こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

違法サイトにリンクしても違法?

<1つめの質問>
よく、アニメのオープニングや日本の音楽が見れる違法な海外サイトがありますが、
そういうサイトに自分のサイトからリンクを張る行為も違法なのでしょうか?

<2つめの質問>
そういう違法サイトを利用する人も違法なのでしょうか?

<3つめの質問>
1、2それぞれ違法であれば、どのような罪に問われますか?

@質問をした理由
海外の動画投稿サイトを発見し、
とても面白いのでブログで紹介しようと思ったのですが、
そのサイトを利用している半数以上の人たちは、
自作の動画ではなく、テレビ番組の動画を公開しているので、
リンクを張っていいものか迷ったので質問しました。

中学生なので、あんまり法律というものが分かりません・・。
なので、出来るだけ中学生にも分かるように説明をお願いしたいのですが・・。

投稿日時 - 2006-01-22 16:16:38

QNo.1913564

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

まずはじめに、法律は「具体的事件を解決する基準」に過ぎません。一般論では違法となりそうな行為でも実は合法的であったり、その逆であることも然りです。ですから、個々の案件ごとに法律を適用して検討し、適当な結論を導かなければなりません。

<1>
リンクの貼り方にもよるでしょう。違法行為を助長するような紹介のしかたや、形式的な警告しかないなど一見違法行為を戒めるような体裁でも実態は助長するもの、その他、権利者の損害について合理的な関係性(これを相当因果関係という)を持てば、不法行為として損害賠償請求の対象となり得るでしょう。

<2>
まず、言葉の使い方について。違法・合法とは、人の「行為」について使う言葉です。人は人以外の何者でもなく、善し悪しの価値判断の対象としてはいけません。死刑さえも備える我が国の刑法でさえ、罰するべき対象は「犯罪者」ではなく、「悪しき行い」なのです。

それはさておき、利用態様によるでしょう。たとえば映画や音楽などの著作物を、他人が利用できるようにアップロードする行為は、権利者に無断で行えば著作権を侵害します。しかし、単にダウンロードするだけであれば、現在の我が国の法律に従えば、違法とならない可能性もないわけではありません。もちろん、「なんとかの映画、下さい」といって侵害行為を助長するような態様であれば、不法行為となり得ます。

<3>
ここでも言葉の問題があります。罪とは「刑罰をもって抑止されるべき行為」を指します。つまり、刑事責任の対象となる行為です。これとは別に、民事上の責任もあります。単純にいえば、他人の服を汚す行為は、刑法的にいえば器物損壊罪ですが、クリーニング代を払わなければならないのは民事上の賠償責任があるからです。

したがって、単純には、民法上の不法行為責任に問われます。いわゆる損害賠償が含まれますが、違法行為によって不当な利益を上げている場合は不当利得返還請求の対象ともなります。

映画やアニメ、音楽、写真など、著作権で保護されているものの権利者の権利を侵害した場合は、著作権侵害です。こちらの場合、民事上の責任だけでなく、刑事罰も用意されています。

なお、インターネットの世界は国境をまたぎます。したがって、常に日本の法律や常識が通用するわけではありません。地球の裏側で裁判の被告にされるかもしれないわけです。それゆえ、単に日本の法律を知っているだけでは対処しきれない問題が山積みです。一問一答で完全な答えが出ることはあり得ません。インターネットの恩恵にあずかるのは良いことですが、ヤバイと思ったら引くことも大切です。

投稿日時 - 2006-01-22 23:54:43

お礼

回答ありがとうございます。
丁寧に答えてもらえて本当にうれしいです。

色々誤解していた部分があったみたいですね(^^; 
すみませんでした、そして指摘ありがとうございます。

>1について
やはり、やっちゃいけない行為なんですね。

>2について
他人の著作物を投稿するのはやはり著作権侵害なんですね。
でもダウンロードするのは問題ない場合もある、と・・。
違法な動画は見ないようにします。

>3について
損害賠償を求められることもあるのですか・・。恐いです(^^;
日本の法律や常識が通用しない場合もあるんですね。
世界共通の法律とかあれば簡単な話しなのでしょうが、
そうなると世界の均一化につながるので実現しなさそうです。
ネットを利用するのも難しいんですね・・。

投稿日時 - 2006-01-23 19:29:30

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

あなたにオススメの質問