こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

年収2000万以上の給与所得者の確定申告

サラリーマンの夫の税込み年収が昨年初めて2000万を超えました。給与収入が2000万を超えると確定申告が必要と書いてあるのですが、何故でしょうか?

給与はガラス張りでごっそり税金を持っていかれています。確定申告をしなければならない理由がわかりません。会社からは何も言われていませんが、しないと何か不都合がありますか?

また、申告をした場合、追加で取られたりするのでしょうか?

投稿日時 - 2006-01-25 09:10:02

QNo.1919692

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

>給与収入が2000万を超えると確定申告が必要と書いてあるのですが、何故でしょうか?
端的には年末調整が行われないからです。

税金の申告は確定申告が基本になっています。年末調整というのはあくまでその代りとするもので、平たく言えば税務署が給与所得者全員の確定申告を受け付けるのは大変だから、収入があまり大きくない人であれば確定申告しなくても年末調整だけでよいですよというだけなのです。

>給与はガラス張りでごっそり税金を持っていかれています。
これは源泉徴収税といい税金を取りはぐれることを防ぐためのものですね。

>しないと何か不都合がありますか?
はい、年末調整は行われていませんので。この場合は確定申告しなければなりません。
源泉徴収税でもし納税額が不足なのにそのままにすると、税務署から指摘を受けて、無申告加算税、延滞税などがとられますよ。

>また、申告をした場合、追加で取られたりするのでしょうか?
これは確定申告で計算しなければわかりません。
不足していれば追加で取られますし、源泉徴収税の方が多ければ還付があります。

投稿日時 - 2006-01-25 09:44:10

お礼

早速とてもわかりやすい回答をいただきまして有難うございました。

そういうことなのですか!それでは、申告に行かなければなりませんね。

さすがwalking dictionaryさんです。感謝です。

投稿日時 - 2006-01-25 09:50:43

このQ&Aは役に立ちましたか?

18人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

あなたにオススメの質問