こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

公認会計士と税理士試験の簿記はかぶりますか?

専門学校で以前公認会計士を勉強したのですが、来年税理士の簿記を受験しようと思います。
会計士のテキストはそのまま税理士試験で使えるでしょうか?同じ勉強方法で大丈夫でしょうか?

投稿日時 - 2005-12-12 21:03:37

QNo.1835250

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

以前は、会計士の仕事は証取法ベースが主なので、簿記の範囲も証取法(財務諸表等規則など)が主で、商法ベース(昨年までの商法施行規則など)はほとんど勉強しない(ただし、仕事では必要ですが。。。)、一方で税理士は仕事自体商法ベースの仕事が多いので、財規など証取法ベースの簿記は勉強しない(例えば連結やキャッシュフローなど)と言う線引きが暗黙のうちにあったようです。
現に試験でも税理士試験は表示が商法ベースで出されたりしますので。

ただし、最近の企業会計の流れや会社法の施行などから考えると、会計士と税理士の勉強する簿記の「範囲」は同一になってくるのではないでしょうか?
以前会計士の簿記を勉強されていたとのコトですが、恐らく(恐らくと言う言葉でしか言えませんが)かぶる、ほぼ一致すると思って良いのではないかと思います。
もちろん、出題形式などは異なるので、それ相応のアプローチは必要になってくるかと思いますが。。。

投稿日時 - 2006-03-18 17:05:44

このQ&Aは役に立ちましたか?

2人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.1

税理士の簿記と会計士の簿記は違うと聞きました。場合によっては、税理士の簿記の方が会計士より難しいそうです。

投稿日時 - 2005-12-29 19:16:19

あなたにオススメの質問