こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

公共の福祉と個人の自由・権利

公民の授業にて、
「公共の福祉と個人の自由・権利が対立する事件・出来事について、具体例を上げ、説明せよ。その際、対立点と解決すべき方向を記せ。関係する条文の内容も記せ。」
という課題を出されたのですが、全く分かりません。例として、「千代田区での、路上喫煙禁止条例」が上げられているのですが、それでも分かりません。これ以外の事件・出来事で、上記に当てはまるものがございましたらご教授願います。
PS:我が儘ですが、できるだけくわしくお願いします。

投稿日時 - 2005-11-25 20:05:28

QNo.1801267

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

具体例は自分で探して欲しいのですが、例えを出すなら

1.皆の役に立つ飛行場建設という「公共の福祉」と
建設予定地に住む人の「居住の自由」の対立

2.利水の為のダム設置という「公共の福祉」と
建設予定地に住む人の「居住の自由」の対立。

以下は公共の福祉が優先されている例
3.暴走族が夜中道路に集まるという「集会の自由」は
騒音、道交法違反などの理由により「公共の福祉」に反する。

4.服を着てはいけないから裸で外も生活するという「思想の自由」は
軽犯罪とかまぁ色々と「公共の福祉」に反する。

1は成田空港、2は川辺川ダム(居住とは違うかも)などが
その具体的例として挙げられます。
何が分からないのか、よく分からなかったので
対立する二つを明確にあげるだけにとどめてみました。
憲法を専門にしているわけではないので、あまり自信はありませんが
こんな感じでいかがでしょう

投稿日時 - 2005-11-26 00:12:44

お礼

とても分かりやすく、役にも立ちました。ありがとうございます。

投稿日時 - 2005-11-28 22:27:45

このQ&Aは役に立ちましたか?

7人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.2

移動の自由とストーカー規制法、結核予防法
 ストーカー規制法 つきまといの禁止
 結核予防法29条 入所命令

職業選択の自由と売春防止法、刑法、結核予防法、軽犯罪法
 刑法182条 淫行勧誘
 売春防止法3条 売春の禁止、5条から勧誘、斡  旋、場所提供等に対する罰則
 結核予防法28条 就業禁止
 軽犯罪法1条22号 こじきの禁止

表現(言論出版)の自由と刑法
 刑法230条 名誉毀損
 刑法175条 わいせつ物頒布等に対する罰則

私有財産権と土地収用法
 土地収用法2条 土地の収用又は使用


上記の例以外でも、およそ法律というものは、ある面において、国民の自由、権利を制限するものです。そのために、国民の代表が集まって決めているというのが実情です。

投稿日時 - 2005-11-28 12:02:34

お礼

ありがとうございました。

投稿日時 - 2005-11-28 22:26:49

あなたにオススメの質問