こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

電池の仕組みについて

こんにちは。

ものすごく変な質問だと思いますが、もしよろしければアドバイス頂けませんでしょうか。

何年も生きてきて突然疑問に思ったのですが、人間の体は電気を通しますよね。
でもなんで乾電池のプラス側とマイナス側を一緒に触ってもビリビリこないのでしょうか? ^^;

いろいろ検索してみたのですが、わかりませんでした・・。

自分的には「もしかして電気の量が微量だから感じない?」なんて思って、「じゃあ、車のバッテリーのプラスとマイナスの端子を両方同時に触ったら、もしかしてヤバイのかな?」などと・・・。

このまえ近くのホームセンターに行った時、車用品売り場にバッテリーが箱から出して展示してあったので、恐る恐る「触ってみようかしら・・・」なんて思ったのですが、「もし電流が流れて、こんな所で感電して病院送りになったら、わたし恥ずかしいかも・・・」なんて思って止めました^^;

投稿日時 - 2005-12-27 04:57:31

QNo.1861681

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

端的に言うと乾電池程度では電圧が低く、
また人体の抵抗が高いので大電流が流れにくい為です。
電圧で考えると人体が感電したと感じるのは
交流で30V程度、直流で60V程度だそうです。
ちなみに乾電池はBox型電池(9V)を除けば通常1.5Vですので
40本程直列に繋ぐとビリっと来るようです。
また車のバッテリーは12Vですが、より感電しにくい電圧を
選定してあるようですので1つのバッテリーだけではあまり感電しないようですが
複数を両手で触ると危ないとの事です。
危険ですので一応取り扱いは慎重に^^;
また、同様に家庭用コンセントは交流100Vなのでもちろん感電します。

補足として静電気が数万Vの高電圧なのにそれ程被害がないのは
電流がほとんど流れていない為です。

投稿日時 - 2005-12-27 05:39:35

お礼

丁寧にどうもありがとうございます。

疑問が解決しました。
(^-^)

投稿日時 - 2005-12-27 10:42:14

このQ&Aは役に立ちましたか?

2人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.2

> 乾電池のプラス側とマイナス側を一緒に触ってもビリビリこないのでしょうか? ^^;

普通の乾電池は手などにプラスとマイナスの端子を同時に触れてもビリビリと感じる人は殆どいないと思いますが、
006Pという角型の9Vの電池(プラスとマイナスの端子が同じ面に並んでいるので簡単に同時接触できる)を舌に触れさせてビリビリ感を味わうことができます。濡れていると電気が通りやすいので電圧が低くても感電します。(小学生の頃に遊んだものでした。)

また、乾電池1本でも火傷をします。
単3乾電池のプラスとマイナスをノック式ボールペンに使われているスプリングを伸ばしてつなぐと、バネが瞬時に熱くなって火傷してしまいます。(これも、小学生の時の体験です。)

電池はショートさせると感電したり火花が出ることがあり危険ですから、プラスとマイナスを同時に触ったりしないでください。

家庭の100V電源は分電盤の所にブレーカーや漏電ブレーカーがあって、ショートしたりすると直ぐに電流を遮断するように安全策が採られていますが、電池単体ではそのような回路が無く、ショートした場合に電流が流れたままになりますから、たかが電池と思わない方が身のためです。

> 、「もし電流が流れて、こんな所で感電して病院送りになったら、わたし恥ずかしいかも・・・」なんて思って止めました^^;

思い止まって正解です。

投稿日時 - 2005-12-27 05:47:37

お礼

どうもありがとうございます。

思い止まって良かったです(^^;;


詳しくありがとうございました
(^-^)

投稿日時 - 2005-12-27 10:43:46

あなたにオススメの質問