こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

投資家が株を買って、企業がお金を使うまでの間にそのお金はどこにいるの?

企業が株式市場に上場したら、株主からお金が企業に集まることになります。

そのお金を使って企業は事業を拡大・推進していくことになりますが、上場して得られたお金はどこに集まるのですか?
口座かなんかに集まるようになっているのでしょうか?

投資家が株を買って、企業がそれで得られたお金を使うまでの間がどうなっているのかが解らないです。

どなたか教えて下さい~。

投稿日時 - 2006-01-31 06:55:45

QNo.1933198

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

質問を読ませてもらうとね
>企業が株式市場に上場したら、株主からお金が企業に集まることになります。

と、ここでもうすでに間違っているんだよ。
会社を設立する時に、資本金を集めるわけだけどさ、それを株式という形で出資者を募るのが株式会社。だから、会社ができた時点で#1の言う通り、資本金、資本準備金などとして会社の資産にはなっているのさ。その資本金などを払い込んだ人が株主だね。

で、上場というのはその株式を自由に取引できるようにするための方法。その会社が簡単に潰れたりしたらその市場で株を買った人たちが迷惑するから、市場を運営する側が審査して大丈夫という会社だけ市場取引を許すんだね。だから、上場したって、従来から株を持っていた人が売ることで利益を得たりするけれど会社自体には金は入らない。

会社に金が入るのは、資本金を増やすために新たに株を発行する場合(これを増資という)で、普通は幹事証券会社が代理業務を行うけれどね。第三者割り当て増資などで買い手が決まっていれば、その第三者が払い込んだ時点で株を取得したことになるから、補足質問はその通りということになる。

まあ、公募増資の場合も基本は同じで「株を買いたい人いますか」と募集して「はい、はい、はい」と手があがった人に対して「じゃあ君に売ってあげるから、お金を振り込んでね」ということだから金が先で株が手元に来るのは後だけど、おんなじこったね。

とにかくね。
>上場して得られた金
ってのは、株主の収入にはなっても、会社そのものには入らないんだから、そこんとこ勘違いしないように。

投稿日時 - 2006-01-31 08:06:47

お礼

すみません勉強不足で。

丁寧でご説明してくれて有難うございます!!
おかげで解りました^^

投稿日時 - 2006-02-02 08:18:42

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.1

現金は会社の銀行口座に入った状態でしょう。
会社としては株式を売ったときにすでに資本金、資本準備金などとして会社の資産にはなっていますが。

投稿日時 - 2006-01-31 07:16:03

補足

回答有難うございます。

仮に、Aという投資家がBという企業の株を100万円分購入したとします。この場合は、投資家が株を取得した瞬間に企業の口座にお金が振り込まれるのでしょうか??

投稿日時 - 2006-01-31 07:32:09

あなたにオススメの質問