こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

法律学習の基本書

 大学(法学部)卒業後15年の社会人生活を経て、法科大学院の未修者コースに合格しました。 来年の4月に入学します。

 入学後のハードなカリキュラムに備えて、当然のことながら、入学までの準備(基本的な知識の再整理等)が必要であると自覚しております。 しかし、体系的な法律学習を離れてから相当の期間が徒過しているため、学部当時に使用していた基本書では対応が不可能かと思います。

 予備校の基本講座に通う方法も考えられますが、私としては、ひととおり基本書を通読した上で、必要・重要な論点等を拾い上げる学習法を採用したいと思います。

 そこで、現在、一般に流通している、六法+行政法の基本書のなかで、
 (1)通説・判例を網羅しているもの
 (2)多くの学生に支持されていると思われるもの
 (3)広く利用されているもので最新のもの

 を基準に「著者・出版社・版数・発行日」をご教示くだされば幸いです。
 
 参考までに、学部時代は、
 憲法…佐藤幸治「憲法(新版)」青林書院
 民法総則…四宮和夫「民法総則(第4版)」弘文堂
 物権法…鈴木禄弥「物権法講義(3訂版)」創文社
 担保物権法…高木多喜男「担保物権法」有斐閣
 債権法…奥田昌道「債権法総論上・下」筑摩書房 幾代通「不法行為」筑摩書房 *債権各論は「有斐閣双書」シリーズ
 商法総則…学部教授のテキスト
 会社法…加美和照「新訂会社法(第2版)」筑摩書房
 手形・小切手法…前田庸「手形法・小切手法入門」有斐閣
 刑法…大塚仁「刑法概説総論・各論(改訂版)」有斐閣
 民事訴訟法…三ケ月章「民事訴訟法(第2版)」弘文堂
 刑事訴訟法…松尾浩也「刑事訴訟法上・下」弘文堂
 行政法…学部教授のテキスト

 を使用しておりました。
 
 アドバイス、よろしくお願いいたします。 

投稿日時 - 2005-10-13 13:35:33

QNo.1710954

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

民法は、
総則 内田・東大出版会
   四宮・能見・弘文堂
   山本敬三・有斐閣
   Sシリーズ
物権 内田 
   Sシリーズ
   高木多喜男
   道垣内
債権 内田
   Sシリーズ
   潮見
不法行為 平井
     潮見

憲法 芦部
   高橋ほか四人

行政法 塩野
    芝池
 *救済法についてしっかり書かれているのは、現段階では塩野の『行政法II』のみ

民訴
 予備校では上田が一般的ですが、鈴木・松浦・中野ほかがよく書かれている。こっちも結構つかわれています。もう一段、上を考えるなら重点講義上・下。でも、いきなり重点講義ってのはいかがなものでしょう。つめてよめないかもしれません。

商法 現在 新法に対応している基本書は
   弥永と神田。

刑訴 もっとも使われているのは、田口。田宮はいい   が少し古いです。他には、三井や
   有斐閣のアルマがよくできています。
刑法 不明。予備校本が接見してるような気が。
手形・小切手 不明。

投稿日時 - 2005-10-14 19:04:06

ANo.3

このQ&Aは役に立ちましたか?

3人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.2

わかるはんいで。

1 憲法
 芦部でいいと思いますが、最近は4著のものも出ています。
 憲法は判例だけで、それだけ変化なしです。
2 民法
 民法は、双書や内田があいかわらずです。
 条文の口語化されたものも出だしているところで
いますぐ買いそろえなくてもいいかも。
 成年後見制度、抵当権の短期賃貸借など条文改正も
ありますので、できるだけアップデートなものを。
 
3 商法
 手形、総則は、あまり変わりませんが、会社法は
今回の改正で激変で、通常でも、基本書がままなら
ない状況です。ただ今回の会社法改正は根本改正で
すので、いままでの書籍が、まったく、使い物にな
らなくなりました。条文構成から概念まで、全部、
変わります。

4 刑法
 大塚の最新版でもいいと思いますし、大谷・前田
も、お勧めです。前田の結果無価値は厳しいので、
大谷あたりが無難かも。危険運転致死罪や情報罪系
の改正があるので、平成12年度以降のものをつかい
ましょう。

5 民訴
 民訴もいまは高橋か上田の時代です。三ケ月・新
堂は使えません。改正がかなり多いので、こちらも
最新版を。

6 刑事訴訟法
 こちらはあまり進んでいませんが、田宮・前田あ
たりがお勧めです。昨年、証拠法の部分で改正あり。


7 行政法
 こちらも最新判例はバシバシでていますが、基本
書はまだまだの分野。藤田・原田。塩野あたりがよ
く言われていますが、内容自体が難解なので、一読
了解ではありません。

投稿日時 - 2005-10-14 13:08:46

補足

 ご丁寧なアドバイス、ありがとうございます。 私も自分なりに調べましたが、
 
 憲法…芦部(補訂版)、民法…内田(アドバイスに従い、IV(親族・相続法は様子見します)、商法…年明けまで様子見(弥永さんのはどうですか?)、行政法…塩野(あえて挑戦!)

 までは決めました。

 刑法も大谷實、刑事訴訟法は田宮裕でいこうと思いますが、
 (1)著書名 (2)出版社名 (2)版数
 をご教示いただければ幸いです。

 また、民事訴訟法については、著者のフルネームもあわせてご教示いただければ幸いです。 よろしくお願いします。
 

投稿日時 - 2005-10-14 13:47:28

ANo.1

お力になれるかわかりませんが回答します。

・憲法 芦部 信喜(著)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/tg/browse/-/500208/ref=br_bx_1_c_1_2/249-5411374-6085905
・民法 内田 貴(著)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4130323318/qid=1129189622/br=1-1/ref=br_lf_b_0/249-5411374-6085905

憲法と民法は、上記のテキストを使っていました。内田民法は、かなりわかりやすい内容だと思います。その分厚さもありますが…

その他は、『Amazon.co.jp』のレビューなどを見て書店で書籍を確認して見るのもよいと思います。

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/tg/browse/-/492120/ref=br_bx_1_c_1_3/249-5411374-6085905 

何らかの参考になれば幸いです♪

投稿日時 - 2005-10-13 16:55:15

あなたにオススメの質問