こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

遺産相続で、協議による遺産分割と信託銀行での遺言信託の併用は可能か?

相続の方法についてわからないことがあり、教えて下さい。配偶者も子供もおりません。誰にも(少なくとも親族には)知られていない多少の資産を親族に残します。相続人は兄弟二人と甥二人です。甥の一人にすべて相続させたいのですが(養子縁組はできません)、遺言のみの相続では親族間でもめごとにもなりかねないので、他の相続人のこともあり、資産の内の一部(不動産を含む数千万)を遺産分割協議により4人に相続させようと思います。誰にも知られず残る資産(現金等)を甥の一人に相続させるため、信託銀行に遺言信託するのは可能でしょうか?公正証書遺言ではなく、自筆遺言書を信託銀行に託し、貸金庫を利用するつもりです。死亡後月日がたってから遺言の執行をお願いするつもりです。相続税の納付期限以降にその日にちを設定することは可能でしょうか?又、この方法で執行日前に貸金庫を誰かが開ける方法はありますか?もちろん金庫番号等は分からなくしておきます。法律に詳しくなく、困っています。この遺産相続についてどんな事でもいいのでご助言お願いします。よろしくお願いします。

投稿日時 - 2005-11-01 12:14:59

QNo.1749580

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

遺言信託の経験はありませんが、質問者さんの意図されていることは法的に可能です。

> 相続税の納付期限以降にその日にちを設定することは可能でしょうか?

相続税の手続き期限は「相続開始後」であり、信託部分の遺産相続執行の日付が信託部分の相続開始日となり、協議分割部分の相続税期限後に設定することは可能です。

> この方法で執行日前に貸金庫を誰かが開ける方法はありますか?

「遺留分相続」のない質問者さんのケースでは誰も貸金庫を開ける者はいません。

投稿日時 - 2005-11-01 13:00:29

補足

早速のご回答ありがとうございます。信託部分の遺産相続時にかかる相続税が協議分割部分の相続人に後日請求されるようなことにはならないでしょうか?又、その回避方法があれば教えてください。宜しくお願い致します。

投稿日時 - 2005-11-01 13:36:03

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.2

No.1です。

> 信託部分の遺産相続時にかかる相続税が協議分割部分の相続人に後日請求される
> ようなことにはならないでしょうか?

相続税は税務署の請求によってではなく相続人から税務署に申告して支払うものですから【遺言信託遺産】の相続税申告、納税を甥御さんがきちんとなさる限り大丈夫です。
相続税の申告及び納付期限は相続の開始から10ヶ月以内です。ご質問のケースでは先ず
A)【協議分割遺産】の相続開始→(10ヶ月以内)相続税納付、その後↓
B)【遺言信託遺産】の相続開始→(10ヶ月以内)相続税納付となりますが、B)の相続税申告をなるべく早くなさることをお薦めします(念のためであって理由はありません)。

投稿日時 - 2005-11-02 00:37:32

お礼

早速の回答ありがとうございます。大変参考になりました。又、何かありましたら宜しくお願いいたします。

投稿日時 - 2005-11-02 08:52:29

あなたにオススメの質問