位相当について

いつもありがとうございます。

江戸時代の地下家の、「官」と「位」の相当についてお聞きまします。
よくネットに官位相当表が出てきますし、
その図は『官職要解』という本を元としているようです。

ところで、私の家はいわゆる地下家でした。
残された家系図がどの程度正確に書かれているかは、
正直疑わしい部分もあります。
途中で、絶家しかかったらしく、今の私の直接の血は別の地下家の家から迎えられているので、その前の部分については、ちょっと怪しい部分があるようなのです。
それはともかく、あまり書くと個人が特定されてしまうので書けませんが
明治になったときの位階なども分かっています。
しかし、例の官位相当表と比べたときに、
位の高さに比してかなり官職の方が低いのです。
国司関係の任官に関してはさほど違和感を感じませんでした。

あの官職相当表というのはいつの時代を参考にしたのか知りませんが、
時代や部署によってあの表はかなりブレがあるものなのでしょうか?

投稿日時 - 2005-10-10 23:42:38

QNo.1705556

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

制度が制定された時代はさておき、時代が下るにつれて位は高く、官は低いという傾向があります。官職相当表というのは制度ができて実際に機能していた頃のものです。
江戸時代の朝廷では関白、議奏、武家伝奏、職事(蔵人)以外の官職はすべて実務のない空名でした。
位階のほうは人数が決まっているわけではありませんから、地下でも従三位までは進める家もありましたが、地下家の従三位が参議や中納言にはなれませんでした。
また。官職のほうは武家のように同じ官職についたものがたくさんいてもいいというわけにはいかず、実際には仕事はないのだから関係ないようなものですが、伝統に従えばいちおう定員がありますから、位階相当というわけにはいかず、位が高く官か低いということがよくありました。
きませんでした。

投稿日時 - 2005-10-11 05:13:14

お礼

ありがとうございます。
某巨大掲示板などでは、聞きたくても、
ビンボー、ビンボーと揶揄されてばかりなんで(実際ビンボーだと思います)、なかなか聞けませんでした。
うちは実際の仕事は、天皇・宮家・摂関家の日常の世話に関わることでしたのでその分の給料がでていたようなので、堂上でも何も仕事がないとこりよりは暮らし向きは、まだましだったようです。
跡取りが泣く、他から入ってきた地下家が今の私の直接の先祖ですが、
直接の先祖は、その実家筋の官職についています。それ以前の養子先の先祖とは、多少は近い関係にあるんですが、官職的にも少し違う系統です。位は少し落ちました。

投稿日時 - 2005-10-11 14:17:12

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

あなたにオススメの質問