こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

芥川賞と直木賞を両方受賞した人っていませんでしたか?

文学がお好きな方にお訊ねしたいのですが、芥川賞と直木賞の両方を受賞した作家って、いなかったでしょうか?
私の記憶では、直木賞はもらったけど芥川賞がほしかった、これでやっと胸を張って作家と言える、と喜んでいた作家がいたと思うのですが。
検索しても見つからず、あれは私の妄想か、直木賞じゃなくてほかの賞だったか、自信がありません。
ご存知の方がいらしたら教えて下さい。お願いします。

投稿日時 - 2006-01-06 17:28:34

QNo.1879185

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

 芥川賞、直木賞のどちらかを受賞すると、以後は両賞ともその人を候補から外しますので、両方を受賞するという事は不可能です。現在までに一人もいません。
 ただし、かつてはこの二つの賞は別々の日に選考していたため、直木賞候補として上げられた松本清張の「或る『小倉日記』伝」が、これはむしろ芥川賞だろうということでそちらに回されて、見事そのまま受賞してしまったというケースがあります。

投稿日時 - 2006-01-06 17:44:51

お礼

お答えありがとうございます。
そうですかーー、私の勘違いだったようです。
どうもありがとうございます。

ちなみに、「或る『小倉日記』伝」は芥川賞で適当だろうと思いますが(ちょっと異色)、あとの活躍は直木賞作家そのものですね(笑)。

投稿日時 - 2006-01-06 18:18:57

ANo.1

このQ&Aは役に立ちましたか?

5人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.3

すでに回答されているように、同時受賞は過去ありません。
ただし、同時に両賞の候補になった例がいくつかあります。
木野工「襤褸」(昭和46年・第66回)北川荘平「水の壁」(昭和33年・39回)などです。最近はそういうことはないですが。
同時候補になっても、どちらかを受賞すれば、もうひとつの方は基本的に受賞できないようです。
また、戦前の選考会では、芥川賞の選考会に直木賞の選考委員が立ち寄って意見を述べたり(その反対もあり)、その意見が大きな影響を与えたりということもあったようです。

投稿日時 - 2006-01-07 19:49:54

お礼

お答えどうもありがとうございました。
そうなんですか、情報いただいて感謝いたします。両賞の候補になったものを受賞と勘違いしていたかもしれません。

これにて締め切りたいと思います、ポイント2つしかなくてごめんなさい。

投稿日時 - 2006-01-07 20:19:56

ANo.2

#1の方が回答されてるように同時受賞の例はないと思います。
質問を拝見して思い出したのが、平成14年に純文学を対象とした芥川賞を受賞されている吉田修一さんが芥川賞受賞の少し前に、大衆文学を対象とした山本周五郎賞を受賞してることです。
前例のないことだったらしく、芥川賞受賞の時にそのことが報道されていました。

投稿日時 - 2006-01-06 18:18:47

お礼

お答えいただいて、どうもありがとうございました。
なんか、そんなことがあったように記憶しているんです、もっと昔のことと思いましたが……。最近は記憶もあやふやで。参考になりました。

投稿日時 - 2006-01-06 18:24:51

あなたにオススメの質問