こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

株と企業の資金に関する質問。

株というものは、企業が資金を手に入れるために発行するものと、記憶しています。
ということは、企業は何らかの方法で資本金を得ているものと考えられます。

まず、発行するときに、最初に買う人が払ったお金が企業にいくことは推測できますが、
株は、証券取引所で取引され、その価格が変動します。
証券取引所で取引されたお金というのは、企業にはいくのでしょうか?
村上さんが、先日テレビで、TBSの株価が上がって、経営陣も喜んでいるはずだ。
というような内容の発言をしたと記憶していますが、
株の価格が上がると、企業にとって、良い点などがあるのでしょうか?
株の売買で、お金がどのように流れているか、詳細に解説されているサイトなどありましたら。教えていただきたく思います。

投稿日時 - 2005-11-28 02:38:22

QNo.1806046

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

あまり良い例えではないですが、コンサートのチケットを主催者(企業)から買った個人(株主)がオークション(証券取引所)にかけているようなところですかね。
ですからオークションの価格は主催者側には入ってきません。

ただし市場の株価は企業にとっては大変重要です。
新たに資金を調達する時に時価が基準になります。高ければ高いほど少ない株数で必要資金を調達できます。

また村上さんもような人が企業を買収するときも当然時価です。高ければ高いほど企業側としては買収されにくくなります。

あと補足でNo1の方の自社株取得で会社側の資産が増えることはありません。自社株取得は資本の払い戻しなので純資産がマイナスになります。

投稿日時 - 2005-12-03 17:16:03

ANo.3

このQ&Aは役に立ちましたか?

11人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.2

株式が証券取引所で売買されても、企業にはお金が入りません。
株を売った人と買った人がいて、買った人から売った人にお金が流れるだけです。
実際にはその間に証券会社がはいっていますが、理屈としては株主が欲しい人に株を売っているだけです。
株価を上げることのメリットについては、過去の質問を参照してください。

参考URL:http://okwave.jp/kotaeru.php3?q=1784604

投稿日時 - 2005-11-28 02:56:21

ANo.1

 株の発行時に企業に資金が行くのは、ご指摘の通りです。その後は証券所でどんなに値が上がっても、そのお金が直接企業に行くことはありません。
 
 ただ通常は、その会社の経営者が多くの株を保有していますから、証券所で株価が上がれば、その経営者の資産も増えることになります。また最近は「自社株取得」が認められていますので、その場合は、その企業の資産が増えることになります。
 
 最近多いのは、こうして増えた資産を使って新たな企業買収などを行い、企業規模を拡大していくパターンです。(楽天やライブドアなど)

 もちろん、買収だけでなく、保有している株を売却すれば、その利益を手にすることも出来ます。

 ご参考まで。

投稿日時 - 2005-11-28 02:54:39

あなたにオススメの質問