こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

日経225先物の金利分について。

日経先物について調べていたら下記の複数のサイトの説明に、日経先物は現物よりも金利分高くなるのが普通と説明があるのですが、調べても調べても答えが見つからず、全然意味がわかりません。

この金利分の金利はどこから出てくるのでしょうか??

参考URL↓です。

http://manabow.com/qa/sq.html
>通常の取引では、先物の価格は決済を先に伸ばしているために、その間の金利分だけ現物の価格よりも高くなるのが普通です。

http://justinfo.web.infoseek.co.jp/stock/sakimono/sakimono.html
>満期日までの残存日数が長いほど、先物株価は現物株価より金利分だけ高くなるのが普通です。

投稿日時 - 2005-10-13 19:32:35

QNo.1711654

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

回答

1.タイム イズ マネー

 簡単な具体例にて

  いま、Aさん、Bさん、両者間で、X株を売買したとします。
  Aさん=売り方、Bさん=買い方です。
  この売買には付帯条件がついており、売買は現時点で行なうが、
  現金と株券の交換、受渡し決済は3カ月後に行なうとなっております。

  さて、
  Aさん、『あれ、おかしいじゃん、今、売買したのに、現金を即金で
        くれないなら、現金をもらうまでの金利分を上乗せしてもらわないと・・・
        だって、即金で貰えば、すぐ、定期預金なりなんなりで金利が稼げるのに、
        3カ月後じゃ、それができないじゃん』
  Bさん、『それもそうだね、僕も即金で払わないから、受渡し決済まで、
        そのお金で金利を稼ぐことができるね、うーむ、じゃ、こうしよう、
        売買値段に金利分を上乗せして修正しょうよ』
  Aさん、『うん、それなら良いよ』
  Bさん、『あっ、それとさ、Aさん、受渡し決済までに、決算日をまたぐん
        だけど、配当金は僕がもらうよ』
  Aさん、『うん、それは、当然だね、だって、受渡し決済するまで、現物の保有者は、
        Bさんだもんね』


2.理論価格

 さて、1.で金利分が上乗せされる理由がお解かり頂けたと思います、
 実際には、株式ですので、受渡し決済までに配当がつく場合もあります、
 しかし、先物取引では、この現物保有時のように配当金を手にすることは
 できませんのそれを割り引いて考える必要があります。
 そこで、先物の理論価格は以下のようになります。
 
  先物理論価格=現物価格×{1+(短期金利-配当利回り)×(決済までの期日/365日)}

 この式をみますと、(短期金利-配当利回り)が金利分です。これがプラスならば、
 決済までの期日が長くなる程、先物理論価格は、現物価格より高くなるのが
 お解かり頂けると思います。尚、実際の日経平均先物の場合は、銘柄数も多く、少し複雑に
 なります。また、実際の先物価格が、理論先物価格通りに動くわけではありません。


では、では、いきなり先物の世界にワープしてしまい、戸惑っておられると思いますが、
出来る限りわかり易く書いたつもりです。細部はともかく、基本的な考え方なりと
お解かり頂ければ幸いです。

がんばって下さい。

投稿日時 - 2005-10-13 20:55:08

お礼

makachinnさん、とってもわかりやすい説明をして頂きありがとうございます!凄いわかりやすいです。

素敵です!

んーなぜかこんな言葉が出るくらいわかりやすい説明でした。

実は配当のことも聞きたかったですが、金利だけでも説明するのが難しくて、それプラス配当なんかどう聞いたらよくわからなくて。。。

素早いご返答に的確かつわかりやすくて、質問者の立場に立って答えてくれたことが凄く嬉しかったです。

本当にありがとうございました!

投稿日時 - 2005-10-13 21:36:14

このQ&Aは役に立ちましたか?

6人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

あなたにオススメの質問