こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

主人が迷惑防止違反で逮捕されました

一昨日の午前(1/27)に電車内で痴漢行為をし、主人が逮捕されました。
同じ日、私は6時頃帰宅し、警察からの留守電話にて初めて知りました。
警察へ電話した所、詳しくは教えてもらえず、「2,3日出勤できない旨、会社に連絡入れて欲しい」と主人から伝言を頼まれたとのことです。

そのとき、警察に聞きました。
・なぜ捕まったのか?→主人が帰ったら詳しく聞いて欲しい。
・今日は帰ってくるのか?→明日か、明後日には帰れると思う。明日の3時頃また警察まで電話してください。
とだけでした。

そして昨日(1/28)、昨日3時頃電話したところ、署を出たのが遅かったのでまだ署に戻ってきていない。またしばらくしたら電話欲しい。とのこと。
結局6時頃の電話で、「痴漢行為」、「拘留延期?」を知りました。
警察の話では、
・今回捕まったのは初めてだが、これまでに何度か痴漢行為をしていた。
・十分に反省し、取り調べにも正直に話している。
・土曜日は区検が休みの為、都検(?)に回され、その場合、「やはり区検のものは区検で!」という考えで拘留延長する検事さんも結構いる。

警察の方は、今日の3時頃また電話欲しいと言うのですが、
私はこのまま手をこまねいているしかないのでしょうか?
主人の仕事は土日休日ではないので、今日も本当でしたら仕事なんです。
被害者の方には本当に申し訳ないと思っているんですが、やはり家のことが一番心配なのが正直な所です。
本当に今日帰ってくることができないと会社にもいいわけが立ちません。
どうすれば主人は帰ってこられるでしょうか?
弁護士の手を借りた方がいいのでしょうか?
またその場合法律相談センターは日曜日は休みとのことで、私はどこで弁護士を捜せばいいでしょうか?
本当にせっぱ詰まっています。
どうかよろしくお願いします。

投稿日時 - 2006-01-29 08:01:02

QNo.1928616

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

困られているようです。以下の記述はあくまで参考にしてください。

勾留が付いた以上、10日は覚悟。満了途中で示談書の写しを副検事に提出したら、その翌日、釈放可能。

検察庁の担当副検事が(警察は副検事の許可がないと被害視野の住所氏名電話番号を開示しない)、弁護士が付いたとしてすぐ教えることは、「まずありません」。

どうしているかというと、検察官にしつこく開示を求めながら、次の日やっと被害者側の了解を得て検察が携帯の電話番号をやっと教えてくれる、という筋です。

裁判所・検察・弁護士会の三庁合同会議の席上で、この被害者不開示がネックとなって示談ができず、痴漢の犯人の家族が、逆の意味で2次被害者になっている事実を指摘しても、実務ではなかなか開示がスムースにいきません。弁護士がついてもです。

だから、一次勾留満期までに被害者による弁償受け取りまで行くのは、センター登録している弁護士でも大変です(みな義務で登録させられています)。

前科無しとして、常習者と検察が見れば、略式罰金20万前後で終局処分です。

もし、示談出来たら、起訴猶予も可能性大いにありです。しかし、そのためには、今週動ける時間のある弁護士を探さなければならない。まず、難しい。

ところで、起訴猶予となった場合でも、社内処分は厳しいものがあります。10日も休業すれば隠しおおせるものではありません。

そして、それを会社に対し、うまく取りはからっておくことが奥さんの役割ではありません。あなたの責任でどうにか出来るものなどではないのです。

時間があまりない。担当副検事ないし検事を管轄の地検で調べ(事件係)、電話連絡の上尋ねて面会する。罰金処理されたら職を失うこと、家族が路頭に迷うこと、被害者のかたには慰謝料として30万用意したと言って、通帳の日付記帳した同額の金額を入金している部分の写しを提出し、上に述べた事情を書いた上申書(表題は無関係です)を持参し、「検察官を通して被害者のかたに何とか連絡してもらいたい。受け取っていただきたい。」と懇請することです。

ここまで言われたら、担当Pは一度や二度はやってくれます。

ひまのある弁護士をさがすより、とても実効的です。

以上、やってください。しかし、会社のことは、先ほども言いましたが、起訴猶予でも難しいです。ご主人もそれなりの覚悟はすでにされていると思いますよ。

投稿日時 - 2006-01-29 15:58:34

補足

アドバイスありがとうございます。
ご連絡が遅くなって申し訳ありません。

先日、主人に面会できました。
・とても反省している。
・被害者の方にも申し訳ないと思っている。
・罪を犯したのだから会社はあきらめなければならないと感じている。
(できれば依願退職)
・弁護士は失業する可能性が高いので、今後の生活のためにもできるだけ出費はさけたい。
・家族には迷惑を掛けて本当に申し訳ないと思っている。
ということでした。

先日法律相談センターへ行きました。
(主人が弁護士を希望していないことを話した上で)
・弁護士を立てても10日間で処理が終わるとは限らない。
・被害者を教えてもらっても、示談に応じるとは限らない。
・大金に見合った成果が得られるとは限らない。
(弁護士+示談金+罰金の可能性も)

・本人が希望していないのなら、ムリして弁護士を立てなくてもいいのでは?
という見解でした。

World_loves_youさんの担当検事さんへの交渉は、どういったものなんでしょうか?
検事さんが被害者との橋渡しをしてくれるのでしょうか?その場合は弁護士を間に立てるのでしょうか?
それとも加害者側の反省とお詫びの念に免じて、今回は起訴猶予にしてあげようか?と言うものなんでしょうか?
とても気になっています。
ここのところ、もう少し詳しくアドバイス、説明してはもらえないでしょうか?
よろしくお願い致します。

投稿日時 - 2006-01-31 21:04:38

お礼

それからもう一つ教えてください。
今頃気がついたのですが、「示談=被害届の取り下げ」と言うことなんでしょうか?
たくさん聞いても申し訳ありません。
どうかよろしくお願い致します。

投稿日時 - 2006-01-31 21:34:59

このQ&Aは役に立ちましたか?

11人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(16)

ANo.16

 あっすいません、レスをWorld_loves_you先生にお任せ
してしまいました。

 もう既に済んでしまったかもしれませんが、World_lov
es_you先生のおっしゃるように、旦那様に有利な資料は
すべて検察官に持ち込んでしまうのです。それがみえみ
えでも、ないよりか、あるほうがいいのです。

 たとえばあなたの上申書もそうですが、御母様の嘆願
書も添えることができればよいでしょう。親友と呼ぶこ
とのできる知人がいれば、恥を忍んで、嘆願書を書いて
いただくのも賢明です。お子様がものを書くことができ
れば、似顔絵でもよいのです、そういうものもあわせて
提出するのです。ひとつひとつは小さくても、あわせれ
ば効果が出ます。もちろんこれは本人のためにとっても
たいせつなことなのです。二度と間違いを起こさないた
めにも。

 現時点で、私も早めの解放はありうると思いますが、
検察官の裁量ですので、月曜日までかかるかもしれませ
ん。近頃はしゃくし定規の検察官も多いと聞きます。1
0日間といえば10日間勾留されてしまうこともありま
す。祈るしかありません。

 あとできれば、被害者との示談の誠意は残しておいて
ください。最悪の場合(あまりないと思いますが)被害
者から民事賠償という可能性が残されています。処分が
おりたとしても、誠意は残されておかれるべきと考えま
す。

 あなたにっては長い長い1週間でしたでしょう。

 しかし人生はまだ道半ばです。お若いようですし、自
暴自棄にならずに、がんばって下さい。いつかきっとい
いこともあるはずです。

投稿日時 - 2006-02-02 13:34:23

お礼

アドバイスありがとうございました。
金曜日、帰ってくることができました。
金額はまだ分かりませんが、罰金刑のようです。
皆さんのアドバイスで随分励まされました。
会社については、月曜日に動きがあると思います。
夫婦でよく話し合い、このようなことが二度と起きないよう、
前向きにこれからのことを考えていきたいと思います。
本当にありがとうございました。

投稿日時 - 2006-02-05 00:11:17

>上申書を持って行く際、特に気をつけなければいけないことはありませんか?
受付のような所に行き、○○検察官へ上申書を持って行きたいのですが...
と声を掛ければいいのでしょうか?
この時間帯はやめた方がいいというような時間はありませんか?

とくに気をつけなければならないことはないです。検察庁の中の事件係りでも徴収係りでもどこでも可能です。なになに検事に渡してくださいと頼めばいいのです。

時間帯もあまり気にしないでいいです。ただし、9時30分から、昼休みをのぞいて午後4時ころまでには出したほうがいいでしょう。

投稿日時 - 2006-02-02 01:57:37

補足

何も分からない私に、貴重なアドバイス本当にありがとうございました。
金曜日に帰ってくることができました。
起訴猶予までは行きませんでしたが、予定より早く帰ってくることが
できただけで良かったです。
仕事については、月曜日に動きがあると思います。
今回の件で、主人も十分反省したようです。
私も無関係とはいえません。
これからのことを夫婦でよく話し合い、二度とこのような事が起きないよう、
これからの事を考えていきたいと思います。
本当にアドバイスありがとうございました。

投稿日時 - 2006-02-05 00:12:22

お礼

こんなに遅くまでありがとうございます。
本当に何から何まで甘えてしまいました。
明日、がんばって行ってきます。

投稿日時 - 2006-02-02 02:21:29

>行った先でばったり本人と出くわす可能性もあるのでしょうか?

可能性はあります。地検の廊下を手錠腰縄で前後一名ずつ警官が附いて取調担当検事の部屋に順番に入るのです。たまたま出くわすことだってあるでしょう。しかし、強くならなくちゃ。

>やはり封書の中に、通帳等のコピーを添付した方が良いのでしょうか?添付して何らかの嫌悪感をもたれることはないのでしょうか?素人目でみて、なんだかミエミエという感じで気が引けるのですが。そういうのが普通なんでしょうか?

口先だけで慰謝料を払います、と言うだけより、「これだけ現に用意しています、被害者にそう伝えてください」というのでは検事に対する説得力が違います。

>明日も検察からの呼び出しが入っているそうです。

土日が間に入るので、検事は金曜のうちには終局処分を出す予定です。そのため、前提として調べるため呼んでいるのでしょう。28日行ったのは、弁解録取のためで取調はしていません。
しかし、普通の痴漢行為で、そう何回も検事が調べを入れるのはなぜなのか、被害者の被害調書の内容と食い違っているところがあるのではないかとか、いろいろ考えてしまいます。しかし、詳細は不明です。

投稿日時 - 2006-02-01 23:59:54

補足

たびたびありがとうございます。
10日間の拘留を言い渡された時、警察の方に聞いたことがあります。
主人と、被害者の方の話は大体あっているそうです。

もう一つだけお願いします。
上申書を持って行く際、特に気をつけなければいけないことはありませんか?
受付のような所に行き、○○検察官へ上申書を持って行きたいのですが...
と声を掛ければいいのでしょうか?
この時間帯はやめた方がいいというような時間はありませんか?
本当に何度も申し訳ありませんが、よろしくお願い致します。

投稿日時 - 2006-02-02 00:49:15

お礼

アドバイスありがとうございました。

投稿日時 - 2006-02-05 00:07:05

>拘留期限が6日なので、それまでには処理する
とのことでした。

担当検事は、あまり悪質事犯とは見ていないのではないかと、そう思います。

ご主人に前科がなければ、反省の度合いを見て、起訴猶予は可能性有りです。すでに手書きで書かれたほうの上申書を 明日行けるのであれば 出向いて 担当検事に渡すべきです。取り調べ中は 入室出来ませんので 「なになに検事に渡してください」と地検の内部のかたであれば 誰でも良いので 渡す。部屋の入り口が開いていれば、直接、中に入って検事に話しをしながら、渡すといいでしょう。

その書面の中に、被害者への慰謝料支払いの意思があること、教えてもらえればすぐにでも被害者に謝罪に行くことを書いてください。

今回、もう時間的に 弁護士を依頼しなくても良いと思います。

投稿日時 - 2006-02-01 19:29:05

補足

いつもお世話になっております。
先ほど警察に確認したところ、明日も検察からの呼び出しが入っているそうです。
子供を預け、早速伺いたいと思っていますが、
行った先でばったり本人と出くわす可能性もあるのでしょうか?

やはり封書の中に、通帳等のコピーを添付した方が良いのでしょうか?
添付して何らかの嫌悪感をもたれることはないのでしょうか?
素人目でみて、なんだかミエミエという感じで気が引けるのですが。
そういうのが普通なんでしょうか?
(否定しているわけではなく、全くその世界がよく分からないので)

これが最後の質問になればいいのですが...
本当に何も分からなくて済みません。
アドバイスよろしくお願いします。

投稿日時 - 2006-02-01 22:18:50

お礼

アドバイスありがとうございました。

投稿日時 - 2006-02-05 00:06:29

上申書の体裁に決まりはないですが、A4で横書き、左側3センチは余白を取り、1ページに27行の割合にします。

手書きの方がいいです。

27逮捕で、28勾留開始、1次勾留満期は、2月6日のはず。その前に、今回の罪で検事調べを入れているのは、処分は早まる可能性があります。

いずれにしても、質問者が書面を差し出すのに遅いことはありません。

投稿日時 - 2006-02-01 17:09:02

補足

何度も何度もありがとうございます。
今朝、担当検察官を伺い、電話をしてみました。
家族からもお詫びと申し上げたいことがあるので面会できないかと申し上げたところ、
・今日本人によく話を聞いてみるのでその必要(面会)はないでしょう
・拘留期限が6日なので、それまでには処理する
とのことでした。
出勤時間頃に電話したせいか、いろいろと忙しいご様子でした。
でも忙しそうな中でもほんの少々ですが、話は聞いてもらえました。
(2,3分でしたが)
感じのいい検察官でした。
(検察官と話すのは初めてで何となくですが、怖い感じはしませんでした)

上申書はA4横でワープロのもの、普通便せん縦書き(B5?)の手書きを用意しましたが、これは私の胸にしまっておけばいいでしょうか?
まだ今日の結果が分からないのですが、もしまだ拘留されるようであれば
「郵送にて送る」、「直接出向いて封書だけおいてくる」等、
何らかの方法でお渡しした方がいいですか?

今日の結果が分かり次第、お礼の方へ報告させて頂きますので、
アドバイスよろしくお願いします。
ホントに何度も何度も申し訳ありません。

投稿日時 - 2006-02-01 17:48:36

お礼

アドバイスありがとうございました。

投稿日時 - 2006-02-05 00:05:58

 迷惑防止条例違反の罪は、親告罪ではありません。つまり被害者の告訴(処罰を求める意思表示)がなくても警察は逮捕・勾留という強制処分が出来る犯罪です。

 そして、親告罪の場合は、告訴の取り下げということがありますが、迷惑防止条例違反は非親告罪ですから、被害者と示談しても「被害届の撤回・取り下げ」というものは「法律上は」ありません。

 よって、示談した場合には、担当検事が上司の支部長と相談の上、起訴猶予にするかどうかというのが選択肢となってきます。
 
 ご主人は、腹を決めたという感じがします。私はそれでよろしいのではないかと思います。
 そして、初犯前科なしなら、たとえ示談できなくとも、十分反省しているという態度を見て、検事が起訴猶予にする可能性もあります(どの程度あるとまでは言えませんが)。

>World_loves_youさんの担当検事さんへの交渉は、どういったものなんでしょうか?
検事さんが被害者との橋渡しをしてくれるのでしょうか?その場合は弁護士を間に立てるのでしょうか

 検事に被害者との橋渡しを「させる」「してもらう」というものです。しかし、これは弁護士がついていなくとも、検事に頼み込んで、被疑者の家族が誠心誠意謝罪する気持ちがあることを伝えてもらう、検事を通じて被害者に連絡をしてもらう、ということです(ここまでは弁など頼まなくともできます)。

 そのような被疑者家族の真摯な対応を見れば、検事も人の子、略式罰金でどうしても懲戒免職させようとは思わない。検事は罪は憎んでも、自分の出した処分の結果、一方で泣く家族のいることも当然配慮しますから。

 地検の事件係で担当検事を聞いて、とりあえず、そういう意向を被害者に伝えてもらうということです。

 なお、つたない経験からすると、これまで前科がなくてまっさらなら、仮に常習ではないかと疑われる場合でも、10日の一次勾留満期で釈放(起訴猶予)の線はあります(示談なしでも、上記誠意を示せば)。 

投稿日時 - 2006-02-01 00:08:37

補足

いつもアドバイスありがとうございます。
上申書書いてみました。
打っているうちに、涙が出てきました。

何度もおたずねして申し訳ありませんが、教えてください。
上申書は手書きがいいのでしょうか?
(あまり字が上手ではないのですが、読みにくくはないでしょうか?)
それとも印刷+署名がいいのでしょうか?
そして横書き、縦書きどちらがいいのでしょうか?
よろしくお願いします。

投稿日時 - 2006-02-01 07:43:58

お礼

もう一つお願いします。
今、警察に電話で確認したら、主人は今日地検へ行く予定だそうです。
今から地検に面会を申し込んでも、間に合うのでしょうか?

投稿日時 - 2006-02-01 07:54:26

>World_loves_youさんにお聞きしたいのは、お金を検察官経由でお支払いするのでしょうか?。それとも、検察官に被害者から加害者の所に連絡するようお願いするのでしょうか?。お忙しい検察官がなかのとりもちをしていただけるものでしょうか?

 二次被害を自分が種を蒔いたと思われたくなくて検察が教えない場合は、その検事をメッセンジャアに使うしかありません。教えないのは、いわば弁護人の弁護活動だけではなく、被疑者の防御活動に対する不作為による妨害行為と言い切れます。

 ただ、教えるかどうかの決定権は、被害者本人ないし親権者にあります。「教えたくない」と言えば、それはそれで検事の選択は正しいでしょう。

 弁護人としては、最低限、被害者側が犯人の家族からの謝罪や被害弁償を受ける意思が本当に一切ないのかどうか、直接確認するための機会を与えられなければ納得出来ない、ということなのです。そして、ひとこと話せば、いくらかここで弁償を受けておこうか・・・、とそう思わせられるのです(絶対ではありませんが)。

 そこまでの段取りを「忙しいから」と言って検事に拒否されたら、信頼関係は皆無です。

 私が質問者が持参してはどうかと言うのは、お金が実際に口座に入っているという「証拠資料」です。もっとも、場合によっては検事のところにお金を送りつけるのもありでしょう。小さな子供が書いた「お父さんを帰してください」という手紙も、鬼ではない検事に対して有効です。

 なお、今まで連絡先を教えてくれない検事は居ませんでした。しかし、弁護人に対しても携帯か自宅の電話番号までです。

 あるいは、非通知で被害者側から犯人の家族に電話を掛けていただき、話をするというのなら、被害者側も構えたりしません。これなら、検事も一般の方に対して、連絡を取り合ってもいいのではないかと言ってくれるでしょう。

投稿日時 - 2006-01-29 18:01:46

補足

アドバイス本当にありがとうございます。
何度も申し訳ありません。
上申書を書いてみました。
今までの主人の事を考えながら打っていたら、
涙が出てきて泊まりませんでした。

上申書というのはやはり手書きがいいのでしょうか?
(あまり字が上手ではないのですが、読みにくくはないでしょうか)
それとも印刷+署名がいいのでしょうか?
手書きの場合は、横書き縦書きどちらがいいのでしょうか?
こんな事まで頼ってしまって本当に申し訳ありません。

子供を預けることができたら、今日検察庁に問い合わせたいと思っています。

投稿日時 - 2006-02-01 06:44:20

お礼

アドバイスありがとうございました。

投稿日時 - 2006-02-05 00:05:32

ANo.9

 World_loves_youさんは専門家の方ですので、多くの著述
はご信頼されてよいかと思います。わたしもいつも参考に
させていただいています。

 当方の法律相談センターに関する記述は、撤回します。
 法律相談センターをご利用されてもよいかと思いますが、
法律相談センターが特にチカン事件につよいというわけで
はありません、ということが申し上げたい趣旨でした。

 氏名開示については、昨今時間がかかることがありうる
のは事実なようです。ただ警察が教えているという事実も
存在しており、いろいろなルートがあって、なかなか思う
ようにはいかないことがあるという現実は直視しなければ
なりません。以前書いたことがあるのですが、日本の警察
・検察は江戸時代のおかみのようなところが根強くありま
す。弱いものには慈悲をかけるが、反抗するものには徹底
的に処罰するというものです。

 なにごとも諦めずに、トライしてみてください。

 わたしにしても、World_loves_youさんにしても、書い
ていることだけが真実ではありません。またそれに従う、
参考にされることも、あなたのご自由なのです。

 時間がないのは、重ね重ねというところです。
 弁護士に依頼するのに1日、被害者の氏名開示に場合に
よっては数日もしくはそれ以上、それから示談交渉の日付
の設定及び示談交渉となると、1週間はかかってしまうか
もしれません。
 もちろん示談はすべきだと思いますが、弁護士に依頼す
ればはい終了という事案でないことは、認識しておいてく
ださい。

 検察官に直接ねじ込むWorld_loves_youさんの手法も理
解できるのですが、World_loves_youさんにお聞きしたい
のは、お金を検察官経由でお支払いするのでしょうか?。
それとも、検察官に被害者から加害者の所に連絡するよう
お願いするのでしょうか?。お忙しい検察官がなかのとり
もちをしていただけるものでしょうか?。(否定してい
るわけではなく、ほんとうにしていただけるのかなと思い
まして。)ゆはり検察官の胸さきひとつなのでしょうね。


 会社の件は、最初に指摘しましたが、かなり難しい話だ
と思います。
 ただなんとかならないものかとも思うのです。たとえば
依願退職の形をとって退職金は受け取るとかです。もちろ
ん継続できればこしたことはないと思いますが。

投稿日時 - 2006-01-29 17:02:29

補足

いつもアドバイスありがとうございます。
法律相談センターに行ってきました。
確かに、tsururi05のおっしゃる通り、センターに来られる方のほとんどは民事や債権についてだそうです。
担当された弁護士の方も、迷惑条例違反についての経験はないようでした。
ですが親切に10日間の流れ、10日後に起こりうること等、教えて頂きました。
そして、結局は担当検事のサジ加減で決まるということも。
(検事にもいろいろなタイプがいるということ)
今は時間がない中で、何が分からないかも分からず、混乱しています。
現実逃避をしないよう、踏ん張るのに精一杯です。
またアドバイスよろしくお願いします。

投稿日時 - 2006-01-31 21:36:48

お礼

アドバイスありがとうございました。

投稿日時 - 2006-02-05 00:05:06

ANo.7

 少しだけですが、落ち着いてきたようですので、
フォローだけ書いておきます。質問があれば具体的
になさって下さい。

 まず弁護士の選定については、そのまま当番弁護
士に任せて良いのかというのは、分かりません。あ
なたが判断するしかないというのが現状です。わた
しがその弁護士のかたとお会いしたわけでもありま
せんし。
 ただあなたには依頼する自由はあります。そのか
ただけしか、依頼できないわけではありません。

 次に、被害者との示談についてですが、基本的に
は警察は弁護士に対しては被害者の身元を教えるはずです。
あなたがお話になられた警察のかたも被害者との示
談をにおわせるような話をされておられますよね。
 ですので警察とその弁護士のかたとの相性が悪か
ったり、弁護士としての手腕がたりなかったり、ほ
んとうに守秘義務が課せられていたり、さまざまで
す。でも基本は弁護士であれば、教えてもらえるも
のです。この点も、事情が明らかでなく、判別でき
ません。

 前の同じ案件で被疑者に断られたというのも、原
因がはっきりしません。その被疑者のかたがお金を
出されなかったり、また、その弁護士のかたとの相
性がわるかったり、こちらも事情が明らかでなく判
別できません。

 ご主人は、現在、精神として正常な状態ではなく、
かつ弁護士のかたとの面会も10分間程度の形式的
なものですから、弁護士の選定は、奥様であるあな
たが冷静に判断なさって下さい。それはご主人が、
その弁護士でよい、と判断しても、です。奥様であ
るあなたの目からその弁護士が信頼できるか否かを
判別すべきです。あなたがたの命運を委ねるのです
から、他人事とせずに、真剣にことにあたってくだ
さい(わたしごときが生意気に申し上げて申しわけ
ありません)。

 弁護士の選定について、法律相談センターという
ところで紹介されなくともよいとは思います。ひま
な(?)かたが登録されておられるだけですので。


 あとはご主人のお仕事のほうですね。なんとかう
まくいけばいいのですが。。。
 こちらもあなたにかかっています。

 文書だけでもうしわけないのですが、子供のため
にもがんばってください。

投稿日時 - 2006-01-29 15:06:25

補足

ありがとうございます。
これから義母と相談したいと思います。
今日はもう書き込みはできないと思いますが、
またご報告致しますので、アドバイスお願いします。

投稿日時 - 2006-01-29 15:23:28

お礼

アドバイスありがとうございました。

投稿日時 - 2006-02-05 00:04:34

ANo.6

1 今後の見通し
 こればかりは、検察官の判断ですから、なんとも
いいようがありません。まずは今日を待ってみて、
それからここに結果を書き込んでみてください。
 罪状が、強制わいせつではなく、条例違反ですの
で、性器に(露骨な表現で申しわけありません)手
を入れたなどではなかったのだと思いますが、ただ
犯状が悪質なので、早期解放は難しいかもしれません。
 検察官に勾留を請求されてしまうと、まずまちが
いなく裁判所は許可しますので、10日間の勾留は
覚悟されたほうがよろしいでしょう。

2 早く帰ってくるために。
 これは一刻も早く被害者のかたと示談を済ませ、
被害届をとりさげてもらうことです。被害者が届出
を取り消せば、もちろん必ずではありませんが、即
釈放ということもあります(今回は常習なので難し
いかもしれませんが-つまり被害者が今回の被害者
だけではないということ-、しないよりはしたほう
がましです)。
 被害者と示談するには、弁護士への依頼が必要で
す。ちなみに当番弁護士は最初だけですので、示談
までしていただくには、有料の委任が必要です。

3 あなたのいまなすべきこと。
 まずは金策です。少なくとも50万円は用意しま
しょう。明日の朝までに、です。
 被害者と示談するにも、弁護士に依頼するにも、
お金は即金が原則です。まずそのお金を用意して下
さい。50万円というのは、もし罰金刑になっても
そのくらいの額になるでしょうし、弁護士に依頼す
るには30万円程度、あと示談金として20万円と
算定してみました。ただその額で落ち着くのかとい
うのは微妙です。被害女性が、足元をみて、つりあ
げることもありますし、弁護士費用も不確定です。
とりあえず必要な額ということで用意してください。
なければそれこそ義母さんに借りるでもして作りま
しょう。
 お金が作れないということになると、もうお手上
げです。なすがままに任せて下さい。

4 弁護士の選定
 次に弁護士の選定です。
 弁護士もたくさんいますので、ネット、電話帳な
どを駆使して、30分5000円の有料相談であた
りをつけて、あなたの信頼できる弁護士を捜しまし
ょう。月曜日中に、弁護士に直接会いに行き、決め
てしまうのがベターです。今回の事案が時間との闘
いであるのはあなたもご存じの通りです。その際、
費用もきちんと聞かれたほうがよろしいでしょう。
 ポイントとしては、刑事に比較的強いことと、被
害女性と迅速にきちんと交渉してくれることです。
こればかりはあなたが弁護士と会って直接判断する
しかありません。

5 ほんとうにすべきこと
(1)原因の究明
 そしてもしあなたに時間がありましたら本当にす
べきことは、原因の究明です。なぜご主人がそうい
うことをしたのかです。もちろんご主人側の事情、
あなたの事情様々あるでしょう。そのことを丹念に
調べていってください。いまであれば、ご主人のパ
ソコンやビデオなど持ち物も見ることができるでし
ょうから、そういうのを調べると同時に、セックス
レスになっていなかったかなどあなた自身の反省も
すべきです。
(2)対策
 そして二度と同じ間違いをしないためにはどうす
ればよいのか真剣に考えましょう。これは2人で乗
り越えるべき事案なのです。

投稿日時 - 2006-01-29 13:55:06

補足

お世話になります。
先ほど裁判所から連絡が来ました。
そして10日間の拘留を言い渡されました。

当番弁護士の方からも連絡が来ました。
・10日間の拘留は間違いないとのこと。
・示談しようにも最近では被害者情報を教えてもらえないとのこと。
・同じ警察で同じ案件を担当したが被疑者に断られた経験があるとのこと。(金銭的?)
・今晩本人に面会に行ってくれるとのこと。

弁護士について
逮捕拘留されいている警察署はいわゆる痴漢件数が高いところです。
警察署の近くに法律相談センターがあるのですが、
そこに相談し弁護士を選んだ方がいいのでしょうか?
(取り扱いが多いのではないか?ということです)
それとも今回の当番弁護士の方にそのままお願いした方がいいのでしょうか?

夫婦の問題は帰ってきたら相談したいと思います。
ただはっきり言えることはお互いに悪いことがあったと言うことで、
私もいろいろと反省しています。

それから最後に義母にはばれてしまいました。
主人には申し訳ないですが、一人で抱え込まないで済むという安堵感でいっぱいです。
ということで、今から実家に行き今日は泊まっていき、
明日は子供を預け駆けずり回ります。
まずは
・主人との面会
・弁護士の選定そして示談交渉の依頼

またアドバイスよろしくお願いします。

投稿日時 - 2006-01-29 14:20:30

お礼

アドバイスありがとうございました。

投稿日時 - 2006-02-05 00:04:00

ANo.5

 ちなみになのですが、逮捕されると
(1)司法巡査が48時間以内に検察官に送致し
(2)送致をうけた検察官は、24時間以内に
 勾留するか否かを決めます。

(1)(2)の手続をあわせて72時間以内にしな
ければならないことが刑事訴訟法203,205条によって
規律されています。
 この72時間以内という時間的拘束が、「逮捕」
ということです。
 時間は逮捕状をはめられたときから起算します。


 そして勾留されると、今度は10日間という期間
で、拘置所にとどめおかれることになります。これ
を「勾留」といいます。いまホリエモンがいるとこ
ろです。場合によっては警察署内に代用監獄という
のもありますが、原則としてはホリエモンの一緒の
ところです。

 勾留にいってしまうと、10日間は、帰ってくる
ことができなくなります。逮捕の時間は換算されず
あらたに10日間です。

投稿日時 - 2006-01-29 10:59:48

補足

お世話になっております。
昨日、拘留請求が出たそうです。
「迷惑条例違反」で被害者から被害届が出ているようです。
警察の方が、中央裁判所でどうなっているか確認してくれました。
今日は案件が多いそうで、結果は夕方ぐらいになるらしく、結果が出た際は警察から連絡をいただけるとのことでした。

詳しく話を聞いてみると、
1.主人は捕まったのは今回が初めてだか、なんどか同じ過ちを犯したいた事実を認めているとのこと。
2.逮捕当日はわざわざその行為の為に、早い電車を上下していたと言うこと。
3.実際の行為は悪質ではないが、2の行為が検事さんに引っかかり
勾留請求をされたのではないか?
4.その場合、もしかしたら10日間みっちり反省をさせるつもりかもしれない。

ということでした。
警察官の方がとても親切で、いろいろ教えて頂けました。
ただ主人がこんなことをしていたなんで今でも信じられません。
どのようにすれば早く帰ってこられるでしょうか?
当番弁護士の方からはまだ連絡が来ません。
弁護士の方をお願いすれば、早く帰ってこられるのでしょうか?
何度も申し訳ありませんが、アドバイスよろしくお願いします。

投稿日時 - 2006-01-29 11:39:16

お礼

ちなみに逮捕された警察署で拘留されるそうです。

投稿日時 - 2006-01-29 12:10:47

ANo.4

 当番弁護士センターへの連絡が付いたようでな
によりです。ただお住まいの地域も分かりません
し、当番弁護士制度がお話しましたようにボラン
ティアですから、いつ連絡がいくかというのは分
かりません。また連絡がついた弁護士は初回だけ
無料ですが、その後に受任するかというのも、思
案のしどころです。

 先の話になりますが、最終的には不起訴処分を
めざされるべきです。そうなりますと-即日罰金
であればできませんが-、処分決定までに多少時
間的に猶予があるとするならば、被害者のかたと
示談が必須になります。被害者のかたと示談する
には弁護士を通さなければなりませんから、いず
れにせよ弁護士にご依頼されるが吉でしょう。

 ただ弁護士の腕・能力の問題もあり、弁護士側
の事情もありますので、受任には難しい判断があ
ります。腕も良くて安くて、などという弁護士は、
あまりいません。

 3時いいいますか、今日は、いろいろと悩むし
かないと思います。もしご主人が釈放された場合
は直ちに迎えに行かなければなりませんし。

 会社への対応は、奥様がするしかありません。
ご主人から電話などとはとんでもないですね。ホ
リエモンと同じで、所持品その他は、また自殺防
止のためベルトまで全部とりあげられているはず
です。それをおいても証拠隠滅の可能性もありま
すので、外部との連絡はすべてNGです。職場に
直接警察から連絡がいっていないのであればそれ
をこそ感謝すべきで、本来であれば職場に警察か
ら直接電話が入ります。もしかしたら入っている
かもしれません。
 つまりは、職場への対応は奥様の手腕ひとつに
かかっています。

投稿日時 - 2006-01-29 10:49:04

お礼

早速のアドバイスありがとうございます。
会社への連絡については全く考えてもいませんでした。
今怖くなってしまい警察へ電話してみたら、自宅のみで会社への連絡はしていないとのことでした。
警察の方に何度も電話しているのですが、
何も知らない私に今の状況を丁寧に教えてもらえました。
「迷惑条例違反」で被害者から被害届が出ていて、勾留請求が出ているので昨日から10日間の拘留が認められているとのことです。
今日は中央裁判所へ行き、判事さんが処分を決定する。
相手に示談を申し込んでもいいが、被害届を取り下げてくれれば慰謝料+弁護士費用ですむが、そうでなければかなりの金額が動きますよ。とのことでした。
今警察の方が、中央裁判所でどのような形になっているか確認してくれるそうです。
警察官の方が親切で本当に良かったです。
ただ今日帰ってこなければ、会社へのいいわけが厳しくなってきます。
逐一報告致しますのでこれからもアドバイスよろしくお願いします。

投稿日時 - 2006-01-29 11:38:01

ANo.3

 そうですね、事案としては、ぜんぜん分からないので
そのまま勾留されるか微妙な所です。その後ご主人がど
ういうことになったのか結果だけは、ここに書き込むよ
うにして下さい。

 当番弁護士も、当日すぐ動いてくれるわけではありま
せん(日曜日の場合、月曜日に後回しにする)ので注意
してください。当番弁護士側は携帯電話に連絡が入るだ
けです。誠実な弁護士であればすぐ連絡するのですが、
お休みの弁護士のようだと月曜日にあとまわしにします。

 御義母様がご主人の母親であり、かつ、母親もしくは
父親が法曹に人づてがあるのであれば、それもまたひと
つの方法ですが、なかなか難しい判断です。ご主人とし
ては話されたくないでしょうし、実際話した所で、解決
するかというのは難しい問題ですから。

 まだ先のことではありますが、ご主人も、かなりショ
ックで憔悴しきっていることと想像します。そのケアも
考えてあげてください。

 とにかく一大事なのです。

 ひとつひとつ、ノートでも作って、場合を分けて、考
えをまとめていくことが必要です。

投稿日時 - 2006-01-29 09:37:45

補足

お世話になっております。先ほど当番弁護士センター(?)に電話してみました。
そこで得られたことは
・この件を受け付けたということ。
・今日一日弁護士からの電話を待つということ。
・連絡が来た弁護士に相談すると言うこと。

警察からは3時頃になったら、釈放されるか、そのまま拘留されるかわかるとのこと。
日曜日なので全部中央裁判所へ行くので、扱い件数によっては3時を前後すると言っていました。
私は昨日と同じく3時まで悶々としているしかできないんでしょうか?
主人はシフト勤務のため、本当は今日も出勤でした。
これからさらに長引く可能性があると思うと、会社への対応に頭を悩ませてしまいます。
主人から直接会社に電話することはできないのでしょうか?

投稿日時 - 2006-01-29 10:11:17

お礼

アドバイスありがとうございました。

投稿日時 - 2006-02-05 00:03:18

ANo.2

どうもです。

 たいへんだと思いますが、ひとつひとつ順序を
ふんで、この山を乗り越えるようにしてください。

 まず勾留については、検察のさじ加減です。
今回のホリエモンでもそうですが、検察が取調べ
をしたいと思ったら、引き留めて、取調べができ
ます。

 次に今日が土曜日というのがタイミング的にも
まずかったです。土曜日の取調べというのは、時
間的にのんびりムードです。検察官も公務員です
から、土日は休みです。つまり土日は勾留してお
いて、月曜日にすることもあります。

 また初犯とはいえ、今まで何度かしているとい
うことから常習犯として認定される可能性もあり、
取調べが必要と判断される可能性も高いです。
ちなみに常習犯の場合、初犯者より刑が加重され
ます。

 ですので、状況としては、つまりすぐ釈放され
るかといえば、悪いとお考え下さい。

 そこで弁護士へのご依頼ですが、まず基本的に
は、それでも弁護士にご依頼されたほうがよろし
いでしょう。弁護士がついたということは、無言
の圧力となり、釈放が早まる可能性は十分ありま
す。ただかならずしも早まるわけではありません。
あくまで早まる可能性がある、ということだけで
す。これは前述した、「すべては検察のさじ加減
による」ということと同じです。たとえばホリエ
モンに弁護士がついていても、取調べがなくなる
でしょうか。なくなりませんよね。それと同じで
す。ただ弁護士がついているということで、取調
べが適法なものになったり、今回のような軽微犯
では、早めに釈放される可能性がある、というこ
となのです。ちなみにわたしであれば、弁護士に
依頼します。

 次に土曜日・日曜日は、ほぼ90%の割合で弁
護士は休みです。しかしながら、勤務している弁
護士もいます。この場合
(1)電話番号帳に載っている弁護士に手当たり
 次第に電話するか、
(2)人づてで探すか
(3)ネットで探すか
 しかないでしょう。都内ですが、それで何人か
探し出したことがあります。たとえみつけても、
残務整理で出勤している弁護士がたいはんですし
(つまりべつに刑事弁護のために待機しているわ
けではない)、かなり嫌がるでしょうが(つまり
弁護士に受任していただけるかも定かではありま
せん、「ぼくはその事件、受けたくないから」と
弁護士に拒否される可能性もあります。)してみ
るしかないですね。
 とにかく手当たり次第に、手を尽くすしかあり
ません。

 ちなみにですが、報酬も支払うことが必要です。
弁護士はただで動くボランティアではありません
ので、その点も注意が必要です。

 しかしながら、ここまでしても、弁護士が見つ
からない場合があります。また釈放もされない場
合があります。

 そのうえで、あなたは2つのことを、頭で、冷
静に考えていく必要があります。
 落ち着いて聞いて下さい。

(1)まず出勤については、月曜日以降になる可
能性があります。できる限り会社に対して、これ
が引き延ばせないか、です。土曜日・日曜日にす
ぐかえってこれるという幻想は捨てて、少し長目
にみて、どうすればよいのかを考えてください。

(2)次に最悪ですが、退職しなければならない
ことも視野に入れて下さい。最悪です、最悪の場
合です。

 いまはそういう感じです。

投稿日時 - 2006-01-29 08:55:29

お礼

早速のアドバイスありがとうございます。
未だこの状況が信じ切れずにいます。
先ほど警察に電話したら、警察でも昨日帰れるのでは?と思っていたようです。
今日は日曜日なので東京中央裁判所で判事さんがこの件をどうするか決定するそうです。
今日釈放されるかもしれないが、このまま拘留され再度区検の手に渡されるか?と言うところらしいです。
まだ本人と話せていないので何ともいえませんが、とにかくこの状況が不安で仕方がありません。
まだ私の所でとどめていますが、子供が小さいため私自身もなかなか動けずにいます。
義母にも話した方がいいのか?とも思っています。

投稿日時 - 2006-01-29 09:17:49

状況が全く判りませんから、本人との連絡のため「当番弁護士」に相談してはいかがでしょうか。
これは1回に限り無料で弁護士が警察官などの立会い無しに本人と接触して、今後のことなどの相談に乗りますし、華族との連絡もしてくれます。

http://www.nichibenren.or.jp/ja/legal_aid/on-duty_lawyer/

今後のことはそれから考えてはいかがでしょうか。
初犯で容疑を認めていて拘留されるのは、いささか厳しいので、やはり何か事情があると考えてもよいでしょう。
本人は心細いものですから、本人の話を聞くまでは家族は信じてあげてくださいね。
私は交通違反(冤罪です)で納得いかず、警察署に押しかけましたが、(先方も承知なので、親切な扱いでしたが)取調べはやはり怖いし不安で、途中で誰かに相談したくなりました。

投稿日時 - 2006-01-29 08:47:43

お礼

早速のアドバイスありがとうございます。
逮捕発覚の日にこのサイトを知っていれば、
私がもう少ししっかりしていれば、
もう少し違う状況だったのでは?と悔やまれて仕方がありません。
先ほど警察に電話を掛けてみたら、今日は東京中央裁判所に行くとのことです。
今から当番弁護士の方に連絡をとってみます。
被害者の方には本当に申し訳ないと思っていますが、家族の為にも一刻も早い帰りを願っています。

投稿日時 - 2006-01-29 09:27:39

あなたにオススメの質問