こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

Wordで一括してアンダーラインを引く方法を教えて下さい(続)

 データベースから書き出したテキスト(新聞記事)をワードで編集する際、これらの記事の『見出し』に一括してアンダーラインを引く方法を教えてください。

 前回、同じ質問をした際、『新しいスタイルの作成』機能を利用するよう教えていただいたため、以下の処理を試みました。

 既存文書の見出し(何れも一行から成り、先頭に◆印がついています)の1つを選び、『新しいスタイルの作成』で『見出し』として登録しました。その際の設定は『見出し:標準+フォント:(日)MSゴシック、(英)MSゴシック、10.5pt、太字、下線、フォントの色:青、左揃え、改ページ時、一行残して段落を区切らない』となっています。

 マクロの記録をスタート、まず『◆』を検索して、キャンセル・ボタンを押し、一旦『◆』の選択を解除、シフト・キーを押しながら矢印キーを移動させ、最初の記事の『見出し』をハイライトさせ、『適用する見出しの選択』で先ほど登録した『見出し』を適用しました。15本の記事に対して以上の操作を繰り返し、『見出し飾り』と言うマクロを作成しました。

 同マクロを、前述の15本の記事に対して実行すると、設定した通り、見出しにアンダーラインと文字飾りが施されますが、異なる15本の記事に対して実行すると、見出しの一部分のみにアンダーラインが引かれたり、一段落全てにアンダーラインと文字飾りがほどこされたりして、うまく機能しません。

 例えば、『◆』印を検索した後、常に『◆』印から次ぎの『改行』マークまでを選択して、スタイルを適応するとか、スタイルそのものに『◆』印から次ぎの『改行』マークまでの選択を記憶させると言ったことは可能でしょうか。またそれ以外の良い方法がありましたら教えて下さい。

投稿日時 - 2006-01-03 09:07:00

QNo.1872480

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

>既存文書の見出し(何れも一行から成り、先頭に◆印がついています)
であれば、置換で出来ると思います。

「編集」-「置換」で「検索する文字列」に「◆」、「置換後の文字列」にも「◆」を入力、「置換後の文字列」にカーソルを置いて、「オプション」ボタンを押します。
「書式」から「スタイル」の「見出し」を選択します。
「すべて置換」で設定したスタイルに置き換わると思います。

見出し行の改行マークが段落内改行(Shiftキー+Enterキーでの改行↓)でしたら、段落記号(Enterキーでの改行)に変えておきます。
置換するなら「検索する文字列」に ^l (エル)、「置換後の文字列」に ^p で置き換えられます。

投稿日時 - 2006-01-03 13:56:26

補足

 日本語バージョンWordには異なるPCにセットした英語バージョンのマクロをインポートすることにより解決しました。
 しかし、何れのバージョンでも2回目以降、マクロを実行すると、アンダーラインと文字飾りだけでなく、一行全体が枠で囲まれてしまい、スタイルの種類を『段落』から『文字』に転換してみましたが、枠を除くことができません。『基準にするスタイル』や『次の段落のスタイル』も特別の設定をする必要があるのでしょうか。

投稿日時 - 2006-01-03 22:08:25

お礼

有り難うございました。
 日本語バージョンのWord2002では、何度やってもゼロ個を転換しましたと言うメッセージが表示されましたが、英語バージョンのWordで試したところ、成功しました。何故日本語バージョンでうまくいかないのか、さらに研究してみます。
 英語バージョンではスタイル『見出し』を『headline1』として登録しました。

投稿日時 - 2006-01-03 18:34:01

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.2

マクロを組むまでもなく、置換だけで出来ると思うのですが・・・
気になるのは、
>何度やってもゼロ個を転換しましたと言うメッセージが表示されましたが
ということですが、
「ゼロ個を置換しました」というメッセージは、[検索する文字列]に該当するものがなかったときに出るメッセージだと思います。
[検索する文字列]には「◆」だけが入力されていますでしょうか?
[検索する文字列]欄の下の[書式]は空白になっていますでしょうか?
[置換後の文字列]には「◆」だけが入力されていますでしょうか?
[置換後の文字列]欄の下の[書式]は「スタイル」になっていますでしょうか?
また、スタイルは、『新しいスタイルの作成』で登録した『見出し』を選択していますでしょうか?
以上、確認してください。
本文中の「◆」をコピーして[検索する文字列]欄、「置換後の文字列」欄に貼り付けたほうが確実かもしれません。

15本の記事というのは、1つの文書にあるものでしたら、[すべて置換]で出来ますし、15個の文書でしたら、次の文書をactiveにして上記置換操作を繰り返すマクロで出来ると思います。
いくつかの文書でためしてみましたが、おっしゃるような不具合は再現できなくて、原因が思い当たりません。

投稿日時 - 2006-01-04 00:44:44

補足

 日本語バージョンで一括変換ができなかったのは、『検索する文字列』の方に書式が設定されていたためであることが分かりました。

 しかしマクロを設定すると、マクロを記録している時のみ、従って手動の場合のみ成功し、記録されたマクロを実行すると常に一括転換された見出し全てにに枠がついてしまいます。

 データベースから書き出したファイルのタブを改行に転換、見出しに文字飾りを施し、テンプレートに読み込み、html形式のウェブ・ダイジェストとしてアップ・ロードする一連の操作をマクロで処理したいと思っています。

投稿日時 - 2006-01-04 05:03:37

あなたにオススメの質問