こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

ボルトの締付けトルク

土木工事おける高力ボルトの締付けトルクの管理値がよく分かりません。

建築工事での高力ボルトは主として、摩擦接合として取扱うため、必要なトルク値が計算で求められます。

しかし、土木工事、しかも仮設工事における高力ボルトは普通ボルト(中ボルト)と同様の考え方の支圧接合とするため、計算上締付けトルク(ボルト張力)は関係なく、ボルトの断面積で決まってしまいます。
極端な話、ボルト穴にボルトが入っていればOKとも言える訳です。
(極端な話ですよ。そう考えると、普通ボルトも何をもって締付け完了というのでしょう・・・?)

そういった場合に、高力ボルトの締付け完了は何をもって評価すれば良いのでしょうか?何かそういった事例があれば教えて下さい。

投稿日時 - 2001-12-19 16:25:39

QNo.187693

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

9人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

ANo.1

普通ボルトの締め付け完了は、簡易的にナットが回らなくなった時と判断しています。
高力ボルトを締め付けトルクを期待しない箇所に使用する場合も同じです。トルシア型の場合は、ピンテールは何らかの方法で飛ばしておいたほうが自然に見えて無難だと思います。
ただ、何かの文献で見たわけではないので、ちょっと自信がありません。
上記高力ボルトを使用の場合、トルクを導入して締め付けても問題ないと考えますが、後で解体する場合に取りづらくて面倒になります。仮設ということですので、おそらくボルトは後で取り外すだろうと思いますが。
話はそれますが、積算的に問題はありませんか?
「何でこんなところにHTBが?」なんてことにならないとよいのですが・・・

投稿日時 - 2001-12-27 17:52:48

お礼

回答ありがとうございます。返事が遅くなって申し訳ありません。
やはり、ナットが回らなくなったときを締め付け完了とするしかないですか。
この仮設は引き続き他の施工業者に引き渡しとなり、発注者側から普通ボルトより高力ボルトで施工するように指示があったので積算上は問題ありません。
しかし、その引き渡し検査でトルク管理値を質問され困っていました。

投稿日時 - 2002-01-17 08:23:11

あなたにオススメの質問